スモラバ【スモールラバージグ】入門。ボウズ逃れの最終兵器。動かし方など。

スポンサードリンク

スモールラバージグはほんとに良くバスを連れてきてくれます。

タフったときに効く最終兵器?いやいやサーチベイトとして?

スモラバで釣るコツをシェアします。

スモールラバージグとは

0.9g~5gぐらいの軽いラバージグの総称です。

 

おすすめトレーラー

私はゲーリーヤマモトの「ディトレーター」を良く使います。

スモラバのトレーラーにすることに主眼を置いて開発されたワームだけあって、セットしたときの収まりがとても良いですね。

きちんと説明するのが難しいですが、「釣れるシルエット」が出るというんでしょうか、バランス良くまとまります。

自重があってキャストしやすくなるのもポイントです。

ただし欠点があって、非常に腕が千切れやすいです。でも、千切れていても普通に釣れるので問題ないのですがw

カラー

トレーラーのカラーは、いつも悩みますが、同系色でまとめると気持ちいいですね。

でも正直、カラーがちぐはぐでも釣れるし、お好みで、という感じです。

まあ強いて言えば、クリアアップしたときは同系色、濁りが入ったときは明滅効果を生んでくれる異系色、みたいな感じですかね。

動かし方

フォール

フォール、つまり落とすだけです。バーチカル(縦)に動かすという事ですね。

スカートの抵抗があるスモラバは、ゆっくりとフォールしてくれる為、バスに長い時間ルアーを見せる事が出来ます。

私の実感としては、スモラバはこの「フォール中」に圧倒的にバイトが出てくれます。

「フォールを制するモノ、スモラバを制す。」です。ただし横の動きにしか反応が無い事も多々あるため、横の動きの釣りとこまめにローテーションしながら打っていくのがおすすめです。

リフト&フォール

リフト&フォールはフォール、着底、リフトと3種類のアクションを一度に実行できるかなりおいしい動かし方です。

「縦」を意識して、出来るだけルアーが前方向に移動しないように、上方向にリフトさせるようにアクションさせると、一度のキャストで多く誘いを入れる事が可能になります。

1キャストでどれだけの回数誘えるかに差が付くと、積み重ねで大きな差になり、釣果につながるので大切な要素です。

ボトムズル引き

これも良く釣れますね。ボトムを取ったら、ロッドティップを横方向にスーっと動かしてボトムを這わせます。イメージとしては歩くよりゆっくりのスピードで動かす事。

ただしフラットボトムエリアでのみ有効となります。

湖底に木の枝などが多いエリアでは、根掛かりが多発しますので、出来るだけ避けたほうが良いと思います。

放置

文字通り、放置ですw

ボトムまで落としたら、放置します。

低活性時にはコレが効くときがあります。ただしアピール力は最弱なので、「ここ絶対バス居る!」という見極めが大切になりますね。それが一番難しいところなんですが…

もちろんただ単に「放置」するだけでなく、最大のコツは、アタリを上手に検知することにあります。

適度にラインスラッグ(ラインのたるみ)を取って、ラインを見てアタリをとるようにします。横や手前などあらぬ方向にラインが走ったらバイトです。飲まれないようにすぐにアワセます。

ただし、ラインをあまり張り過ぎないこと。張りすぎると低活性なバスは違和感を感じて、バイトしてもすぐに吐き出してしまいます。

そのあたりのラインの張り具合は練習あるのみ、です。

放置の最大の欠点は「飲まれやすい」事ですが、適切にアタリを検知することによってそのリスクを回避することが出来ます。

シェイク

放置ではつまらない?場合はシェイクで誘いを入れます。

スモラバだけでなく、バス釣りにおける「シェイク」全般に言えることですが、ルアーそのものを動かす、というよりは、ラインを動かす、ぐらいの力加減でアクションさせると良い結果が得られる事が多いです。

あまり強くシェイクしすぎてしまうと、バスに違和感を感じさせバイトを逃してしまいますし、せっかくピンスポットに入れたルアーがどんどん手前に動いてしまいます。

ボトムバンピング

ズル引きや放置といった遅い動きに反応がないときに、リアクションで食わせるために実施します。

バンピング、というのは跳ねさせる、という意味で、ロッドティップを素早く上に動かし、ピョン、ピョンとスモラバをアクションさせます。

イメージはエビが敵から逃げるときのピュッという動きです。エビ喰いバスに効くことがあります。

スモラバは状況に応じて多様な見せ方が出来るのも強みの一つですね。

ミドスト

「ミッドストローリング」の略です。中層スイミング、という意味。

スピナーベイトやクランクベイトなどの「巻き物」ルアーのように、リールを巻いて横方向に泳がせる事を言います。

広く探れるのが特徴ですが、スモラバのスイミングでは潜航深度をルアー側で一切調整してくれないので、一定レンジを巻いてくる事が非常に難しいです。

回収してたら喰ってた、みたいな事がたまにありますが、狙ってやるにはかなり高度なテクニックになります。

なので初めの頃はあまり気にせずに、あくまでスモラバは「縦の釣り」という認識で良いと思います。

チョウチン

実は虫系ワームのようにチョウチンしても釣れます。

シェイクするとスカートがふわふわと艶めかしくアクションし、虫系ルアーには出せないアクションを発揮してくれます。

大きさ的にもかなり「虫」っぽく使えます。

根掛かり対策

個人的には、スモラバはモノにもよりますが、ガード付きとはいえボトムを攻める際は、やや根掛かりしやすいと感じています。

根掛かり回避のコツとしては、根掛かりしてしまう場所では、出来るだけロッドを縦方向に捌きます。

また、その際にスモラバを縦方向に動かしているという事を意識しながら動かすと、なお良いです。

あとはボートの場合ですが、根掛かりしても大抵は反対側に行けば取れてくれます。

おすすめスモラバ

おすすめのスモラバをご紹介します。

Q-ON JACKSON エグジグ

まずは定番中の定番、Q-ON JACKSONのエグジグ。

DSTYLE D-JIG

最強のスモラバ使いである青木大介氏入魂の逸品。

ティムコ ベイトフィネスジグ

ティムコのベイトフィネスジグ。

オフセットフック仕様でフック交換が可能なうえに、非常に根掛かりしにくいのがGOODです。

まとめ

ほんとに良く釣れるので、まだ未導入の場合にはスモラバの釣り、ぜひ挑戦してみてください。

きっとバスを連れてきてくれるはずです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー