キガンのガイド。富士工業以外のサプライヤーをまとめてみたぞw

スポンサードリンク

日本国内ではバスロッドの99%が富士工業製のガイドリングを使用しています。

ところで富士工業以外にガイドリングを製造している会社ってあるんでしょうか。

今回はそんな知られざる富士工業以外のガイドリング会社をシェアします。

KIGAN GUIDE

 
 

 

「キガン」は、1978年創業、韓国のロッドビルディング関連の製品を扱うメーカーです。

主にガイドリングを製造しています。

ジルコニア(セラミックス)や、パラジウムといったレアメタルを使用したガイドリングを製造。

セントクロイ(st.croix)のPremier Spinningシリーズ

 

セントクロイ(st.croix)のPremier SpinningシリーズにKigan社の Master Hand 3D guidesが採用されているそうです。

 

富士工業とは一味違う方向性を持ったガイドリング製造会社です。

ただしシェア率は低く、日本国内ではほとんど見かける事はありません。

pacific bay guide

 

パシフィックベイ。アメリカのワシントン州に本拠を置くガイドリング製造会社です。

25年もの歴史を誇るロッドビルディングの総合サプライヤー。こちらもまず日本では見かけないメーカー。

 

カタログを見てみると、こちらもジルコニア製やチタン製のガイドリングなどを製造。

 

グリップやブランクス、リールシートなどのロッドビルディングに関わる製品全般を生産しているようです。

HPを見てみると、’Fly’というワードが目に付くので、フライ業界では有名なのかもしれません。

オクマ ヘリオス[Okuma Helios]

 

 

 

アメちゃんロッドにOkumaっていうメーカーがあるんですが、そこの’ヘリオス[Helios]’というロッドに’pacific bay’の’Minima reel seat’が採用されています。

結構攻めたデザインですねw

ちなみに’Helios’は、$179.99なのでまあまあ、中価格帯のロッド、といったところ。

オクマ ヘリオス2500

ちなみにオクマのヘリオスシリーズには、リールもラインナップされています。

スペックを載せておくと、

・最大巻上長78cm
・ギヤ比6.0:1
ベアリング8+1
自重200g
最大ドラグ6kg
糸巻量(PE)0.8/150m 4lb/100m

 

超軽量高剛性カーボン新素材「C-40X」(たぶんシマノのCI4+,ダイワのザイオンみたいなモノ)を採用し、軽量設計。

8000円しないぐらいとメッチャ安いのに本格派。

個人的にはナスキーよりこっちかも!?

ALPS

 

台湾に本拠を置く、ロッドビルディングメーカー、ALPS。

 

先ほどご紹介した、Okumaの’Helios’のガイドは、ジルコニウムインサートをしたALPS製です。

アメリカ人のレビューを見ると、’ジルコニウムインサートを使用したALPSガイドは、堅牢な性能を提供し、耐久性の問題の兆候も示さなかった。’との事。

 

Okumaの’Helios’、日本のロッドじゃ考えられないぐらいメーカーミックスっぷりで、かなり自由な感じで作られています。

向こうのロッドは楽しいですね。

Hopkins&Holloway SEYMO

 

Hopkins&Hollowayという英国のロッドビルディング関連製品を取り扱う販売代理店。

 

そこのオリジナルブランドであるSEYMO。世界中のロッドメーカーへ部品を供給しています。

Hopkins&Hollowayは富士工業とも密接な関係があり、英国での富士工業製品の販売代理店として事業を行っています。

 

ちょっと使用例は見つからなかったので、もし見つかったら追記しておきます。

イギリスではカープフィッシングがメジャーらしく、カープ用ロッドばかり見つかってしまいましたw

 

REC Rod Guides

 

米国のロッドビルディングサプライヤー。

 1968年創業で、フロリダ州オキチョビー湖のすぐ近くに本拠を置いています。

 
 

独特なコイル型のガイドリングが特徴で、特殊なニッケルチタン合金で作られているため、セラミックインサートが不要なガイドリングとなっています。

G-Loomis社のNRXシリーズなどに使われているようです。

NRXはG-Loomisのフラッグシップモデルなので、高級なガイドリング、という認識で良さそうです。

まとめ

日本国内では富士工業が多くのロッドビルディングにおけるサプライヤーとしてその名を馳せていますが、世界に目を向けるとさまざまなサプライヤー達がいるという事が分かりました。

ぜんぜん知らなかったなあ。

これらメーカーの製品を我々日本のバサーが手に取るようになる日は来るのでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です