ショットストーミーマグナム まっすぐ泳がない件。 SKT マグナム105MR との違い。

スポンサードリンク

noriesショットストーミーマグナムと、ラッキークラフトSKT マグナム105MR。

流行のカテゴリー、「マグナムクランク」に属する両者。

大きさ、重さはほぼ互角ですが、泳ぎの質がまるで違うものに仕上がっていました。

「ストーミー」は、’優しい嵐’。「SKTマグナム」は’一撃必殺系’。両者の特徴をシェアします。

マグナムクランク

dsc_0121

 

流行のマグナムクランク。

ラッキークラフト SKTマグナム105MRと、noriesショットストーミーマグナムをスイムテストしてきました。

そのサイズから、両方とも、「超トルクフル、超水押し」なルアーなので、荒れたとき、濁った時が出しどころ?のはずですが、両者のアクションには明確な違いがありました。

その立ち位置の違いをシェアします。

SKTマグナム105MR

SKTマグナム105MR

SKTマグナム105MR

 
 

ロール、ウォブルともにトルクフルで、安定した泳ぎ。ぶりぶり泳いで、強い水押しを発生させます。

リトリーブスピードの変化に対する対応が秀逸で、早巻きしていっても、全く姿勢を崩さない。

強波動、強アピールで、強い濁りや荒れに効果的なハズ。

安定したアクション、強力な波動を発生させてアピールさせたいときはSKTマグナムをチョイスすると良いでしょう。

nories ショットストーミーマグナム

nories ショットストーミーマグナム

nories ショットストーミーマグナム

優しいマグナム

対してショットストーミーマグナムは、ウォブル、ロールともに控えめ。

「ストーミー」のネーミングから想像するに激しいアクションを想像していたのですが、むしろ逆で、控えめなアクション。

巻き抵抗もさらりと軽い。noriesプロスタッフ、伊藤巧氏曰く、「優しいアクション」とのことですが、まさにその通りで、強すぎないマグナムクランク。

実際に泳がせるまで、こんなデカイクランクベイトが「優しいアクション」とはコレいかに。と半信半疑でしたが、ぶりぶり系のSKTマグナムと比較すると、その差をはっきり確認することができました。

適度にチドる

 

 

そして最大の特徴は、「適度にチドる」ところ。

リトリーブスピードを上げると、あえて直進安定性を崩しているような動きを見せます。

「優しいアクション+適度なチドり」によって、スプーキーなバスに対して警戒心を持たせることなく、バイトに持ち込めるリアクション要素を持たせています。

マグナムクランクならではの高い集魚力を持ちつつ、「優しいアクション+適度なチドり」が欲しいときはショットストーミーマグナム。

まとめ

ガチのライバルである両者には、決定的なアクションの違いがありました。

両方購入して、使い分けを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓マグナムクランクはこんなロッドで投げています★

 

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です