[ICAST2017]シマノ クロナークGという地味なモデルについて。MGLスプール海水弱い説。

スポンサードリンク

ICAST2017のシマノ新製品の中で、ひときわ地味な存在のクロナークG。

MGLスプールレスのクロナーク、という事で良さそうです。

MGLスプールは海水に弱い!?その真相を考察します。

クロナークG

 

ICAST2017において発表されたシマノのリールの新製品は、「クラドK」と、「クロナークG」があります。

「クラドK」の進化っぷりは、以前の記事でお伝えした通りです。

今回は、「クロナークG」についてその正体を調べてみました。

クロナークMGLと何が変わったの?

 

おっ、クロナークMGLに派生モデルか。どんな感じなんだろう。とワクワクしながらスペックを見てみました。

NEW SVS∞(インフィニティ)、マイクロモジュールギア、Ci4+素材のサイドプレート、ベアリング数8+1(S-ARB)….ふむふむ。

ん?クロナークMGLと何が違うのん?

リールマニアの方ならすぐにお気づきになるかと思いますが、スペックがまるでクロナークMGLと一緒なんです。

MGLスプールレス仕様

では、ベースモデルとなるクロナークMGLと一体何が違うのか。という事なんですが。

US SHIMANOのHPを拝見する限りだと、クロナークMGLのMGLスプールレス仕様がクロナークG、となるようです。

写真を目を凝らして見てみると、確かに側面へのブランキングの無い、普通のスプール?になっているようです。

それからメカニカルノブの「MGL」のロゴも消えています。

これは、ソルトウォーターなどへの対応、との事。

MGLスプールは海水で使えないのか。

 

ここでふと、MGLスプールは海水で使えないのか。という疑問が湧きました。

しかし、クロナークMGLをシマノのHPで確認すると、「海水OK」マークが付いています。

どういう事なんでしょうか…分からないぞ、クロナークGの存在意義。

MGLスプール海水弱い説?

米国のバス釣り情報サイト、bassresource.comに新しいクロナークGの解説文がありました。

改めて解説文を読んでみると、クロナークGに搭載されたスプールは、「saltwater friendly spool」を搭載し、インショアやウェーディングで、海水の釣りを行う際に最適。という表現がされています。

察するに、やはりMGLスプールは海水に弱いという事なのでしょうか。

当然、そのような事はシマノでは一切公言していないですし、そんな噂もありません。

素材的にもジュラルミン製のMGLスプールは、特別海水に弱いという事は無さそうです。

(シーバス用のエクセンスなんかも、ジュラルミン製スプールです)

しかしながら、「より海水に対応したクロナークG」という触れ込みでクロナークGが発表されたという事は、裏を返せば「MGLスプールが海水に最適」ではない、という事を皮肉にも表していると言えるはずです。

(違いますかね?w)

ラインキャパ的な問題?

ラインキャパが非MGLと比べ、ちょっと少ないMGLスプール。

より汎用的に使えるようにする為、非MGLスプールでラインキャパを増やしたのかな?とも考えたのですが、US SHIMANOのHPを拝見する限り、クロナークMGLとクロナークGのラインキャパは一緒でした。

ますます謎は深まります。

国内導入は未定。

今のところ、国内導入のアナウンスなどは無く、どうなるのかは不明です。

追加情報が発表され次第、追記したいと思います。

価格

価格は、MGLと同じ、279.99ドル。

まとめ

地味すぎる?存在、クロナークG。

なんだかはっきりしない感じの記事になってしまいましたが、現段階で発表されている情報を頼りに推測しただけの内容なので、右耳から左耳に通過させていただけると幸いですw

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です