【朗報】シマノ17スコーピオンbfsは劣化版アルデバランじゃなかった!

スポンサードリンク

シマノ製のベイトフィネスのエントリーモデルを担う、’17スコーピオンbfs。

発売時期が近くなるにつれ、その全貌が明らかになりつつあります。

真鍮ギアを捨て、安易な軽量化を施した「劣化版アルデバラン」は誰も望んでいない!?

決して軽くない、’16スコーピオン70ベースで、真鍮ギアを採用しつつ驚異の軽量化を果たしている理由をシェアします。

’17スコーピオンbfs

 

現在のシマノ製ベイトフィネスリールは、ハイエンドのみのラインナップ。

高すぎる’16アルデバランbfs、旧モデルである15アルデバランBFSのみ。

エントリーユーザーにとって敷居の高い存在でした。

そんなシマノベイトフィネス界きってのコスパモデルとして、遂にラインナップに加わる’17スコーピオンbfs。

前回記事のおさらい

そんな’17スコーピオンBFSについて、公表されているSPEC表から、仕様を推測したのが前回記事です。

特に注目すべき点は、以下の2点でした。

・ベースモデルの’16スコーピオン70が、190gと決して自重が軽いモデルではない、という点。

・ベースモデルの’16スコーピオン70が、真鍮のメインギア+アルミフレームを採用したタフネス系モデルである、という点。

軽量化していた

前回の記事執筆時点ではまだ、自重は発表されていないと思っていました。

しかしSHIMANOのHPを確認すると、シレっと自重165gという記述。

 

ベースモデル比で、25gもの軽量化。

ベイトフィネスリールに求められる「軽さ」を実現した、’17スコーピオンBFS。

 

これはさらに期待が高まったゾ、と安易な認識をしたikahimeですw

どこをダイエットした?

私のリールに関する知識レベルでは、どこをどうダイエットしたのか、判明しませんでした。

リールに関する造詣の深い方に、もしかしたら、真鍮のメインギヤを捨てて、ジュラルミン製のメインギアを採用しているのでは?

というご意見をいただきました。

タフネスさを捨てた軽量化はNG

ただし、リールフェチの方々からすれば、ジュラルミン製ギアの採用による、安易な軽量化に走ってほしくないとの意見がありました。

’16スコーピオン70の強みである「タフネス」さを保持しつつ、「ベイトフィネス」モデルとして発売されて欲しい。

 

その為には、真鍮ギアの採用がマストでした。

ジュラルミンよりも、真鍮ギアの方がタフネスだからです。

 

つまり、真鍮ギアを捨てた’17スコーピオンBFSは、単なる「劣化版アルデバラン」と成り下がってしまうという訳です。

しかし今回、「劣化版アルデバラン」ではない可能性が出てきました。

 

真鍮ギアなのか。ジュラルミンギアなのか。

現時点でわかった事は、超高強度真鍮ギアを採用している、という点。

 

※Bassblogさんのこちらの記事を参考にさせていただきました。

 

ジュラルミン製のギアを採用した訳ではなく、真鍮ギアが使われるようです。

懸念となっていた、「タフネス」さを捨てて、「軽量」を手に入れた、「劣化版アルデバラン」にはならないようです。

 

これは、’17スコーピオンBFSを、「タフネス系ベーシックベイトフィネスリール」(長いw)として待ち望んでいた方にとっては朗報です。

じゃあなぜ軽い

 

ギアの素材変更をせずに、大幅な軽量化を実現したからくりは一体どこにあるのでしょうか。

それは、ブレーキシステムをSVS INFINITYから、FTB(フィネスチューンブレーキ)にしたことによるもの。

実際にブレーキユニットの重量を計測した訳ではないのですが、FTB(フィネスチューンブレーキ)ユニットがSVS INFINITYよりも軽いのは、おそらく事実でしょう。

なんせ自重130gという驚異的な軽さを誇る、’16アルデバランBFSにもFTB(フィネスチューンブレーキ)ユニットが搭載されていることからも、FTBが自重が軽いブレーキユニットであるという事の証明のハズです。

※追記

またまた、有識者の方にご指摘を頂きました。

’15アルデバランと’16アルデバランBFSの自重差が5gで、これはスプール重量の差、とのこと。

つまりSVS INFINITYと、FTBの自重は差はありません。(鋭いご指摘ありがとうございます。)

なので、真鍮ギアを採用しつつ、軽量化を実現したカラクリはまだ解明されていません…

真実を確かめる為には、購入して分解するしか無いようですw

まとめ

「劣化版アルデバラン」ではない、’17スコーピオンBFS。

タフネスさとコストパフォーマンスを求めるアングラーにとって、重宝しそうな、’17スコーピオンBFSとなりそうです。

※一部ネットショップでは予約が開始されているみたいです。最安で、26,000円ほどとなっていました。

’16アルデバランBFSとの価格差は、1万円をやや下回るぐらいとみてよさそうです。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

※追記

’17スコーピオンBFSのメインギアは、ジュラルミンギアでした。

お詫びして訂正いたします。

 

出典:Bassblog

出典:SHIMANO

ikahime的リール記事★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です