スタッガーワイドツインテール4インチ+スライドフォールジグ!ブルフラットが売っていないので浮気です…

スポンサードリンク

ハイドアップのスタッガーワイドシリーズ専用ジグ!?としてリリースされているスライドフォールジグ。

スタッガーワイドツインテール4インチと組み合わせて使用してみました。

ブルフラットが売っていないので浮気です…

 

HIDEUP スタッガーワイドツインテール4インチ+スライドフォールジグ

 

HIDEUP スタッガーワイドシリーズに使用する、ちょっと軽めのジグを探していたところ..

スタッガーワイドシリーズのアクションを最大限に活かすことが出来る、というスライドフォールジグなる製品を発見。

素直に、セットで購入してみました。

セッティング方法

 

ちょっともったいないですが、頭の部分を2関節ほどハサミで切ってからセッティングすると、ジグとワームの一体感が高まり、より美しくリグれます。

また、ワームの頭部分の身切れもしにくくなります。

写真では3関節ほど切ってますが、2関節の方がより良かったです。

 

さらにギル系ワームは自重がかなりあるので、ジグトレーラーにした際にズレがとっても気になりますが、FINAのトレーラーロックを装着すれば、ズレナシ。

ギル喰い特化型最強ジグの完成です。

 

専用設計!?なのでフィッティングはGOOD

 

 

とても美しくリグれました。専用設計なので、素晴らしいフィッティング。

ジグとワームが一体化したような美しさです。

使用感

「スライドフォールジグ」というネーミングから、結構横方向にスライドしてくれるのかな?と思ったのですが、意外と垂直にちかいフォールアクションでしたw

ただしこれは普通のスタッガーワイドよりも、ツインテールのほうがスライド量が控えめな感じになっているので、ツインテールを使ったことによる効果も大きいと思います。

 

あとは4インチの自重も関係しているかと。

もともとスライドフォールジグはスタッガーワイドの2.7や3.3インチを前提にしてリリースされているようなのです。

 

もちろんフォールだけでなく、コツコツと岩盤エリアを舐めたりしても、根掛かりにくいヘッド形状でした。

マルチな感じに使えるという印象です。

懸念点

4インチを使用する場合、ワームのボリュームに対して少しフックサイズが小さい気がします。

実際にすっぽ抜けが発生してしまいました。(ちゃんと魚体が見えた状態です)

HIDEUPの公式HPに記載があるように、4インチで使用する場合はトレーラーフックを装着したほうが良いのか??

ここが少し悩ましいところです。

 

HIDEUP スタッガーワイドツインテール4インチ

 

今回、スライドフォールジグに合わせたのは、スタッガーワイドツインテールの4インチ。

 

スタッガーワイド4インチがとても良好な使用感だったので、ツインテールの方も試してみたのです。

 

スタッガーワイドとスタッガーワイドツインテールの差

見たまんまですが、ツインテールでアピール力がマシマシ。

テール部分の抵抗が大きいので、フォールスピードが遅いです。

また、フォール時のスパイラルはオリジナルと比較し、控えめとなっております。

 

 

私がスタッガーワイドを使う理由

 

そもそも、スタッガーワイドを使い始めた理由としては、ブルフラットが売ってないから!です(爆

特に3.8インチ。いまだに店頭で見かけることがほとんどありません。一体どうなっちゃってるんでしょう..

 

ブルフラットめっちゃ釣れるし、ブルフラット愛ハンパないですが…

安定供給してないルアーはちょっとなあ。という事で、どこにでも売っているスタッガーワイドに浮気してしまいました。

 

結果、ブルフラットとほぼ同等の使用感で使うことが出来ます。

むしろシャッドテールとなっているテール部分によって、巻きでも誘えるので、ブルフラットよりも使い勝手がイイかも!?

ブルフラットプンプンです。

 

まとめ

以上、スタッガーワイドシリーズ+スライドフォールジグの使用感でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です