相模湖稚鮎パターンはどう攻める?

スポンサードリンク

相模湖に行ってまいりました!

稚鮎をメインベイトとするバスの攻略方法を模索します。

デコりました

リード文で偉そうなことを言っていますか、今回の相模湖釣行、デコりましたw

デコ日記です。興味のある方だけどうぞw

日相園

 

今回は日相園さんにお世話になりました。

出船時間は朝5時から午後6時まで。出船時間が長いのが相模湖の嬉しいところ。

出船!

シーズン中と言うこともあり意気揚々と出船します。とりあえず朝は修行中のクランキングメソッドで探ります。しかし反応に乏しく特に表層にバスがいません。

スーパービック捕獲…を見かけたw

全く反応がないまま時間だけが過ぎていきます。

シーズン中と言うこともあって結構お客さんが多かったのですが、おっさんがスーパービックを捕獲している姿を目撃。

ポイントは、水通しの良いワンドの岬の張り出し。いい感じに風も当たっていました。

後で魚探掛けをしてみたらいい感じの地形変化を含むS級ポイントでした。

しかし相当にデカかった。50は余裕でありそうな感じ。

「マジデカいっすね!」と話かけたのですが、「ありがとうございます」と一言だけお返事をいただき、速攻でライブウェルにしまって桟橋へ戻られましたw

ライトリグでの釣果でしたので私もライトリグへの欲求を抑えきれず、その後はライトリグでサーチ。しかし甘くなく反応は得られません。

稚鮎パターン?

事前情報?によると津久井湖などでは稚鮎パターンがはまっているとの事。相模湖でも稚鮎?かどうかアレですが、鮎を相当数に目視することができました。

しかしあゆは目視できるものの肝心のバスの姿がなく1段下の攻略が必要そうです。

そこで苦手なミドストに挑戦することに。

やったメソッド

OSPのHPミノージグヘッド、ティムコのグリマー7で稚鮎を食ってるグルメバスを狙います。

明らかに表層ではないので1日やり切りましたが数回のチェイスのみで終了。

甘くないぜ、相模湖。

通すコースや角度が難しい。ミドスト、奥から手前まで同じレンジを引けてるか微妙だし…まだまだ修行が必要ですな。

見えバスの幻

バサーあるある?ですが、あまりにも釣れない時、寝不足とバスへの渇望から、見えバスの幻想がときどき見えました。木の枝とかがバスに見えたり。

末期症状ですw

去年

昨シーズンは、この時期ならサイズを選ばなければ何本か釣れてたのに…浮いた子バスをジグヘッドとかノーシンカーで狙えば簡単に釣れたんですよね。まあ子バスですが…釣れないよりは良いですし、子バスでも何本か釣れてくれれば満足感も多少あります。

今回はそれがなかった…ほんと、浮いてるバスが少なくて、バスどこ行っちゃったんだろう…という感じ。

お手上げ状態です。

まとめ

難しかった相模湖釣行。

痛感したのは「探す力」の不足。今回はロンリー釣行だったのですが、普段いかに船長のスキルに頼っているかが露呈しましたw

小鮎パターンにハメるべく、リベンジしたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です