表層系ならスピニング+PEラインセッティング。浮くルアーには浮くライン。

スポンサードリンク

ムシ、小型フロッグ、I字系…

表層シーズン開幕という事で、スピニング+PEセッティングを楽しんでおります。

表層系はスピニング+PEでキマリですね(*’ω’*)

そのメリットや表層系におススメのPEラインをシェアします。

スピニング+PEラインセッティング

 

スピニング+PEラインセッティングというとなんだか難しそうな感じがしますが、単にいつもフロロラインを巻いているスピニングタックルをPEラインにするだけです。

自分の場合は直結でやっているので、本当にラインをPEにするだけ。

東レ ルアーPE

 

でもPEラインは高いしなあ。と思っていたのですが…

安価で高性能なPEラインが多数リリースされております。

東レのルアーPEがおススメですね。

75m巻きで実売1200円ぐらいと、下手したらフロロより安いかも。いや、モチを考えればむしろフロロより確実にお得です。

使用感もしなやかでコシのある優等生。

そしてカラーリングが、グレーに白のマーカー付きで非常に視認性が高い。

以前はバススーパーPEでした

 

以前はサンラインのバススーパーPEを使っていたのですが、深いグリーンでリザーバーの水色と同化してしまい、ちょっと視認性が悪かったのです。

バススーパーPEも総合的な性能はGOODなのですが、どうも視認性が低いと表層系や虫系はやりずらいのです。

(逆に言うとバスから見てもナチュラルなのかもしれませんが…)

 

以下PEスピニング+表層系の3つのメリットです!

1.圧倒的なコストパフォーマンス

知られているようにPEラインは圧倒的な耐久性能を誇ります。

一度巻いておけば、毎日釣りをするハードユーザーでない限り、半年とか一年単位で使う事が可能です。

2.ムシや表層系の扱いやすさ

 

とにかく虫や表層系のルアーとの相性は抜群で、もうフロロには戻れません。

PEの「沈まない」という特性を活かして、表層系のルアーの操作性を劇的に上げることが出来るのです。

「沈んでほしくないルアーに沈まないラインを使う」ごく当たり前の法則ですが、非常に気持ちいい使用感が生まれます。

(PEラインは単体では水より低比重、フロロやナイロンに比べ沈みにくい)

3.キャストの飛距離

そして圧倒的なキャストのしやすさと飛距離。

ムシや小型フロッグ、エラストマー系の小型ルアーって、自重がめっちゃ軽いものが多いですよね。

フロロだとほんと飛ばないです。

それがPEにするだけでびっくりするぐらい良く飛ぶ。今までのフロロの苦労はなんだったのか、というレベルでぶっ飛ぶ。

直結派?リーダー派?

TOP50の佐々氏が野良ネズミを使うとき、直結セッティングという話をバサー誌で拝見してからは直結しちゃってます。

プロが直結なんだから、大丈夫だろう、という考えです。

今のところ、バスの口で擦れてパツンと切れた!とかは無いのですが、ここは数を釣って検証するしかないですね!

 

野良ネズミ

 
高速ドッグウォークなこんな子や… 

ソアリンシャッドⅡ

 
空中爆撃系のあの子も…

青木虫ミッド

 

最強バスプロの秘蔵っ子も…

みんなPEスピニングで幸せに。表層系が大変捗ります!

 

デメリット

もちろんPEスピニングも万能ではありません。

ティップに絡みやすい

ロッドティップに絡んでトラブルになる事が起こりやすいです。

ダウンショットなどは不向き

当たり前ですが、ダウンショットなどのリグには不向きです。

まとめ

表層系をやるなら最強ともいえるPEスピニング。

もうフロロには戻れません!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です