シマノ ストラディックCI4+長期インプレ。 バス釣り初心者に すすめる3つの理由。

スポンサードリンク

軽量リールの雄、レア二ウムCI4+の後継機種である、ストラディックCI4+

その実売価格の安さに見合わない高スペックで、上位機種殺しの異名?すら持つ、新世代のスタンダード機です。

購入して半年が経過しましたが、欠点の見当たらない、優れたプロダクトです。

そんなストラディックCI4+の使用感を改めてお伝えすると共に、エントリーユーザーに最適なモデルである理由をシェアします。

最初に買うべきリール

ストラディックCI4+のオハナシに入る前にちょっとだけ、昔話。

私は、バス釣りに本格的にハマりだしてから3年ぐらいです。

 

本格的にハマりだす前に、まずはちょっとだけやってみようということで、SHIMANOの’10ナスキーと、メジャークラフトのバスパラを購入して、バス釣りをやってみることに。

 

まあそれまで釣りをしたことはあったので、普通にそのタックルで釣ってました。

当時はそれしか触ったことがなかったので、別に普通に感じていました。

 

最初からお金かけてもいいじゃない

 

結果、普通に釣る分には問題ないタックルでしたが、後に繋がらないのも事実。

少しやりこんでくると、物足りなくなり、使わなくなります。

 

別に高いタックル至上主義ではありません。

 

「高い道具じゃないと、ダメな風潮」は嫌いな方です。

自分が気に入ったものを使えばそれが一番だとすら思います。

高いモノは良い

しかしやっぱり高いモノは良いんです。

バス釣りにどっぷりとハマるかどうか分からない時点で、高級なタックルを購入するのは勇気がいります。

それは私もそうでした。

 

だからナスキーとバスパラにしたんです。

でも、バス釣りに興味があって、ナスキーとバスパラを購入するほど、バス釣りのクチになっているのであれば、もう少し高いタックルを購入するべき。

 

なぜなら、バス釣りはとても楽しいからです。

タックルを買ってバスを釣れば必ずハマります。

 

もしハマらなかったら、売ればいいんです。

良い道具は高く売れるので、ナスキーとバスパラを買うのとコスト的には変わらないでしょう。

前置きまとめw

長すぎる前置きすいませんw

何が言いたいかというと、そこそこの道具を最初から購入するべきなんです。

そこでおすすめなのがストラディックCI4+という訳です。

本題に入りましょうw

 

ストラディックCI4+

SHIMANO ストラディックCI4+

SHIMANO ストラディックCI4+

 

 

その実売価格に似合わぬ高性能ぶりを発揮するストラディックCI4+

 

兄貴分である、4万円オーバーの高級リールであるヴァンキッシュ譲りのMGL(マグナムライト)ローターによる、超低慣性。

軽量カーボン素材であるCI4+をふんだんに使用した超軽量ボディ。

 

触り程度に特徴を説明するとこんな感じです…

 

より詳しい内容はSHIMANOのHPや、他のブロガーさんの記事を参照していただくとしてw

当記事ではその使用感と、エントリーユーザーにオススメな理由を説明したいと思います★

 

軽いは正義?

SHIMANO ストラディックCI4+ 2500 HGS

SHIMANO ストラディックCI4+ 2500 HGS

まずはその、圧倒的な軽量設計。

バス釣りで使用することの多いであろう、2000番と2500番の自重は以下。

C2000HGS 160g
C2500HGS 180g

⁽実は先代のレア二ウムCI4+と、自重は変わっていないそうですが…)

参考までに、兄貴分のヴァンキッシュは、

C2000HGS 155g
C2500HGS 175g

となっており、双方ともあと5gというところまで迫っています。

というかヴァンキッシュが軽すぎるのであって、絶対値としての160g、180gというのは相当に軽いです。

軽けりゃいいってもんでもない論

マテリアルや技術の進歩によって、ヤリスギなほどに軽量化が進んでいる、近年のロッドやリール達。

しかし、ロッドとリールを、組み合わせたときのバランスも大事で、極端な軽量化が必ずしも正義とは限りません。

 

1gのリールを想像してみた

極端なハナシですが、もし1gのリールがあるとしたらどうでしょうかw

これはもう、バランスが悪くて、非常にキャストしにくいでしょう。(ikahime脳内調べ)

やっぱり、軽けりゃいいってもんでもないです。(と私は感じます)

 

ストレスからの解放

ただし、ある程度までの軽さはストレスの低減につながり、緊張や疲れからアングラーを解放してくれます。

その解放された状態で、リラックスして竿を握っているほうが、アタリを感じやすいハズ。

つまり心労面から、魚をGETする手助けになってくれるのです。

 

アタリって、難しい。

私がバスフィッシングをやっていて、もっとも難しいと考えている作業は、アタリを判定すること。

ボトムの変化なのかアタリなのか、いまだに判定が曖昧なときが多々あります。

 

その難しい作業を手助けしてくれる軽いリールは、初心者の方にこそ、少し奮発して手に入れて欲しい。

…軽いと本当に感度が上がるのか、という問題もありますがw

そこは当記事では、考えないでおきますw

 

耐久性

SHIMANO HAGANE ギア

SHIMANO HAGANE ギア

カーボンを使用したマテリアルである、CI4+製のストラディックCI4+の、耐久性について。

フルメタルボディの、15ストラディックと比較すると、耐久性はやや劣るのでは?と考えていましたが、これは全くの杞憂でした。

使用状況

参考までに以下私の使用状況です。

ほぼ毎週末、バス釣りに行きます。

強めのスピニングロッドとPEラインのタックルで、高比重ワームやメタルバイブを使用。

遠投先で鬼フッキング、からのゴリ巻きと、そこそこ負荷のかかる使用状況だと思います。

半年ほど使用しました。

 

巻き心地の変化無し

巻き心地の変化はなく、半年がたった現在でも滑らかな回転フィールが続いています。

極めてスムースネス。気持ちいいっす。

超々ジュラルミン製のHAGANEギア、恐るべし。

巻きの釣りでも、ハンドルから伝わるノイズが少ないので、クリアに情報が伝わってきます。

 

最初のうちは、リールに負担をかけてしまいがちなので、タフネスさは大事なポイントです。

 

ライントラブルが、驚くほど少ない

SHIMANO ストラディックCI4+ ラインローラー

SHIMANO ストラディックCI4+ ラインローラー

ストラディックCI4+を使用するときに、気を付ける点は一点のみ。

キャスト後に、巻き始める際にラインスラックを張ってから巻き始めること。

当たり前すぎますね(爆

 

まあこれは、スピニングリールを扱うときの基本事項ですね★

これだけ守れば、一日ライントラブルとは無縁な性能を発揮してくれます。

 

ラインローラーの出来が良く、ラインのヨレが少ないです。

リールの性能に起因する、ライントラブルが極端に起きにくい。

 

たった一つのことに気を付ければ、快適に釣りが出来るというのは、エントリーユーザーにこそ必要な性能でしょう。

 

 

欠点

SHIMANO ストラディックCI4+ ドラグノブ

SHIMANO ストラディックCI4+ ドラグノブ

 

あえて無理やりにでも欠点を挙げるとすれば、ドラグノブがプラスチッキーで若干安っぽいという点でしょうか。

まあ実釣性能に影響はないので、問題ないですね。

 

まとめ

SHIMANO ストラディックCI4+ マグナムライトローター

SHIMANO ストラディックCI4+ マグナムライトローター

SHIMANOのものづくりの凄さを改めて認識出来る、新世代スタンダードスピニング、ストラディックCI4+。

私は発売直後に購入したので結構高かったですが、発売から半年が経ち、価格もこなれてきて買いやすくなっているのもポイントです。

 

けなす部分がほとんど見当たらないので、正直なところ、インプレッションが書きにくいのが、最大の欠点w

そんな優等生、ストラディックCI4+の使用感をぜひ味わってみてはいかがでしょう。

↓購入直後のインプレッションはコチラ★

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー