シマノ派VSダイワ派。シマノ派が羨むダイワの良いところ7選。

スポンサードリンク

シマノ派、ダイワ派どっち派ですか?

シマノ派が羨むダイワの良いところをまとめました。

 

シマノ派、ダイワ派?

永遠のテーマ第2弾。

右ハンドル?左ハンドル?の次は、シマノ派?ダイワ派?です。

ちなみに、私はシマノ派です。

という訳でまずはシマノ自慢してから、ダイワの羨ましい点をご紹介します。

(書いた後に気づいたんですが、全部リールに関する話です)

 

シマノの良いところ♪

構造がシンプルでメンテンナンスしやすい

当然、機種にもよりますが、基本的には構造がシンプルでメンテナンスが楽チンな傾向があります。

そのかわり、飛び道具的な面白機構は少ないとも言えますね。

余計なモノは要らない、素材の良さで勝負する、といった感じでしょうか。

カスタムもしやすい

 

【KDW】シマノ用 オフセットクラッチ 18バンタムMGL専用

クラッチレバーのカスタムが、とてもしやすいです。シマノはビス一本で交換可能です。

一方でダイワやアブは、クラッチレバーはクラッチバーに貫通させる方式で装着されているため、クラッチレバー交換するためにはサイドプレートを開けなければなりません。

ギアが滑らか。とにかく滑らか。

私がシマノ製品に惚れ込んでいる最大の理由です。

ハンドルを回したときの、とにかく滑らかな回転感覚。これにつきます。

※ただし、特にマイクロモジュールギア搭載機において、グリス切れ時に著しく巻き心地が悪化するという悪癖がありますが…

【IOSファクトリー】 IOS ギアグリス

※グリスアップはマメに実施するのが、MMギア搭載機との上手な付き合い方だと思います。ちょいお高めですが、IOS FACTORYのグリスはMMギアのノイズ耐性を上げてくれるような気がして、おすすめです。

 

とはいえ、最近はダイワの巻き心地も普通に良くて、ほとんど遜色ないレベルまで来ています。

ジリオンとかリョーガとか普通にヌメヌメだもんな…多分目をつぶって巻いたら判定不能ですw

遠心ブレーキのフィーリング

あとは、これも個人的な好みという部分が大きいですが、失速感が少ない遠心ブレーキのフィーリングが好きなんです。

ダイワの良いとこ♪

続きまして、シマノ野郎の私から見た、ダイワの羨ましいところをまとめました。

デザインがカッコイイ

ダイワはとにかくデザインがカッコイイっすよね。

ガンダム的というか、男心をくすぐる何かがあります。

ハンドルノブがかっけえ

【ダイワ純正】 RCS ハイグリップ Iシェイプ ライト ハンドルノブ

ダイワは純正のハンドルノブでも、精悍なデザインを採用しています。

妙なべた付き感も発生しません。

【ダイワ/SLP WORKS】 RCS Iシェイプ ZAION/ザイオン ハンドルノブ クリアブラック

特にZAIONノブや、SLPワークスのハンドルノブはカッコイイ上に、かなり気持ちいい使用感ですよね。

シマノの純正ノブがクソということもあり、非常に羨ましいポイント。

ダイワ(Daiwa) ベイトリール 14 SS エア 8.1L

ダイワ(Daiwa) ベイトリール 14 SS エア 8.1L

37,892円(05/26 22:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

純正でZAION製ハンドルが装着されているSS AIR。

ベイトフィネス機ならではの軽量化と、使用感を両立させている機能美ですな。

ZAIONスタードラグがカッコイイ

【ダイワ純正】 SCL ZAION/ザイオン スタードラグ SLP WORKS

一部上級機種に搭載された、ZAIONスタードラグのデザイン製の高さ、操作のしやすさもポイントです。

…シマノの落ち着いたデザインが好き!ってご意見もあると思うので、好みの問題もあるかもしれません。

ただし質感の高さは明らかにダイワのスタードラグの方が上ですね。シマノは結構チープ。

ハンドルノブと併せて、ダイワは純正状態でありながら、適度な「カスタム感」の表現が上手だと思います。

TWSが秀逸

 

初期のTWSは不具合が出たりしたけど、現在のTWSは進化してネガが無くなりました。

あの独特の「ライン放出感覚」は素晴らしい。

きめ細かいラインナップ

スティーズシリーズといったバスフィッシング用ハイエンド機種を用意するなど、きめ細かいラインナップが特徴です。

シマノって、スティーズ的なリール無いですよね…

突き詰めるとマグブレーキ

ベイトフィネスなど超軽量ルアーのキャストアキュラシーを突き詰めていくと、マグブレーキが優勢な気がします。

ずっとマグブレーキをやっているダイワの方が、超軽量ルアーを扱うブレーキシステムについては一枚上手かも。

SVスプールによるトラブルフリー性能

【ダイワ純正】RCS 1016 SV スプール G1 ブラック

ダイワのSV(ストレスフリー・バーサタイル)スプールによる、トラブルレスな使用感は、シマノリールにはないものです。

SVスプール搭載機は、ホントにバックラッシュが少なくて、とても快適です。

シマノも穴あきのMGLスプールで対抗してはいますが、SVスプールのスプール性能には一歩及ばず、といったところ。

美味しいとこどり

結局のところ、私はどちらかといえばシマノ派です。

でも、気になったダイワ製品も積極的に取り入れる派、です。(なんだそれ)

とはいえ、ここのところはシマノ製品ばかり購入していますが…

 

それぞれあるメリットのどこを重視するか、というところで選ぶ感じになると思います。

私の場合は、そのシルキーな巻き心地にほれ込んでシマノ派になりました。

 

まとめ

普通の事しか言ってないなw

もう少しキレキレな意見が言えるよう、シマノ、ダイワ共に使い込みたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です