シマノ ’17サステインはパワーフィネスに使えないだろうか。

スポンサードリンク

USシマノの専売特許?である、シマノ サステイン。日本国内での販売が開始される事がアナウンスされました。

ツインパワーXD廉価版といえるサステイン、ソルトウォーター用リールですが、もしかしたらパワーフィネスに適したリールかもしれません。

その仕様からパワーフィネスへの適合を紐解きます。

シマノ ’17サステイン

  

 

2017年9月頃発売予定の、シマノ ’17サステイン。「剛性」と「軽さ」を両立したUSシマノの隠し玉!?として海の向こうで活躍していましたが、ついに国内リリース。

番手やラインキャパから、バス釣り用としてではなく、ショアジギングなどのソルト使用を前提としたリールであることは間違いありませんが、もしかしたら、「パワーフィネス」に使えるかもしれません。

そのスペックを紐解き、バスフィッシングへの適合度合いをチェックしてみたいと思います!

概要

サステインを一言で表すのならば、「廉価版ツインパワーXD」です。

NEW マグナムライトローター

NEW マグナムライトローター

 

堅牢なアルミボディに、クイックレスポンスシリーズならではの巻き出しの軽さを実現する「マグナムライトローター」を搭載。

(このアルミボディ+マグナムライトローターの構成はツインパワーXDと、サステインのみ。ツインパワーは、非マグナムライトローターです。)

Xプロテクト

Xプロテクト

 

さらにシマノの防水機構、「コアプロテクト」の上位技術である、「Xプロテクト」を採用。こちらもツインパワーXDと同じ装備です。

ツインパワーXD譲りのタフネスさと、巻きの軽さを両立したリールがサステインです。

コアプロテクトとクイックレスポンス

シマノのスピニングリールは、すべてのリールが「コアソリッド」と、「クイックレスポンス」シリーズの2シリーズにカテゴライズされています。

コアソリッドシリーズは、しっとりとした回転フィーリングを重視したシリーズ。

クイックレスポンスシリーズは、感度や巻出しの軽さを重視したシリーズになります。

新しい「サステイン」は、「マグナムライトローター」を採用することによって、ヴァンキッシュを筆頭とした、クイックレスポンスシリーズのリールとしてリリース。

とはいえ、他のクイックレスポンスシリーズのリール(ヴァンキッシュ、ストラディックCI4+)などのように、軽量さを重要視したリールとは立ち位置がかなり違って、堅牢な剛性を実現しつつ、巻出しの軽さを実現した新しい立ち位置のリールです。

廉価な金属ボディリール

 

現在、実売価格2万円台半ばのリールでは、シマノもダイワも炭素繊維樹脂ボディのリールがラインナップの大半を占める構成になっており、金属ボディのリールは久しぶりの登場。2万円台で金属ボディのリールを選びたければ、サステイン一択という事になります。

パワーフィネスリールに良さそう。

金属ボディによる剛性、巻出しの軽さを誇るマグナムライトローターを搭載し、ライトリグの操作性も良好。

高品位かつ手頃な価格帯のメタル系リール…

サステイン、パワーフィネスリールとしての適合がかなりあると感じますが、どうでしょうか。

シャロースプール仕様が欲しいところ

ただし、品番はソルト用を主眼に置いているだけあって、やや大きめのラインナップ。

C3000HG
3000XG
4000XG
C5000XG

「サステインC2500HGS」、出てくれないんでしょうか。

※ちょっとややこしいですが、C3000とC2500はボディサイズは同じで、ローターサイズが「標準」か「コンパクト」の差になります。

つまりボディサイズ的にはC3000でもバス釣りに使える、という事ですね、ただしラインキャパが持て余し気味になりそうです。

なのでC2500HGSがあればよりベター。

まとめ

ソルトウォーター用リールとしてのリリースですが、高剛性と巻出しの軽さを両立した、比較的安価なリールとして登場する’17サステイン。

現行のラインナップの穴を埋める存在として、バスフィッシングにおいても少なからず需要がある、と感じています。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です