ちっさ!8g以下のスモールクランクまとめ。

スポンサードリンク

年々ハイプレッシャー化するバスフィールドにおいて、活躍必須のスモールクランク達。

巷ではマグナムクランクが流行っていますが、マグナムの次はスモール!?

私はまだ未経験ですが、スモールクランクでしか獲れない魚がいるとかいないとか。

8g以下のスモールクランクをまとめてみました。

ラッキークラフト クラッチシリーズ

ラッキークラフト クラッチXD

ラッキークラフト クラッチXD

spec(クラッチDR)

全長 42mm
自重 6.6g
タイプ フローティング
潜行レンジ 1.5~2.5m
フックサイズ #8, #8

ラッキークラフトのクラッチシリーズ。潜行深度によって、SSR, SR, MR、DR、XDの5種類がラインナップ。写真はXD。

スモールクランクの代名詞的存在。

ハードベイトオンリーのバス釣り大会、H-1GPXでも上位入賞者のタックルボックスには必ず入っているとか。

喰わせ能力が高い為、適当に巻いていても釣れてしまうのが良いところ。小粒ながらしっかりとした引き抵抗があり、カバーに当てて浮かせるのが釣るコツ。

ラッキークラフト RTO 0.7

 
全長 50mm
自重 7.0g
タイプ フローティング
潜行レンジ 0.5 – 0.8m
フックサイズ #6, #6

ラッキークラフトの王道スクエアビルクランク、RTOシリーズの小粒バージョン。神様リッククラン監修のRCシリーズの直系のRTOクランクは、他のクランクに反応が無いときも不思議と釣れてしまう「釣れる」クランクベイト。

そんな神クランクRTOの小粒バージョン、兄貴と同じくカバークランキング用として、常備しておくと良さそうです。

ラッキークラフト MTO 0.7

 
全長 50mm
自重 7.0g
タイプ フローティング
潜行レンジ 0.5 – 0.8m
フックサイズ #6, #6

ラッキークラフトMTOシリーズ。「利根川の父」こと鈴木 美津男氏監修のクランクベイト。

利根川を知り尽くした男によるマッディシャローフィールドのお供。

高い浮力を誇る’ボーン素材’で成型。’カバーからバスを引っ張り出す力’に焦点を当てて開発されました。

ちなみに’MTO’は’美津男’の略、とのこと。

ラッキークラフト fat CB BDS Magic 1.2

 
全長 55mm
自重 7.0g
タイプ フローティング
潜行レンジ 1 – 2 フィート
フックサイズ #5, #5

話題のfat cb bdsシリーズ。派生モデル、’Magic’の末弟。大森貴洋氏、鈴木美津男氏が愛用。

こいつの前世は、ラッキークラフト ’FAT CB BDS Marty 1.2’というモデル。

B.A.S.Sで活躍する’マーティ・ストーン’シグネチャーモデルでした。

しかしラッキークラフトとマーティの契約切れにより、名称が’Magic’に変更。

前後フックの配置が離れており、最大#4の大型のフックを搭載することが可能。不意の大物にも対応します。

O.S.P タイニーブリッツ

 
全長 46.0mm
自重 6.5g
タイプ フローティング
潜行レンジ 1m
フックサイズ #8

ご存知o.s.pブリッツシリーズのタイニーバージョン、タイニーブリッツ。

兄貴分のブリッツは超ハイピッチなタイトウォブルアクションとスレにくいサイレント仕様、優れたキャストアキュラシーなど普通のクランクに反応しにくくなったバスも取りこぼしなく釣ってしまうスゴイやつ。

そんなブリッツの一口サイズバージョンのタイニーブリッツ、釣れないわけがない。

ミブロ デリンジャー

全長 48.0mm
自重 7.7g
タイプ フローティング
潜行レンジ 1.5~1.8m
フックサイズ #6

塚本謙太郎氏主宰のミブロからはデリンジャー。小粒(48mm)ながらしっかりと自重(7.7g)を持たせ、キャスタビリティに考慮。ビッグバスの襲来にそなえた大きめの#6ショートシャンクフックを標準装備。

スモールクランクのネガを、とことん排除した本気の逸品に仕上がっています。

エバーグリーン ファクト クラフト

 
全長 4.7cm
自重 6.5g
タイプ フローティング
潜行レンジ 1.0~1.4m
フックサイズ 【EGトレブルマジック】 フロント:#8・リア:#8

相当に他社製スモールクランクを研究し尽くした感のある、釣れる気しかしない福島健氏入魂のスモールクランク。

ファットボディで小型ながら高い浮力を実現。

マグネット重心移動システムによって、小型クランクベイトの欠点である飛距離もカバー。

まとめ

タフなフィールド攻略の切り札として、スモールクランクを加えてみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です