相模湖でデコを回避する方法。

スポンサードリンク

神奈川エリアを代表するリザーバーといえば、「津久井湖/相模湖」があります。

神奈川県在住の週末バサーの私にとって、自然と訪れる機会が増えるフィールドです。

しかしタフなことでも有名です。

そんなタフなリザーバーのボート釣行でデコらないコツをお伝えしたいと思います。

相模湖35センチの壁

 

私のホームフィールドである、相模湖。

よく言われるのが「相模湖35センチの壁」。

子バスなら良く釣れますが、35センチ以上のバスの難易度が極めて高いです。

本来であれば相模湖で35センチ以上のバスを釣るコツをお伝えしたいところですが、私はまだそこまでの境地に至っていません。

なので、相模湖に限らず、タフフィールドでデコらないコツをお伝えしたいと思います。

横の動きでリアクションで喰わせろ

スレまくっているフィールドのバスは、子バスであろうと平気でライトリグを見切ります。

キャストしただけで逃げる超スプーキーなバスも多いです。

そこで横の動きでのリアクションバイトを狙います。

ジグヘッド

 

 

そんな相模湖のスレバスによく効くのが、サワムラ ワンナップシャッド2inを使った、小型のジグヘッドリグです。

その時の状況にもよるだろう、という突っ込みもあるかとは思いますw

しかし、何度か通いこむ中で、ほぼ毎回これは効きました。

 

スクールを見つけたらプレッシャーを与えない程度に離れた位置に小型のジグヘッドをキャストし、バスの尻尾側から頭に向ける方向で泳がし、突然ジグヘッドを視界に入れるようにします。

そうするとダウンショットやワッキーリグを見切っていたスレたバスにスイッチを入れて喰わすことが可能です。

よく私が使用するのはサワムラのワンナップシャッド2inchに1/16のジグヘッドです。

カラーはワカサギ。

 

セコイ!ですねw

子バス釣ってどうすんの、ってご意見もあると思います。

でも、一匹でいいから、子バスでもいいから欲しいときってあるんですw

こんなアジングみたいなセコイジグヘッド、意外と投げないと思います。そこがキモです。

秋山川最上流の見えバスは狙わない

秋山川最上流エリアには、50cmOverクラスのデカイ奴がウロウロしています。

最上流は水質も超クリアなのでその姿をはっきりと確認することができます。

しかしあいつらは超天才バス君達なので、まず口を使わせるのは無理と思った方が懸命です。

狙っているアングラーも多いので、フィッシングプレッシャーもハンパではないと考えて良いでしょう。

私も何度も痛い目を見ています。

はっきり言って時間の無駄です。よほどサイトフィッシングの腕に自信が有る場合以外は、他のエリアを回ることに時間を使いましょう。

ヘラののっこみを見かけたらエリアを変える

 

5月の中旬ごろ、ヘラののっこみの最盛期を迎えます。

ヘラがのっこんでいる時期、場所はバスが釣れにくくなります。

極力ヘラののっこみが少ないエリアを探して釣りをしましょう。

素直にライトリグを使う

私自信、まだまだハードベイトの出しどころのキモを分かっていないことに加えて、スレまくった相模湖のバスを騙すにはやはりライトリグが効果的です。

私はよくゲーリーヤマモトのレッグワーム2.5inchのダウンショットリグか、O.S.PのHPシャッドテール3.1inchのダウンショットリグを使用していますが、こいつらを主軸として、反応が無い場合はワンシャのジグヘッドを投入。

サイズは選べませんが、シーズン中ならデコることはまずありません

以上、私が相模湖釣行時に実践しているデコらない為のメソッドでした。

35cm以上のバスを釣るコツを誰か教えてください。

まとめ

昔ブログを始めた頃に書いた記事が、お蔵入りになっていたのでちょっとだけリライトして公開してみました。

自分で読んでいてレベル低いですが、どこかに需要があるかもしれないという事と、枯れ木も山の賑わいということですw

まあ何が言いたいかというと、ワンナップシャッドの秀逸ぶりと、坊主逃れに最適なメソッドをシェアしたかったのです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です