なぜパワーフィネスのスモラバのトレーラーにイモグラブを使うのか。

スポンサードリンク

パワーフィネスでスモラバを扱う際、トレーラーにイモグラブを使っています。

アクション要素ゼロだと思うんですが、何故イモグラブを使うのでしょうか。

カバースモラバ

 

艇王の相模湖戦での伊藤巧氏の相模湖レコード?、マジで凄すぎますよね。

カメラバにディトレーターをセットし、PEスピンでの一本という事で、ますますパワーフィネスタックルへの関心が高まっています。

トレーラーがノリーズ製品ではなく、ディトレーターというのもなんだかリアルでそそります。

カバースモラバのトレーラー

そんな「カバースモラバ」、トレーラーを何にするか、という点が非常に悩ましいところ。

結構いろんなワームをセットしている方がいらっしゃいます。

私は、投げやすさを考慮して、高比重のゲーリーマテリアルを使う事が多く、ディトレーターやイモグラブなどをセットしています。

イモグラブ

一般的には、3インチイモグラブを逆付けして半分ぐらいにカットして使う、というのがセオリーらしいです。(写真はカットしていませんが、半分ぐらいにカットしましょうw)

 

別にイモグラブじゃなくても、私は使い古したグラブや、モコリークロー、フラッピンホッグJrのパーツを解体して使っています。

 

達人の模倣

正直なところ、私がカバースモラバのトレーラーにイモを使うようになった理由は、手練れの釣りウマたちのメソッドをマネしている、という感じですw

亀山ダム発祥の「パワーフィネスムーブメント」において、定番的なトレーラーが「イモグラブ」である、というお話をどこかで耳にしたのです。

ふと疑問思ったのですが、何故「イモグラブ」なんでしょうか。そのメリットを改めて考えてみます。

メリット

・比重があり空気抵抗が少ないので、飛距離が出る。

長尺ロッドを使用し、ピッチングでのアプローチがメインとなるカバースモラバ。

硬めのロッドで軽いスモラバを扱うので、基本的にキャストしにくいです。それを少しでも補うためのイモグラブという訳です。

・カットする事によって、微調整できる

パーツが付いていないので、自在にカットできます。フォールスピードやアクションの微妙なアジャストがしやすい。

脚やテールが付いているワームだとそういう訳にもいかないですよね!

・カバーにするりと入り、するりと抜ける

邪魔なパーツの無いシンプルシルエットなので、カバーに対するすり抜け性能が高いです。

・シンプルで要素が少ないので、スレに強い

落ちパクではなく、じっくりシェイクしてからのバイト、という事が多いカバースモラバ。逆に言うと、シェイク中に見切られる事も多い訳です。

ジーっと見られたとき、見切られないようにあえてパーツのないイモでアピール力を下げています。(と思っているのですが、違いますかね?w)

パーツの波動が効く事もある!

しかし、今回の艇王戦で伊藤巧氏がトレーラーとして使ったディトレーターは、爪のピリピリとしたアクションでベイトフィッシュを演出した。

という事らしいので、「イモ最強」という訳でもなさそうです…

(ディトレーターのピリピリで「ワカサギ」を演出っていう発想に驚きました。ディトレーターって甲殻類じゃないの!?w)

 

…と、そんなとこでしょうか。

まとめ

カバースモラバで真冬のしびれる一本、GETしたいですね。

とりあえず相模湖行ってこよう。

あ、艇王見たからじゃないですからね!w去年から通ってるだけです!w

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です