[シマノ]’17アルテグラ。ストラディックとお悩みの場合の処方箋。

スポンサードリンク

シマノ[SHIMANO]の’17アルテグラがリリースされました。

旧モデルである、’12アルテグラは、エントリーモデルの価格帯ながら、ヴァンキッシュ譲りのマグナムライトローターを搭載。

尖った特徴を持つ、個性派廉価モデルとしての存在を確立していました。

しかしある意味普通の?リールとなってしまった、’17アルテグラ。

ぴか一の存在感を誇った’12アルテグラから、劣化してしまったのか。

良く比較される、’16ナスキー、’15ストラディックと比較し、その真価を考察します。

シマノ [SHIMANO] NEW ’17アルテグラ

 

 

出典:SHIMANO

まずはざっくりと、’17アルテグラの特徴をまとめてみたいと思います。

進化した部分

亜鉛ギアがHAGANEギアにグレードアップ★

 

17年のモデルチェンジでSHIMANOリールから亜鉛ギアが一掃され、最廉価モデルのセドナやサハラでさえHAGANEギア搭載になりました。

もちろんアルテグラにも搭載。

 

「HAGANE」ギアと言っていますが、「鋼鉄(こうてつ)」ではありません。

SHIMANOのカタログの「HAGANE」の紹介ページの右下に小さく、

「HAGANE」は当社製品のイメージをお伝えするためのキーワードであり、実際に鋼鉄等の鉄材料を使用しているわけではありません。

とありますw

 

アルミ合金製の、密冷間鍛造ドライブギア(CFギア)である、HAGANEギア。

ギアが軽くて強いのが、当たり前になった、という事ですね★

クイックレスポンスシリーズから、コアソリッドシリーズに

 

’12アルテグラの最大の特徴であった、ヴァンキッシュを筆頭としたクイックレスポンスシリーズとしてのラインナップ。

巻き出しの軽さを優先したシリーズで、その下端を担う役割を果たしていました。

 

しかし今作からはステラを筆頭としたコアソリッドシリーズに路線変更。

こちらは巻きごこちの滑らかさやしっとり感を重視したシリーズです。

残念な部分

ワンピースベール非搭載

 

新しい’17アルテグラにおいて、最も残念な点としては、「ワンピースベール」が非搭載である、という点。(写真は美しいステラのワンピースベールw)

「ワンピースベール」とは、一体構造のベールの事で、ベールが1つの部品から構成されています。

 

これにより、ラインが干渉するベールに段差が無くなり、ラインへの負担が軽減され、糸ヨレやライントラブルの軽減に効果を発揮。

ワンピースベールは旧モデルの’12アルテグラでも非搭載でしたが、’16ナスキーとの差別化を図るという点でぜひ搭載して欲しかった部分。

重くなった

さらに、’12アルテグラと比較して、番手にもよりますが、自重が重くなっているという点。

設計思想が「クイックレスポンス」シリーズから、「コアソリッド」シリーズへと変更された事から、ある程度は仕方のない部分ではあります。

 

樹脂ボディと、CI4+製のマグナムライトローターの仕様だった’12アルテグラですが、’17アルテグラになりマグナムライトローターが廃止。

’17NEWモデルの中で、重たくなったリールはアルテグラぐらいではないでしょうか。。

 

さて、NEW’17アルテグラの特徴をご紹介したところで、旧モデルである、’12アルテグラがどのようなモデルであったのか、おさらいしてみましょう。

シマノ[SHIMANO] ’12アルテグラ

 

クイックレスポンスシリーズ

旧モデルである、’12アルテグラ最大の特徴は、「クイックレスポンス」シリーズとしてのラインナップです。

「クイックレスポンス」シリーズの他のリールとしては、ヴァンキッシュ、ストラディックCI4+などがあります。

ヴァンキッシュ譲りの軽量CI4+製マグナムライトローターを搭載。

軽量設計

実売価格が1万ちょっとというバリュー機種であるのも関わらず、計量設計もウリの一つ。(一例として、C2000Sで190g)

軽い巻きだしや、自重の軽さから、バス、エリアトラウト、ソルトならアジやメバルなどのライトゲーム用入門機として最適な存在でした。

廉価モデルながらも、クイックレスポンスシリーズの下端を担う役割としてその存在意義を発揮していたのが’12アルテグラです。

 

さて、ここからは’17アルテグラ購入検討の際に迷うであろう、’16ナスキーと、’15ストラディックとの違いをざっくりまとめてみたいと思います。

シマノ[SHIMANO] ’16ナスキーとの違い

 

’16ナスキーとの違いは、ざっくり言って

・ベアリング数(S-ARB)

・軽量番手の自重(C2000S同士の比較。’17アルテグラは190g、’16ナスキーは220g)

・ハンドルが’17アルテグラはねじ込み式、’16ナスキーは共回り式。

そんなところでしょうか。

ほかにも各部の精度などが違うのかもしれません。

’16ナスキーと似ちゃった

旧モデルはナスキーとは明確に違う立ち位置を持つ尖ったリールでしたが、今作は’16ナスキーとの差別化という点では、旧作に劣ると言わざるを得ません。

今回の’17アルテグラは、モデルチェンジを経て、旧モデルよりも’16ナスキーに極めて近いリールになってしまいました。

どこで選ぶ?

この2機種から選択するときは、「共回りハンドル」が許せるかどうか、という点。

「共回りハンドル」のリールは、長く使用しているとハンドルのガタツキが出やすいと言われています。

 

それから、かなり違う自重を考慮する、という点。感度や疲れの軽減に、自重の違いはかなり効いてきますよね★

 

さらに、’17アルテグラでは、S-ARB(防錆ベアリング)がラインローラーに搭載されているので、ソルトで使用する場合には、’17アルテグラを選択するのがベターです。

 

シマノ[SHIMANO] ’15ストラディックとの違い

 

お次は、’15ストラディックとの違い。

’17アルテグラと、’15ストラディックとの違いは、ざっくり言って

・ワンピースベール

・HAGANEボディ

です。どちらもストラディックのみ搭載。

ワンピースベール

ワンピースベールは、上述した、一体成型のベール。

「HAGANE」コンセプト

そしてストラディックの最大のウリは、「HAGANE」コンセプトによる設計思想であるということ。

HAGANEギア(アルミ合金製)、HAGANEボディ(ストラディックの場合、アルミハイブリッドボディ)を採用。

高い剛性感や耐久性、シルキーな巻き心地などを実現しています。

 

「HAGANE」思想は、ここ近年のSHIMANO製リールの最大のセールスポイントであり、それらを完全に実装しているのが、SHIMANOのスタンダードスピニングであるストラディックという訳です。

「HAGANE」思想の恩恵を余すことなく享受したい場合は「ストラディック」をチョイスするのがベターです。

価値が無くなったのか

結果、新しい’17アルテグラは、旧来の尖った個性を失い、ワンピースベールも非搭載、一見するとその存在意義や魅力を失ってしまったと思われます。

ただし、’12アルテグラから5年もの歳月が経っていることや、コアソリッドシリーズへの設計思想の変更による巻き心地やボディ剛性の向上など、進化した点もあります。

巻きのフィーリングや、剛性感などは1クラス上のモデルとして着実に進化しているのではないでしょうか。

まとめ

正直、’17アルテグラは失ってしまったモノも多いです。

ただ、もちろん進化した点もあります。

使いどころ、狙いどころにマッチさえすれば、旧型にも負けず劣らずな良品として、その存在感を発揮するリールになっているはずです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime的リール記事はこちら★

2017新製品に関する記事★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です