バスロッドでワカサギ釣りできる? →無謀にもチャレンジした結果…

スポンサードリンク

2016年釣り納め釣行として、相模湖に行ってきました。

ここ数日、冬の相模湖に通ってみましたが、あまりにも冬バスが相手してくれず…

癒しを求め、半日ワカサギ釣りをやることに。

とはいえワカサギ用の道具を持っていないので、無謀にも?バスロッドで挑戦。

今季絶好調だという相模湖のワカサギ釣行、結果やいかに。

バスロッドでワカサギ

本当はワカサギ専用の道具も欲しいですが、オフシーズンの癒しでやる程度なので、バスロッドでやってみました。

リール2000番、Lクラスのスピニングロッドにラインは3lb。それにワカサギのシカケを直結しました。

ULクラスや、トラウト用などのXULクラスの竿を使うとより細かいアタリまで分かるかもしれません。

相模湖ワカサギ基本情報★

ポイント 国道下〜奥の沢
エサ 赤ムシ
仕掛け 仕掛け:3号10〜15本鈎

 

ポイント

 

 

オススメポイントは、「奥の沢」です。

柴田ボートさんから出船すると、「奥の沢」まで連れて行ってくれます。

エサ

エサは赤ムシを使用しました。柴田ボートさんで200円で販売しています。

赤ムシ君、とてもクサいのでウェットティッシュや匂い消し、タオルを持っていくと良いと思います。

仕掛け

dsc_0258

 

 

釣行までに用意できなかったので、柴田ボートさんで現地調達しました。Gamakatsu製の柴田オリジナルワカサギ仕掛けです。

3号10本鈎を使用。

相模湖のワカサギ専用に特化して作られた、いわば「相模湖スペシャル」なシカケです。

1個500円で販売しています。ちょっと高いですが汗、現地調達なので仕方ないですねw

オモリ、針

オモリは4g~5gぐらい。

針は10本針仕様ですが、今回はワカサギがボトムべったりだったので、10本のうち、下5本ばかりにかかっていました。

相模湖のワカサギはタナの上下幅が広いことが多いため、10本針になっています。

しかし10本あると邪魔だし手返しが悪くなるので、タナに合わせて5本~8本ぐらいに切っちゃうのが良いです。

img_0863

 

この日、棚はボトム付近でした。

魚探には常にワカサギが映り込み、魚影が非常に濃いことが伺えます。

魚探の感度調整がマズいのか、9m付近がボトムっぽくなってますが、9m~14mに映っているのはワカサギの群れです。

また、回遊の頻度が高く、午前中いっぱいやりましたがアタリが止まることがほとんどありませんでした。

相模湖絶好調

dsc_0261

 

噂通り、今季の相模湖ワカサギ釣り、絶好調です。

腕自慢であれば、何百匹と釣れるのではないでしょうか。
 
 
 

バスロッド、普通に釣れます

バスロッドでも普通に釣れます。

まあ相当数取りこぼしているとは思いますが…

酒のアテにするぐらいには釣れてくれます。

意外とアタリも伝わってきます。

 

まとめ

残念ながら2017年釣り納めバス君は釣れませんでした。

しかし癒しのワカサギ釣りもなかなか乙なものですよ★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です