【小ネタ】新品のスピナーベイトやラバージグのゴム管(フックカバー)の外し方!

スポンサードリンク

小ネタです。新品のスピナーベイト等のフックに付いてくるゴム管(フックカバー)の外し方どうしていますか?

ハサミでチョキンと切って外しているのですが、外し方次第では難儀する事がありました。

スピナーベイトやラバージクのフックカバー

これをフックカバーと呼ぶべきか分かりませんが、新品のスピナーベイトやラバージクのフックに付いてくるゴムチューブ(ゴム管)みたいなやつのスムーズな外し方をご紹介します。

(あの、赤いヤツです!)

ハサミで切る

写真のような方向で、刃を入れてハサミでちょん切ります。

すると2つにパカっと開いて、ぽろっと簡単に取れてくれます。

これがもっとも外しやすいやり方だと思っているのですが、いかがでしょうか。

 

ラバージグにもたまに付いてますよね(*´з`)

ペンチで抜こうとしてた

何故こんなアホな記事を書いているかというと、初心者の頃、これの簡単な外し方が分からず、苦労した覚えがあるからです。

あろうことか、ペンチで挟んで抜こうとしてました。当然カエシがガッツリ引っかかって全く取れないんですよね。

思い切り引っ張れば取れないことも無いんですが、取れた反動でフックが指に刺さったりしてマジ危ないw

お気に入りのハサミ紹介

というわけで、スピナーベイト等のフックカバーの外し方でした。

これだけじゃアレなんで、お気に入りのハサミをご紹介。

コーモランのPEシザース。こいつの良いところは、ハサミの可動部が適度に重たい事。

安定して切れるし、その名の通りPEラインがスパスパ。PE以外のモノもさくさく。切れ味も落ちにくいっす。

SMITH PEシザース

 

 

こちらも定番製品のSMITH PEシザース。

安価で頑丈な名作。

まとめ

アホな記事失礼しましたw

でも過去の私が読んだらあーそうやって取ればイイんだ!ってなるはずなのでww

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

4 件のコメント

    • コメントありがとうございます!
      なるほど、他に頂いたコメントでも、回して引き抜く派の方が多いみたいでした(*’▽’)
      やってみたいと思います★

  • 無理に引っ張る人、これ私です(笑)前からかなりストレスだったんで助かりました。
    次からは切ります。

    • コメントありがとうございます(*’▽’)
      かなりスムーズに取れるのでおススメです★ちなみに何名かの方からコメント頂いたのですが、くるくる回転させると簡単に取れるとの事でした!こちらも試してみたいと思います♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です