タックルインプレッションVol.4 ブラックジャングル+ BIG SHOOTER COMPACT

スポンサードリンク

Megabassの名刀、ブラックジャングル F10-76XBJ スーパーレッドデーモン。

’鬼斬りシャフト’と呼ばれる、極太ブランクスを持つ、最強クラスのバスロッド。

全てを凌駕する圧倒的なトルクで、モンスター級を狙うアングラーに熱烈に支持されています。

そんなブラックジャングルを、Abu GarciaのRevo BIG SHOOTER COMPACT(レボ ビッグシューターコンパクト)と組み合わせ、ビッグベイト用に使用した際の、インプレッションをシェアします。
 

ブラックジャングル + BIG SHOOTER COMPACT

 
DSC_8938

 

 

ROD: Megabass ブラックジャングル F10-76XBJ スーパーレッドデーモン

REEL:アブガルシア Revo BIG SHOOTER COMPACT(レボ ビッグシューターコンパクト)

LINE:サンライン ベーシックFC フロロ20lb

主用途:1oz以上のビッグベイトなど

オーナーコメント

本来は狙う魚のサイズや、広大なフィールドに合わせて購入されるべきロッド。

私の場合はビッグベイトを投げる為に購入しました。

Megabass ブラックジャングル F10-76XBJ スーパーレッドデーモン

ゴツ過ぎでしたw

鬼斬りシャフト’は関東のフィールドでは必要性を全く感じません。

リフティングパワー最優先の極太ブランクスは、重量が犠牲になっています。

用途を想定してから購入しましょう

私の使い方だともう少し軽くて、Lengthも短めで取り回しの良いロッドにすればよかったと若干後悔しています。

ボート釣行では、取り回しが悪く、持て余しがち。

車載するとき、7feet6inchのLengthはギリギリ積めます。

しかし他のタックルにくらべ頭ひとつ突き出るので、ティップがフロントガラスに干渉して邪魔くさいです。

テーパー

見た目ほどガチガチではなく、案外ティップは入るブランクス。

1/2oz~1ozほどのジグ、テキサスもできなくは無いです。

それなりに重量のあるルアーであれば、適度に汎用性があるロッドです。

ビッグシューターコンパクト

ビッグシューターコンパクトはやはり見た目に負けない巻き取りトルクを持っているリールです。

2oz以上のビッグベイトを使用していてもパワー不足は一切感じません。

大型のスポンジのハンドルはあまり握りが良くないです。大きすぎて有り余ります。

質感はイマイチ

クラッチを切ったときの質感などははっきり言って安っぽいです。

国内メーカーのものと比べると、全体的な作りの精巧感はやはり大味です。

雰囲気を楽しむ

ですがその辺も含めてアブガルシアの味というか、いいもの過ぎない感を味わえます。

アブガルシアのリールで釣りをしている、という雰囲気を楽しむのも一興なのではないでしょうか。

かっちりしたフィーリングや高級感を求めている方には向かないと思います。

しかしブラックジャングル+ビッグシューターコンパクトの組み合わせは、かなり重たくなってしまうので、もう少しバランスを考えて組むべきでした。
 

ビッグシューターコンパクト単体インプレッション★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です