スペーシア ギア納車!そして300kmロングドライブ&ファーストインプレ。

スポンサードリンク

スペーシアギアが納車されました。

最近の軽カーの実力はすごい。とりあえず300キロほど乗ってきたので、ファーストインプレッションです。

スペーシアギアきたよ

スペーシアギアを納車いたしました。

まあ要するにスペーシアのデザインをアウトドア風にしただけなので、スペーシアのターボ車のインプレ、という感じになるのですが、ちょっと感じたことをまとめます。

MAZDA フレアワゴン タフスタイル

ホントは、MAZDAで買ったのでMAZDA フレアワゴン タフスタイル という車名です。

でもフレアワゴンってマイナーすぎるので、もうスペーシア ギアで良いかとw

300キロほど乗ってみた

納車して、早速ロングドライブに出かけてきましたよ。

自宅のある神奈川県相模原市から、妻の実家である茨城県龍ヶ崎市までです。

行きは高速、帰りは下道でじっくりとギア太郎を味わってきました。

まずはファーストインプレッションということで、感じたことをまとめておきます。

ここが○

圧倒的な広さ。

軽ハイトワゴンなので当たり前ですが、圧倒的な広さと開放感があります。

幅は狭いですが、頭上空間の広さが、これほどまでに開放感を生み出してくれるとは。

またチャイルドシートへの子供の乗り降りも、ステップが低いし、頭上も高いのでめちゃくちゃ楽。

日本のガラパゴス軽自動車、悪くないです。「圧倒的子育て捗りカー」ですなこれは。

広大な室内スペースは釣り車としても間違いなく捗る、というのが嬉しいトコロ。

上質なR06Aターボエンジン

うん、エンジン良いです。パパのワガママでターボ付きにして良かった。

ノンターボも試乗したのですが、ターボ付きはかなり印象が違いますね。トルク1.5倍は伊達じゃない。なんだか回転フィールもターボ付きの方が良いような!?

無闇に回転が上がることが無いので、静粛性も高いです。

早速常磐道にも乗りましたが、高速&日常使いでパワー不足を感じることはほぼ無いレベルに仕上がっていますね。

それと、セルモーターの音が思ってたよりもマシな音で、これは嬉しかったですね。なんか軽自動車ってセルの音が安っぽくて興ざめするなあ。と思っていたのですが、最近のKカーはその辺もちゃんと上質になってました。

やたらと明るいLEDヘッドランプ&フォグランプ

LEDヘッドランプ&フォグは初体験なんですが、ホントやたら明るいです。

めちゃくちゃ視認性が良い。ナイトドライブが快適ですなあ。

またHIDみたいにライト付き始めが青くて、途中で色が落ち着いてくる、みたいな感じがなくて、最初からしっかりと色温度が安定しているという印象。これも見やすさに繋がっています。

(ちなみに丸目のヘッドランプユニットは新型ジムニーと共通です)

てっちん風アルミが可愛い

てっちん風アルミホイールのデザインがナイスです。でもいっそてっちんでも良いんじゃないかと思いますがw

それで安くしてくれ、って感じです。

クルーズコントロール&パドルシフトイイ

ターボ車限定ですがクルコンとパドルシフトが付いています。

もう普通車顔負けの豪華装備。いずれもパパ的に有能な装備です。

軽カーであることを忘れさせてくれるデキ

ざっくりとした総評ですが、運転していると、ふとKカーを運転しているということを忘れてしまいそうになる程、快適で上質感があります。

昔、スズキエブリイの3ATターボをバイクレースのトランポとして乗っていたことがありましたが、その頃の軽と比べるとまさに隔世の感、です。

エブリイは100キロ出したらぶっ壊れそうな感じだったもんなあ。まあそのヤバイ感、頑張ってる感が楽しかったりもするのですが。

 

ここが×

結構ロードノイズが入ってくる

遮音性能が低めで、80キロ〜100キロほどで巡航すると、ロードノイズが気になりました。若干会話も声を張る必要があります。

せっかくエンジンの静粛性が高いのに、もう一段階遮音性が高いとより快適になるかと思います。

20km以下の時のCVTのセッティング

これはあくまで個人的な感覚ですが、発進加速時(20km以下)の時、わざと回転をあげて、意図的に発進加速を高めているようなCVTのフィーリングが感じられました。

(アクセル開度よりもたくさん加速する、という感覚)

多分、発進加速がそこそこ良い、と思わせるような仕掛けではないかと思います。

あまりモタモタするよりは良いですが、なんだかあざといセッティングのような気がしました。

強い入力があると暴れる足回り

足回りもとてもよく出来ていて、普段はしつけが良く、普通車並みの乗用感覚が得られるサスペンションです。

トールワゴンでかなりの重心高であるため、それなりに締め上げて不安感を払拭している感じです。とはいえ決して固すぎず、絶妙なバランスの良い足です。

ただし、ちょっと強めの入力があった際に、ドシン!とチープな突き上げ感を伝えてくることがあります。これだけは残念。普段良いだけに、なおさら目立つんですよね。

NBOXだとこのへんがもっと洗練されてたのかしら。

安全装置がうざい:車線逸脱警報

車線逸脱警報が、こちらが思っている以上に早いタイミングで介入してくるので、それがちょっと不愉快です。

かなり頻発する感じなんですよね。

いや、逸脱してないよ?wみたいになります。感度は調整できないっぽいし…これはちょっとマイナスです。

ワイパーが..

ワイパーの切り替えが3段階なんですが、自分にあった間隔の設定がないことが多々ありました。

まとめ

メインカー不要論が、浮上しそうなほど良く出来てました。

次は釣りにいって、釣り車としての使用感をお伝えしようと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です