RYUGI LTオフセット インプレ。ズレない!シャッドテール用フックの最適解。

スポンサードリンク

4インチ以上のシャッドテールワームノーシンカーのとき、どんなフックを使っていますか?

ワームの頭が裂けてしまいがちなフックセッティングですが…

リューギ「LTオフセット」でやっと悩みが解決できた、というお話です。

 

RYUGI[リューギ] LTオフセット

 

RYUGI[リューギ]のLTオフセットです。’LT’はロングシャンク、の略。

 

出典:RYUGI

上の図の通り、フックアイから最初のクランク(曲がり角)までの距離が長く取られたフックでございます(‘ω’)

 

ロングシャンクは、ズレない。

 

このLT(ロングシャンク)、とにかくワームの頭部分がズレにくいのが美点です。

4インチ以上の大き目のスイムベイトをノーシンカーで使用したとき、フックのズレがとても気になっていたのですが…

かといって、ストッパー等を仕込むのは面倒くさい…

このLTオフセットであれば、ロングシャンク部分がしっかりとワームをホールドしてくれて、ほとんどズレません。

 

集中力向上

で、ズレないことによって、集中力が上がりますし、なによりワームのモチが各段に良くなります。

ロングシャンク、いい事しかない。

リグりやすい

 

普通のオフセットフックと同じ感覚で、リグりやすいです。少し長めに通してあげればOK。

プロパック仕様

リーズナブルな価格もGOOD.

ちょっと入り数多めなプロパックとして販売されております。

掛かりもイイです。

 

サンプル数が少なすぎますが…LTオフセットにしてから、まだバラシはゼロです。

太すぎず、細すぎずな線形は、刺さりよく、強度も十分な丁度いい感じに仕上がっています。

欠点は…?

欠点らしい欠点は見つかりませんでした。

この手のレビュー記事は、欠点を述べたほうが信頼性が高まる、なんて言いますが、無いなら、無理にあら捜しする必要もないかとw

考察が甘い、という事でしょうか…いえ、それだけいい製品だという事です。

スクリューロック(ねじ込み式)のヤツも試した。

 

 

FINAのハイパートルネード等の、ねじ込み式のフックも試しました。

スクリューロック、なんて呼ばれてるヤツですね。

確かに、ホールド力に関していえば、ねじ込み式が最強かと思います。

 

しかし、ワームを再利用する際に頭がズタボロになってしまうというのが問題でした。

 

Fix-A-Lureや、セメダインでワームを補修する際に、補修しにくい。

その点、LTオフセットなら傷口がシンプル!?な形状なので、修復しやすいのです。

 

そして、ねじ込みの方向がイケてなかったときに、ねじ込み直すとぐずぐずになってしまうのも×。

また、単価がややお高めです。

 

まとめ

LTオフセット、なんでもっと早く使わなかったんだろう。

超おすすめなフックです。まだ使ったことが無ければ、ぜひ試してみてください(*’▽’)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です