相模湖にクジラ? たまに潮を吹くらしい。 東京五輪のカヌー競技は 相模湖で。

スポンサードリンク

相模湖本湖でバス釣りをしていると、必ず目に入るのが大型の遊覧船。

「スワン」「イルカ」「クジラ」の3機が就航中です。

ファニーなその姿で、相模湖観光のランドマークとして活躍しています。バサーにとっては、引き波を立てる憎いヤツ?

そんなファニーな遊覧船が就航する相模湖ですが、湖底に勝瀬村という村落が眠っていることをご存知ですか。

遊覧船の紹介とともに、勝瀬村が沈むことになったいきさつと、1964東京五輪のカヌー競技の開催会場でもある相模湖の歴史をシェアします。

 

ニュースワン丸

相模湖 ニュースワン丸

相模湖 ニュースワン丸

相模湖 ニュースワン丸

相模湖 ニュースワン丸

 

勝瀬観光株式会社

から就航しているのはニュースワン丸。

日本初の白鳥型遊覧船、「スワン丸」が出迎えてくれます。

花柄のペイントがCOOL。

料金は、大人800円、小人400円。

1周約25分の相模湖遊覧を楽しめます。

 

フリッパー

相模湖 フリッパー

相模湖 フリッパー

fripper

 

相武ボート

から就航しているのは『フリッパー』

バスアングラーにとって、なにやら気になるネーミングの『フリッパー』

しかしイルカの遊覧船であることから、前ヒレを意味する『フリッパー』がその名の由来。

跳ね上がった尾びれがチャームポイント。

こちらも料金は、大人 800円、子供 400円となっています。

 

なお、相武ボートでは釣り用のローボートの貸し出しも行っています。

 

くじら丸

相模湖 くじら丸

相模湖 くじら丸

相模湖 くじら丸

相模湖 くじら丸

 

振興ボート

から就航しているのはくじら丸。顔はちょっとコワい。

たまに潮を吹くそう。

こちらも料金は、大人 800円、子供 400円となっています。

 

アクセス

 

いずれの遊覧船に乗船する場合も、中央道相模湖ICを利用するのが便利です。

上記ルートで行くと、相模湖駅前の交差点の渋滞を避けれるので便利です。

車は相模湖公園の駐車場に停めましょう。

相模湖の歴史

相模湖 勝瀬村

相模湖 勝瀬村

 

相模湖には、湖底に勝瀬村という集落が眠っています。

上の地図の緑色の丸の部分にあたります。

甲州方面からの生産物の集散地として栄えていました。

しかし第二次世界大戦中、京浜工業地帯へ水を供給する為、河水統制事業の一環として、神奈川県議会が相模川ダム建設を可決しました。

 

これで勝瀬集落は湖底に沈むことになりました。

当時は戦時中ということもあり、かなり強引に、移転を迫られたようで、当時の村人たちはどんな想いで移転をしたのでしょうか。

神奈川県海老名市に「勝瀬」という地名がありますが、こちらは、勝瀬村からの移転した人々が、故郷を偲んで名づけた地名です。

 

ニュースワン丸の勝瀬観光株式会社は、この勝瀬村出身者が多いそう。

 

しめ縄

dsc_0198

 

相模湖名物のしめ縄をご紹介。

相模湖の南岸に位置する、巨大なしめ縄。

写真だとその大きさが伝わりにくいですが、長さ30mほど。

これは、湖底にある「道祖神神社」のしめ縄。

勝瀬村が湖底に沈むときに、神社も一緒に沈んでしまったのですが、そのご利益をなんらかの形で残したいとの願いから、神社の跡地の上部であるこの場所に、大きなしめ縄が祀られました。

 

1964東京オリンピックの会場

相模湖 審判島

相模湖 審判島

 

コレは、相模湖本湖にある島。そこに謎の廃墟があります。

今回、遊覧船など相模湖についていろいろ調べていると、こいつの正体がわかりました。

1964年の東京オリンピック開催時に建設された、カヌー協議用の審判搭だそう。

相模湖は、湖上を斜めに使ったコ-スを常設で設置、国際規格のレースを開催可能だそうです。

相模湖が東京オリンピックの開催会場になっていたことも驚きです。

そういえば大学生がよくカヌーの練習をしています。

そんな歴史があったんですね。

 

まとめ

たまにはポイントめぐりのつもりで、遊覧船にでも乗ってみると、新しい発見などがあるかもしれません!?

なお、今シーズン相模湖ではワカサギ釣りが絶好調だそう。

オフシーズンの癒しとして、ワカサギ釣りや、遊覧船観光を嗜むのもまた一興ではないでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です