新旧エクスプライド質感比較。質感上がった?下がった?

スポンサードリンク

’17年モデルでフルモデルチェンジしたシマノ エクスプライドシリーズ。

デザインはほぼキープコンセプトながら、若干の変更が加えられています。

手元に新旧両モデルが有るので、「質感」をテーマに各部のディティールを比較してみます。

エクスプライド質感比較!

ロッドを選ぶとき、調子や適するリグを重視する場合が普通ですよね。

でも、無視できない要素として「デザイン」があります。

私のようなミーハーアングラーの場合、結構重視してしまうポイントだったりします。

やっぱり、カッコいい道具ってテンション上がりますし、「釣り道楽」をますます豊かにしてくれますよね( ^ω^ )

…という訳で、正直意味があるのか微妙ですが、新旧エクスプライドのデザインをつぶさに観察してみたいと思います!

 

ロゴ

 

上が新。書体はそのまま。

縁取りの色がゴールドから落ち着いたシルバーに。

ハイパワーXのロゴ

上が新型。

新型はオモテ面に「ハイパワーX」が無くなってます。

裏に移動してます。(この辺のロゴの位置はモデルごとでも違うのかも)

リールシート

上が新型。最も変化したのがリールシート周り。

「エクスプライド」のロゴマークと、「Carbon カーボン Interfusion インターフュージョン」

の刻印は無くなり、ちょっぴり寂しい感じ。

CI4+素材を用いた新型リールシート。新型はマットなラバーコーティングで、無塗装仕上げになりました。

ラバーだけあって、触ってみると若干の柔らかさを感じ、また吸い付き感もあって握りやすい。

握りやすさは新型の勝ちですね。

それと穴あき加工がされています。

こちらは旧型。形状はほぼ一緒。

見た目の精悍さは旧型の勝ちかも。

フォアグリップ

フォアグリップはだいたい一緒。

デザイン上、リング状になった部分が無くなっているなど、微妙な変化はあります。

塗装

グリップとアシストグリップの間の部分。上が新型。

シンプルなブラック単色の塗装に。

旧型のラメラメな塗装も悪くないです。

ブランクス&スレッド部分

上が新型。

ガイドスレッドのカラーも、ゴールドからシルバーに。

ブランクスのハイパワーXの透け具合もおとなしくなってます。

単に、旧型を使い込みすぎて塗装が薄くなっているという疑惑もありますがw

バットエンド

新型のバットエンブレム。控えめ感はんぱない。

旧型は「ハイパワーX」を強く主張w

まとめ

若干の価格UPとなった’17エクスプライド。

個人的には価格UPにはあまり賛成出来ません。

広く、多くの方に低コストで高性能なロッドを味わってもらうための存在がエクスプライドだと思うからです。

 

こうしてまじまじと比較してみると、デザインや質感の面では、「進化」はあまり感じられないというのが正直なところでした。

むしろシンプルにしすぎてちょっと物足りない感すらあります。

ちょっと価格UPしたのだから、質感の面でもグレードUP感を出してほしかった。

 

まあ実売価格が2万円弱のロッドにそこまでのカッコよさを求めること自体、間違っているのかもしれませんね。

 

逆に言うと、旧モデルで欲しい番手の在庫があったら、ねらい目だと思います。

旧型が明らかに劣っている、という感じはあまり無いので、新型と比べて損した感は少ないはずです。

 

なんだかんだ文句言いましたがエクスプライドシリーズめっちゃファンですし、たぶん今後も買っちゃいます。

今後のますますの「進化」に期待ですね!

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です