リングスタードカットの仕掛け人は誰か。

スポンサードリンク

関東レンタルボートスタイルにおいて、今や欠かせない感すら出てきた、「リングスタードカット」。

リーズナブルで使い勝手に優れた、最強のタックルボックスです。

リングスタードカットが、レンタルボートの標準装備になった理由を探ります。

関東レンタルボートスタイル

関東レンタルボートスタイルでは、レンタルボートにさまざまなアイテムを持ち込み、自分流にカスタマイズします。

アングラーごとの工夫や個性が発揮され、組み合わせるアイテム次第で、十人十色のスタイルになります。

レンタルボート釣行における1つの楽しみといえるでしょう。

 

必須アイテム、ドカット

 

そんな関東レンタルボートスタイルにおける、必須アイテム、ドカット。

ドカットって何?って方の為に、まずは基本スペックをご紹介します。

リングスター社から販売されているプラスチック製のハコです。

本来用途は「工具箱」。

 

誰が気付いたか、タックルボックスに使用すると非常に体裁が良いんです。

 

とてもリーズナブルで、色は選べませんが、セール品なら2000円ほどで買えます。

 

そしてやたらと頑丈。対荷重500kg、取手引張強度:110kgだそう。 (奈良県工業技術センターにて試験済み)

さらにメイホーのケースの収まりが非常に良いです。

 

ハイデッキの上に無造作に置いて、椅子がわりに使用するのが関東スタイル。

 

一度使うと手放せない、便利でタフなヤツ、それがドカットです。

ドカット無限増殖中

 

いまや「1レンタルボートにつき、1ドカット」

と言える勢いで増殖しています。

 

この「ドカット無限増殖」の仕掛け人を考えてみます。

 

誰が流行らせたのか

本来、バス釣り用品ではない、リングスタードカット。

そもそも釣り用品でもない、ただの「工具箱」のはず。

一体どこの誰が使い始め、どういう経緯で流行りだしたんでしょうか。

亀山ロコ説

私が最も濃厚だと考えているのが、有能な亀山ロコの方が使い始め、その便利さに感心した周りのアングラーへ徐々に広まった説。

関東レンタルボートスタイルの聖地である亀山ダム。

ココから発信された流行は数知れず。パワーフィネスも亀山発祥だそうです。

 

そんな亀山ダムのレンタルボートスタイルから発生したムーブメント、というのが最有力説です。

流行は現場から発生した。というのは、自然な流れとして存分にあり得るでしょう。

リングスター社員説

 

出典:リングスター

次の説は、リングスター社に超有能な営業マンが在籍していて、釣具屋やロコアングラーに営業をかけた説。

‘釣れたルアー’が売れるのと同じで、手練れのロコアングラーが愛用していれば思わず欲しくなるのが釣り人の性ってもんです。

 

その心理を巧みに利用した販促方法を、有能な営業マンが開拓した…かもしれません。

違うかw

釣具店、問屋説

 

釣具屋や問屋が猛烈にプッシュした。

これもムーブメントを起こすのに良いキッカケになりそうです。

 

いまはどこの釣具屋に行っても置いてありますが、はたして、数年前はあったでしょうか。

陳列方法にも共通点があって、だいたどこの釣具屋でも、入り口付近の最も目に付きやすい位置に、ドカット達が、積み重なって鎮座しています。

 

あっ、これ欲しかったんだよな。って具合に手に取ってしまう。

そのあたりにカラクリがあるかもしれません。

オリカラなどもあるゾ

本体は黒が多いのですが、蓋の色が選べます。

チャートやパープルなどのポップなカラーや、カッコいいオールブラックなどの「オリカラ」ドカットもあります。

私のは、最もベーシックな赤。

ちなみに大きさがいくつかありますが、D-4700がおすすめ。

可搬性と収納力のバランスが丁度よいです。

まとめ

誰が流行らせたのか、関東レンタルボートスタイルの標準装備になりつつある、リングスタードカット。

まだの方はお一つ試してみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です