リジッドサポートドラグって結局何が違うの。搭載機と非搭載機比較。

スポンサードリンク

シマノのリジッドサポートドラグってどんな機構なのか、実際にドラグをばらしてみてみました。

非リジッドサポートドラグとの差を見てみます。

 

リジッドサポートドラグとは

シマノHPでリジッドサポートドラグの解説を見てみると、「スプールを支える2点の支持をベアリングとすることでスムースなドラグ性能を実現。」

とありますが、実際にどんな構造になっているのかよく分かっていなかったので、リジッドサポートドラグ機と非リジッドサポートドラグ機をばらして比較してみました。

両者には、「スプール上部の支え」と「スプール下部の支え」に違いがあります。それぞれ見ていきます。

「スプール上部の支え」

 

上が搭載機:’16ヴァンキッシュ、下が非搭載機:’16ストラディックCI4+。ドラグ周りの構成部品を並べてみました。

いずれも2500番台のリールは、ドラグワッシャーも単純なフェルト一枚で至ってシンプルな構造となっていますね。

違いは、一点のみで、 シャフト支持部のベアリングの有無のみ。ドラグの構造自体は同じという事です。

 

ご覧のように、非リジッドサポートドラグ機(左)は、スプールそのものがシャフトの支持部となる作りになっており、ベアリングを入れることすら出来ません。

もしこれをリジッドサポートドラグ化したい場合、スプールごとリジッドサポートドラグ対応のモノに交換する必要があります。

そもそものスプールのつくりが違う為、ある意味超えられない壁がそこにあるという事ですね。

これが「スプール上部の支え」のつくりの違いです。

「スプール下部の支え」

 

それからもう一点、スプールを外すと現れる、スプール軸ベアリングの有無。

 
 

非リジッドサポートドラグ機は、白いカラーとなっております。

これが「スプール下部の支え」のつくりの違いです。

ベアリング化キットあり 

ベアリング化が簡単に出来る

 

シマノ 16ストラディックCI4+ スプールシャフト1BB仕様チューニングキット Mサイズ

ちょっと話がそれますが…スプール下部のカラーは、比較的簡単に交換出来る部位という事で、ここをベアリングに交換するチューンがあります。

(ヘッジホッグスタジオさんからキットが発売されています)

交換ベアリング番手

安価に済ませたい場合は、ミネベアのベアリングでもイイですね!(↑DDL-1170ZZ 適応番手のベアリング。4000XGM以外はコレ)

(ちなみにヘッジホッグスタジオさんのベアリングがちょこっとだけ割高なのは、精度の高いものを厳選しているのと、交換に必要なレンチが付いています)

私はミネベアにしましたがw

しかし前述したように、スプール上部にはベアリングを追加出来ないので、「なんちゃってリジッドサポートドラグ」にしかなりませんので、あくまで気休め程度だと思われます..

ヘッジホッグスタジオさんの製品名もあくまで「1BBキット」となっていますネ。

 

リジッドサポートドラグは贅沢な装備。

という事でリジッドサポートドラグ搭載機と、非搭載機を見てみました。

ドラグ稼働時のスプール回転に大きな影響を及ぼす、ベアリングが2個あるか、全くないかの違いです。

しかしドラグ稼働時のみ有効になるベアリングという事で、ある意味非常に贅沢な装備です。

ドラグを多用するライトラインを使用したダウンショットリグなどをメインにやる場合、あったほうが良いですね。

逆に言って、ドラグフルロックでパワーフィネスに使うよ、みたいな使い方だったら要らないでしょう。ほとんど稼働しないベアリングを抱えてるだけという事になりますね。

’17コンプレックスCI4+がかなりハイバリュー機種

シマノ リール 17 コンプレックスCI4+ C2500S F4

シマノ リール 17 コンプレックスCI4+ C2500S F4

24,320円(02/22 19:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

余談ですが、リジッドサポートドラグを搭載しつつ、比較的安価な’17コンプレックスCI4+が非常にハイバリューなスピニングリールであるという事が分かります。

搭載機と非搭載機には、カスタムで追いつけない構造上の違いがあるので。

【シマノ純正】 CI4+カーボンハンドル

(ヴァンキッシュと同じカッコイイCI4+製の軽量ハンドルも付いてるし。単体だとマジ高いw)

 

まとめ

以上、リジッドサポートドラグについてアレコレでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です