【房総リザーバー】バックウォーターでのサイトフィッシングのやり方。

スポンサードリンク

亀山ダム、片倉ダム等の房総リザーバーは、細くうねったバックウォーターでのサイトフィッシングが醍醐味の一つです。

でも、釣り方が分からない…私もそうでした。

でも、通っているうちにちょっとだけ見えた、コツのようなモノをシェアします。

 

基本

まずはバックウォーターでのサイトフィッシングの基本から。

スピニングタックルを使用します。ノーシンカーが投げやすければなんでも良いです。

ルアーは小型のシャッド系ノーシンカーか、ストレートワームのノーシンカーワッキー。虫ワームでもイイですね。

それとあわせ、ベイトフィネスタックル+ネコリグを用意します。

コツ

上流へキャストする

当たり前かもしれませんが、可能な限り上流に向かって投げます。前に投げるという事です。

狭くプレッシャーがかかりやすいバックウォーターでは、(自分が)まだ通っていないところに投げるという事がなにより大事です。

フレッシュなうちに行く

 

誰も行っていないうちに上がります。いつも一等賞を目指しています。

狭いバックウォーターでは、すれ違いや追い越し時は必ず声かけするようにしています(‘ω’)

上がれるとこまで上がる

思わず躊躇するようなゴミだまり、激浅でエレキがつっかえる、倒木が行く手を阻む、などバックウォーターにはトラップがたくさん。

第一条件として安全確保さえ出来るならば、可能な限り上へ進んでいます!

 

ゴミが酷ければバックで突っ込むのがおススメ。

浅いところは、エレキマウントにペットボトルを挟んだり、いっそエレキをあげてオールで一寸法師スタイルで。

倒木はくぐる!

 

もう、ここ行けないだろ….って思ったちょっと先にエデンが待ち構えていることが多々あります。

カバーにはネコリグ

ノーシンカーリグで打ちつつも、ノーシンカーで打てないちょっとしたカバーにはネコリグを打っていきます。

フォロー的な感じです。(これはサイトじゃないですねw)

しゃがむ

バスが居たらしゃがんでアプローチ。しゃがむ事によるプレッシャーの低減は計り知れないモノがあります。

虫系は崖から生えたちょっとした草に引っかける

 

虫ルアーは崖に生えたちょっとした草にひっかけて使います。

ノーシンカーで喰わないとき(ラインの存在を嫌がるとき)に有効です。

サイトフィッシングに有効なルアー

定番品ばかりですが、私がサイトで良く使うルアーをご紹介いたします。

エバーグリーン ラストエース

トゥイッチしたときのピュンピュンとしたアクションが最高です。

塩なしマテリアルでハリモチが良いし、喰いこみが深い!

またフォールスピードが遅いのでバスとの間合いを詰めたときに、警戒されにくいです。

JACKALL フリックシェイク マルハタシャーベット 3.8in

ド定番フリックシェイク。視認性が抜群なマルハタシャーベット。上流でのサイトでは3.8インチを使用。

サイトでは視認性が非常に大切です。白系は、バスのお口に入るとフッと消えるので一目瞭然です。

レアリス ニンムシ

虫系、いろんなワームがありますがニンムシめっちゃ釣れます。

ムチムチのマテリアルがキモ。ハマったときはヤバいです。

O.S.P HPミノー

 

O.S.P HPミノーです。こいつもラストエースと同じくマスバリ下向きセッティングでトゥイッチ。

もしくは放置してのスローフォールで使います。いずれの場合も姿勢安定性が高く使いやすいです。

まとめ

 

以上、房総リザーバー(亀山、片倉、豊英、三島etc…)でのサイトフィッシングのコツでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です