HIDEUP スタッガーワイド4インチ インプレ。ギル系ワームの雄。

スポンサードリンク

ギル系ワームといえば、個人的にブルフラットをよく使っています。

しかし同じものばかりを使っていても面白くないので、HIDEUPのスタッガーワイド4インチを使ってみました。

 

HIDEUP スタッガーワイド4インチ

 

吉田秀雄氏主宰のHIDEUPからリリースされている、スタッガーワイド4インチ。HIDEUPのワームを初めて購入してみました。

扁平形状のギル型ワームにカテゴライズされるワームです。

ボディ上部は完全にフラット形状で、シャッドテール形状。

 

シャッドテールですが、パッケージはブリスターパックではなく普通の袋です。(写真追加しておきます 汗)

癖がついちゃうのでは?と思ったのですが、パッケージの’マチ’が大き目にとってあり、入り数も少な目なので大丈夫でした。

カラーとか、マテリアルとか

 

カラーは「シニカケギル」。カラーリング名称、実際のカラー共にとても良い感じの色です。

HIDEUPのワームは他のカラーもイイ色が多いです(*^^*)

 

マテリアルは塩分多めのやわめなヤツ。ゲーリーマテリアルに近いでしょうか。

その為ハリモチは少々悪め。扁平ボディにすぐに割れ目が出来てしまいました(;^ω^)

ですが比較的シンプル形状で、Fix-A-Lure等で修復しやすいので許せますw

 

あとパッケージ内はオイルでヌラッヌラに濡れています。

オイルで柔らかくしておいて、テールの癖がつくのを防いでるのかな?

ジカリグで

 

とりあえず直感的なチョイスで、ジカリグで使ってみました。

フォールベイトとして秀逸

フォール姿勢は、ブルフラットと似ており、綺麗なスパイラルフォールです。

ただ、テール部分の抵抗がブルフラットより大きいため、よりねちっこくアピールしながらフォールしていきます。

かなりイイですねえ。

フックセッティングにコツあり

ハイドアップのHPを拝見したところ、フックセッティングにコツがあるようです。

針先をあんまり出しちゃいけない、との事。めっちゃ出してました(汗

スイムバランスにかかわるそうなので、次回から順守したいと思います。

ノーシンカーが推奨

HIDEUPのHPを参照してみたところ、もっとも推奨される使い方はノーシンカーセッティングという事でした。

ちょっと試してないので、追記しておきます。

 

扁平ボディによる上方向への強い水押しと、ボディ全体の’ひねり’が出るそうです。

 

※ちなみにジカリグでも、回収時にグワングワンと上方向に水を押しながら、左右にひねりつつ、戻ってきました。

なんというか木の葉が落ちるときのひらっ、ひらっ、みたいな感じ。

ちょっと他のワームでは出し得ない不思議なアクションの持ち主です。

この’見慣れない感’が効くという事でしょうか。

 

まとめ

以上ハイドアップ スタッガーワイド4インチについてでした。

ギル型ワームもそれぞれ個性があって楽しいですね(‘ω’)

かなりイイバイブスを感じたので、もっと深く考察して追記いたします(;´・ω・)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です