亀山ダムの電動カートの使用方法。トルクはんぱないw

スポンサードリンク

関東レンタルボートスタイルの最大の特長である、持込エレキスタイル。

そんな持込エレキスタイルを支えているのが、電動カートです。

亀山ダムのレンタルボート屋で、電動カートを初めて利用する場合の操作方法や、注意点をシェアします。

亀山ダム

関東を代表する、リザーバーである亀山ダム。

そんな亀山ダムで主流なのが、エレキ、バウデッキ、ハイデッキなどを持ち込んでレンタルボートをカスタムする、関東レンタルボートスタイルです。

重量級のレンタルボートアイテムを車からボートまで運ぶのに、特殊な「電動カート」を使用します。

そんな特殊な「電動カート」の使用方法をシェアします。

 

電動カート

 

これが亀山ダムで活躍している「電動カート」です。

正式名称は分かりません。

本来用途は、何になるんでしょうか。ゴルフ場などで使われるのかな?

3輪車で、どんな重たいレンタルボートアイテムでも、へこたれずに急坂もぐいぐい登る頼もしいヤツ。

 

前の緑色の箱に、バッテリー、エレキ、バウデッキ、ハイデッキなど大型で重たい荷物を積載。

後ろのカゴに、タックルボックスなどを積載します。

 

安全の為、動かすには3ステップの動作を必要とします。

手順は、メインスイッチをONにして、出力調整ダイアルを回し、ブレーキレバーを解除します。

 

操作系をひとつずつ紹介します。

まずは最重要保安装備である、ブレーキから、操作系統を見ていきます★

 

電動カート操作説明

ブレーキレバー

まずはブレーキレバー。何は無くともブレーキレバー。

ハンドルの下の銀色のバーがブレーキレバーになります。

これを握れば通電がOFFになり、必ず止まります。

とにかくちょっとでも不安になったら、ブレーキレバーを握る。まずはコレを肝に銘じます。

ブレーキロック

ブレーキレバーをロックします。

停車時に使用します。

メインスイッチ

主電源。写真分かりづらいですが、操作パネルの右側にトグルスイッチがあり、それが主電源になります。

使い始めるときにONして、桟橋上や駐車場で止める時は必ずOFFにします。

また、カートから離れる際は必ずOFFにします。

出力調整ダイアル

出力調整ダイアル。基本、「停」と「発」を使用します。

空荷のときは一つ強めて「低」を使用しても良いと思います。若干スピードが上がります。

しかしボート屋さんのルールにもよるので注意が必要です。

バッテリーが弱っているので、「発」のみの利用でお願いされることがあります。

必ずボート屋さんに確認します。

特徴

トルクはんぱない

電気の力で進むので、トルクがハンパなく強いです。

電気モーターは内燃機関と違い、回転数に影響されず、電源ONになった瞬間に最大トルクが発揮されるためです。

スピードは遅いですがトルクはスゴイです。

大量のレンタルボートの荷物を積載した状態でぐんぐん坂を上ります。

後方重心

大量の荷物を前輪側に積むため、空荷状態ではかなり後方重心の設計になっています。

また、手動で左右に舵を切るための後方重心でもあります。

空荷のときは、ハンドルに体重をかけるとウィリー状態になってしまうので注意が必要です。

バックは手動で引っ張る

バックは出来ません。

なので、メインスイッチがOFF、出力調整ダイアルが「停」であることを確認してから、ブレーキレバーを解除し、手で体重をかけて引っ張ります。

狭い桟橋で少し移動する場合は、手動でバックさせると安全です。

舵は引くカンジで

左に曲がりたければハンドルの左側を引っ張るようにし、右に曲がりたかったらハンドルの右側を引っ張るようにします。

必ず両手で操作します。

また、常にブレーキレバーをすぐに握れるようにしておきます。

最弱で

荷物を積載しているときは必ず「発」で移動します。

各部積載方法

竿立て

両側に竿や長尺物を突っ込める筒が付いています。

ここに、竿を突っ込みます。

ドカットがピッタリ

カゴ(手前の錆び錆びのカゴ)の大きさがリングスター(RING STAR) ドカット D-4700がピッタリ収まる大きさです。

ドカットはカゴに積載するのがベター。

カゴの下も積載可能

カゴの下も有効な積載スペースです。

上写真の「30」って記載のあるピンク色の場所です。

ハイデッキ使用時の発砲ブロックなどを入れています。

荷掛けフック

見落としがちですが、ハンドルに荷掛けフックが付いています。

お昼ごはんが入ったコンビニ袋などを掛けれます。

大きいものから

前輪側の緑の箱に、大きいものから順に積載します。

ハイデッキ、エレキなどを縦に立てかける様に積載し、前にバッテリーなど重量物を積載します。

上写真に写っている、荷物固定用の紐が付いているので、緑の箱に積載した荷物(バウデッキなど)に紐を通して固定します。

積載時は、必ず紐をSETするように注意します。

紐をSETしないと、荷崩れしたり、紐がタイヤなどに巻き込まれる可能性があるので大変危険です。

ikahime
「積載状態の写真を撮り忘れました。なので微妙に分かりにくくてすいませんw次回、撮ってきて追記します。」

 

まとめ

機種によっても若干仕様が違いますが、基本の操作方法は同じです。

※何かあってもikahimeでは一切責任はとりかねますので、操作方法を必ずボート屋さんに確認してください。

 

非日常感覚が味わえる?電動カート。安全に運用するように努めます。

つまらない記事ですが、たぶん世の中にまだなさそうな記事なので書いてみましたw

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です