空中爆撃系!ソアリンシャッドⅡのフックセッティング考察。

スポンサードリンク

相模湖発祥のルアーブランド、プロフェッサーフィッシングサービス。

同社のリリースする、ソアリンシャッドⅡのフックセッティングについて考察します。

津久井湖朝練!

 

津久井湖で出社前にちょいと朝練してきました。

いわゆる「エクストリーム出社」というヤツです(死語?)

今季使い込みたい、「ソアリンシャッドⅡ」のフックセッティングを煮詰めてきましたYO!

ソアリンシャッドⅡ

 

JB/NBCプロ、そして相模湖ガイドでいらっしゃる石川 晶平氏主宰の相模湖発ルアーブランド、プロフェッサーフィッシングサービスの「ソアリンシャッドⅡ」。

小魚を偏食している相模湖バスをターゲットに開発された、高品質なハンドポワードワームです。

(ちょっと試してみてください、という事で頂いたモノです。)

空中爆撃系!なワーム

このソアリンシャッドⅡ、どんなワームかというと…石川氏の動画をご覧いただくのが一番分かりやすいと思うのですが…

「空中爆撃系」なワームでございます。

「バスに追われたベイトフィッシュが空中をぴょんぴょんする動き」を完全再現してくれるアクション。

目がイイ。子魚偏食。普通のルアーを見切る!という相模湖バスを落とす為の相模湖スペシャルです。(もちろん相模湖以外でも効くと思います)

 

スパインフック

 

ソアリンシャッドⅡのフックセッティングは、フィッシュアローの「スパインフック」、またはDECOYの「ジグ12ファインワイヤー」を使います。

「スパインフック」は元々、フィッシュアローのフラッシュJの「スパインリグ」をセッティングする為のモノ。

(ついでにフラッシュJにもリグってみました。写真右下)

 

使ったことのないフックでしたので、イザというときにフックセッティングに戸惑わないよう、フックセットのテストを実施してみます。

 

綺麗にセッティング出来た!

 

ソアリンシャッドは、1.8in、 2.3in、3.1inの3ラインナップ。

 

まずは2.3インチのフックセッティングをやってみました。(2.3インチの適合フックサイズは、デコイ ジグ12ファインワイヤー#1。)

ありがたい事に、石川教授のフックセッティングサンプル(左)を送っていただいたので、それをお手本にリグってみます。

 

薄皮一枚残すように、背骨のようなイメージで通していきます。(出来るだけ薄くセッティングしたほうが、アクション・フッキング面で有利との事)

このソアリンシャッドⅡ は、ボディ上側はハリモチを重視したノンソルト、下側はソルティボディになっているので、千切れる事なく、綺麗に刺すことが出来ました。 

 

正直、ちょっとフックセッティングが難しそう?と感じていたのですが杞憂に終わりました。

他、1.8in、 3.1inのセッティング等は教授のブログをご参照ください。(推奨タックルはPEとの事なので、そちらも追い追い実践していきたいと思います。)

お腹で水を受けて、ぴょんぴょんアクション

 

せっかくですので、アクションチェックも実施。

やや早めなリトリーブスピードで巻いてくると、丸みを帯びたおなかのシェイプが水面をとらえ、キモとなる「ぴょんぴょんアクション」を実現する事が出来ました。

私に出せるので、どなたでも簡単に、「空中爆撃」を再現できるかと思います。

この日はあいにく、上ずっているバスが居なかったので反応を得る事は出来ませんでしたが、非常に楽しみな感じです。

 

5月下旬~6月中の相模湖で…

ソアリンシャッドの’効く’タイミングを指南していただきました。

・5月下旬~6月中の相模湖

・係留船や浮きオダ、水が強く当たる急深な垂直岩盤系エリア

・水深がある、水通しがよいところにある、縦スト・浮きスト

 

まとめ

以上、ソアリンシャッドのフックセッティングについてでした。

次回は相模湖でソアリンシャッドⅡを炸裂させる記事を書ければいいなと思います♪

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です