納竿後、リール外すようになって気づいた事

スポンサードリンク

以前はボート釣行の納竿後、ロッドとリールをつけっぱなしにしていました。

帰りの車内をすっきりさせたいので外すようにしたらいろいろ副産物が生まれました。

ロッドとリールをバラすメリットをシェアします。

 

リール付けっぱなし!

以前は、リールを付けたままお片付けし、次回の釣行までそのままにしていました。

理由は面倒くさいからですw

だいたい5本~6本ぐらい持っていくので、特にガイドにラインを通すのが面倒!

バサー失格ですねw

外すようにした!

外すようにしたんです。

主な目的は帰りの車内を綺麗にしたい、という理由から。

リールを外し、ロッドだけの状態にしてまとめると超すっきりします。

ラインブレイクが減った

毎釣行、リールを外すと必ずラインを切るので、次回の釣行時には強制的にフレッシュなラインを使う事になります。

心なしかラインブレイクが減ったように思います。(プラシーボかも)

リールやロッドの状態を気にするようになった

つけたり外したりすることで、おうちでリールやロッドを以前よりも触るようになりました。

それにより、思わぬ劣化などを見落とすことが少なくなりました。

また、汚れも気になるので、ついでに清掃もするようになりました。気持ちいいですね。

リールが傷つかなくなった

正確に言えば、傷がつくタイミングが減った、という感じでしょうか。

帰りの車内で擦れる事が無くなるので、傷つきにくくなります。

長い目で見るとボディブローのように効いてくるはずですw

まとめ

今では毎釣行外した方が絶対に良い!と思います。

付けっぱなしはメリット無し。です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • 円形のねじ込むタイプだとリールシートの形に癖が付くのが分かりますよね。
    私も癖が付いてるのを感じてからリールは外すようにしました。

    • コメントありがとうございます。確かに、リールシートも痛みますね(;´・ω・)汚れも溜まりますし。
      ただ、毎回外しているとドラグを閉め忘れたりする事があったりしますw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です