シマノのパワーギア[PG]はどんな感じか。

スポンサードリンク

最も巻き取りスピードが遅い、パワーギア(5.5)というギア比。

ハイギア化の風潮があるベイトリール界において、異端児的存在とも呼べるパワーギア。

そのメリット、デメリット、選びどころなどを考察します。

シマノ パワーギア 5.5

 

シマノ両軸リールのギア比ラインナップの中で、最も遅いスピードである、「パワーギア」をバンタムMGLで試しました。ギア比は5.5です。

時代は完全に「ハイギア化」が主流な為、パワーギアがラインナップされているリールは限られています。

バンタムMGLや、’15クラドなどにラインナップされています。

間違いなく、圧倒的に回収が遅い

PGを使い始めてすぐ感じる事は、とてつもなく、巻き取り長が短いという感覚です。

普段の感覚でルアーを回収しようとしても、かなり余分にハンドルを回さなければならず、かなりクセのあるギア比、という事はお伝えしておかなければなりません。

マジでルアーが全然戻ってきません(‘Д’)

汎用性が低い

どれだけ頑張って速く巻いても、当たり前ですが、巻き取りスピードはハイギアには到底敵わず、限界があります。

しかし逆に、ハイギアである程度ゆっくり巻くというのは可能です。

パワーギアで高速巻き→不可能

ハイギアでゆっくり巻き→可能

つまり、パワーギアは汎用性が低い番手であるのは間違いないですね。

トルクフルな巻き上げ力

その代わり、極めてトルクフルな巻き上げ力と、驚くほど軽い巻き感を手に入れているのがパワーギアです。

特に、巻き抵抗が大きいルアーに対して本領を発揮してくれます。

 

めちゃくちゃ重たい(または巻き抵抗が重たい)ルアーを、パワーギアの余裕のトルクで巻き取る感じ、これが味わい深くて、楽しい。

変態向けのギア比です。

マグナムクランクはPG必須

 

マグナムクランクなどの、極めて巻き抵抗が大きいルアーについては、もはやパワーギア一択ではないか、というぐらいのマッチングでした。

大げさでなく、マグナムクランクを普通サイズのクランクベイトかのように、楽に巻く事が出来る。これがPG最大の強みです。

ハネモノとか、ゆっくり動かしたいヤツも

 

ハネモノをデッドスローリトリーブと呼ばれるような、超遅い巻き速度で巻きたいときには、ものすごいアドバンテージを生み出してくれると思います。

巻き過ぎないことがアクションのキモとなるルアーには、非常にマッチングします。

ZPIトルクステージもPG

ZPI社からリリースされている、15クラドのコンプリートリール、ZPI トルクステージも、当然のように5.5のPGがベースになっています。

アラバマ、マグナムクランク、ビッグベイトを楽に扱う、というようなテーマでリールを作るのであれば、やはりPGが有利であることを示していますね。

まとめ

総評としては、パワーギアは、巻き取りの力強さが特に必要な場合に本領を発揮します。

癖のある番手ながら、ハマったときは唯一無二の使用感を得られる番手です。それが楽しめるかどうか、です。

 

その他のシチュエーションでは使いにくいと感じる事も多いのは事実。ハイギアに慣れた体で使うと違和感バリバリで、遅さにイライラするなんて事もあるかも。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です