シマノ’17クラドKなにが進化したの。追加情報まとめ。

スポンサードリンク

MMギアだけじゃない!

シマノ クラドkの進化ポイントをまとめました。

現行の’15クラドについて

 

現行の’15クラドは、’14スコーピオンの北米版で、逆輸入モデル的な位置づけとなっています。

スコーピオンならではのワインレッドのボディカラーは無難なシルバーに変更され、ソルト含めた、「グローバルモデル」として販売されています。

アルミボディ&真鍮ギア、5.5:1のパワーギアなどで、重量級巻き物などを扱える安価でタフなリールとして低価格ながら独自の立ち位置のリールです。

そんなクラドが、新たに「’17クラドK」としてモデルチェンジ。

さらなる充実装備によってライバル機や上位機種も真っ青?なリールに生まれ変わっています。その詳細を見ていきましょう。

ボディカラー

 

無難なシルバーから、精悍なマットブラックのカラーリングへ進化しました。

現物を見たわけではないのでハッキリとした事は言えないのですが、US SHIMANOの写真を拝見する限りだと、光沢を抑えたマット系な質感である事が伝わってきます。

以外とマット系のカラーリングのリールって無いように思えます。

カッコいいですが、マット系カラーは傷付きやすさやお手入れの点で若干心配です。そのあたりどうなんでしょう。

 

 

スプールやメカニカルノブは海外専売モデルである、「クラド201E7」などにも使われている「深緑」を基調とし、さりげないゴールドの装飾が施されています。

派手すぎない落ちついたゴールドで好印象ですね。

サイドハッチCi4+化

 

サイドハッチのマテリアルがCi4+化され、軽量化。さらに不評だったサイドハッチを開けたときの保持がない作りを一新。

※サイドハッチの保持がないのは、13メタニウムや14クロナークCI4+ですね。失礼いたしました。

サイドハッチをあけたとき、シャフトで支えられている構造になったので、ブレーキ調整のたびにサイドハッチを落としそうになるあのストレスから解消されます。

私のクロナークCi4+もそうなんですが、サイドハッチが本体とつながっていない場合、水辺で使う工業製品という事もあり、常に落水の危険と隣り合わせ。これは嬉しい配慮です。

NEW SVSインフィニティ搭載

 

ブレーキユニットは、’16メタニウムや’17クロナークに搭載された「New svs インフィニティ」に。

より静かでブレのない高性能なブレーキシステムにアップグレードされました。旧svsインフィニティのオイル切れによる異音などのトラブルなどからも解放されそうです。

また外部ダイヤルからのブレーキの調整も可能となり、ハッチを開けなくてもざっくりとした調整なら可能となりました。

パワーギアの消滅

旧来のクラドの大きな特徴のひとつであった5.5:1のローギアがラインナップから消滅。

代わりにXG(エクストラハイギア)が設定されました。

6.2:1、7.4:1、8.5:1の3種類というラインナップになります。

ここは正直、ちょっと残念な部分ではあります。

コンパクトボディ

 

従来のボディよりも10%ほどコンパクトに。しかしながら気になる自重については、210g→215gと、若干の重量増となりました。軽量さをウリにするモデルではない為、これはこれで良いのかもしれません。

ハンドル長の変更

 

時代の潮流に合わせ?ハンドルが長くなっています。42mmから45mm(全長90mm)へ長尺化。

パワーが必要になる8.5:1のXGモデルは48mmのパワーハンドルとなります。

出典:US SHIMANO

まとめ

これだけの高機能を備えつつ、USドルでの定価は179.99ドルと、実売価格は2万円を切る?可能性もある、17クラドK。

上位機種キラーの売れ筋モデルとなりそうな予感プンプン。正直、この価格帯のモデルでここまでの装備になるとは驚きです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です