永久保存版。古今東西ストレートワーム大全集。

スポンサードリンク

市場に存在する、ストレートワームを余すことなく紹介します。

ほぼ全て網羅することが出来るのか。

目次

Z.B.C スワンプクローラー

大定番。永世定番品。

リーバイス501、コカコーラと肩を並べる永遠のマスターピース。

600円程度で、25本入り。

圧倒的コストパフォーマンスと、いつの時代も変わらない普遍的な釣果が魅力。

プリんとした硬めのマテリアルで針持ちよし。頭から尻尾まで全く同じ太さで、ほんとにタダのストレートワーム。

唯一欠点を挙げるとすれば、頭が細く、ネイルシンカーを入れずらい。

国産ワームのような、フックポイントの印や、ネイルシンカーを挿入しやすい工夫などが一切無いこと。

ただしシンプルであるというのは美点でもある、と思います。

レインズ レインズスワンプ

 

レインズのレインズスワンプ。

形はZ.B.Cのスワンプクローラーと一緒で、違いは、「エビフレーバー」が配合されている点。

そしてZOOMよりも若干柔らかいマテリアルになっています。

レインズはもともとZ.B.Cの輸入代理店をやっていたメーカー。

どういう経緯か分かりませんが、スワンプクローラーそっくり(というかほぼ同じ!?)のレインズスワンプを発売。

現在ではこちらも定番品として広く愛される存在に。

20本入り710円と、本家には負けるけど、コスパ良し。

サイズ違いの兄弟が多いのも強み。

※ネコリグに使用するなら、太い’ファットレインズスワンプ’がネイルシンカー入れやすくて調子良いです。

 

商品名 定価(税別) 入数 サイズ(inch)
レインズスワンプマイクロ 590円 22本 2.8 inch
レインズスワンプミニ 590円 18本 3.8 inch
レインズスワンプJr 690円 20本 4.8 inch
レインズスワンプ 710円 20本 5.5 inch
ファットレインズスワンプ 690円 15本 5.5 inch
レインズスワンプマグナム 690円 12本 6.5 inch

O.S.P ドライブクローラー[dolivecrawler]

絶妙なスイムバランスを持っていて、ぶるぶると震えながらフォールしてくれるO.S.Pのドライブクローラー。

これまで差のつきにくかったストレートワーム界を震撼させた、超絶ライブリーアクションが持ち味のスゴイヤツ。

「泳ぐストレートワーム」。ほんとに良く釣れる。これまで何度いい思いをさせてもらったか分かりません。

長兄の9インチがリリースされ、磐石の態勢に。

DSTYLE トルキーストレート[torquee-straight-4.8inch]

 

青木大介氏主宰のDSTYLEからはトルキーストレート。

扁平ボディによる強い水押しは他のストレートワームとは一味違う魅力を持っています。

ネコリグセッティングしたときのバランスがとても良く、フックポイントの目印なども超親切設計。

きめ細かい配慮がなされた、青木大介氏らしい逸品に仕上がっています。

JACKALL フリックシェイク

Name Length Color 入り数 Price
Flick Shake3.8 3.8in ノーマル 10 ¥710
Flick Shake3.8 3.8in 2トーン 10 ¥810
Flick Shake4.8 4.8in ノーマル ¥710
Flick Shake4.8 4.8in 2トーン ¥810
Flick Shake5.8 5.8in ノーマル ¥810

 

微妙にまっすぐじゃないストレートワーム。

夏場のタックルボックスや、車のトランク内で変形してしまったストレートワーム。

それを使ってみたらやたらと釣れる!というエピソードから生まれた、フリックシェイク。

わずかに与えられたウネリによって、プラスチックの塊に命が吹き込まれた、JACKALL謹製の最強ストレートワーム。

私は、フリックシェイクは主にジグヘッドワッキーや、マスバリチョン掛けでのノーシンカーぴくぴくなどに多用します。

ワッキー掛けしたときの動きが、とても良いからです。

逆に、頭が細いので、ネコリグには不向きです。なので私はネコリグはOSPのドライブクローラーや、DSTYLEのトルキーストレート、という使い分けをしています。

どうしてもフリックシェイクでネコリグがやりたい場合は、別に’ネコフリック’があるのでそちらをどうぞ。

JACKALL ネコフリック

 

永世定番的ストレートワーム、JACKALLのフリックシェイクの太いバージョン。

フリックシェイクはとても細いので、ネコリグ使用時のネイルシンカーの挿入感がイマイチでした。

そこでネコリグに特化した仕様でリリースされたのが、このネコフリックです。

フリックシェイク最大の特徴である、うねうねボディはそのままに、ネイルシンカーを入れやすいバルキーな頭部になっています。

ネコリグもどうしてもフリックシェイクでやりたい!という熱烈なフリックシェイクファンはコレ。

JACKALL フリックシェイクロボ

 

ROBOWORM社とジャッカルのコラボレーション。

フリックシェイクのくねくねボディを、ROBOWORM社のネオンカラーと呼ばれる鮮やかなカラーの、ハリのあるマテリアルで成型。

’ROBOWORM’は、米国の伝説的ルアーブランド。’アライブシャッド’や、’リーチ’といったハンドポワードワームで一世を風靡したメーカーです。

そんなROBOWORM社とフリックシェイクのコラボ、爆釣間違いなしです。

JACKALL Yammy(ヤミー)

 

JACKALLのフリック以外のストレートワーム。

フリックシェイク人気の影に隠れてしまっている感は否めないが、HPを見ると、’ジャッカル初のインジェクションワーム’、ということなので、歴史は古そう。

さらにフリックに反応が無いときに、ヤミーに反応がある、という声もちらほら。

250と500という、塩の配合を変えた2種類のラインナップ。

500のほうが、高比重。

ロボワーム ストレートワーム

 

フリックシェイクロボのところでもご紹介した、ROBOWORM社。

当然のことながら、ROBOWORM社にもストレートワームが存在しています。

その名も’ストレートワーム’。まんまですねw

’ハンドポワード’と呼ばれる製法で製造されており、他社のワームとは一線を画す鮮やかな色調(ネオンカラー)が最大の特徴です。

ロボワーム ファットストレート

 

ROBOWORM社のファットストレート。

その名の通り、太めなボディ。特有の美しいカラーリングは継承しています。

ROBOWORM社の提唱している、’ソルト リリース システム’により、水に漬かっている間、徐々に塩が抜けていきます。

これによりバツグンの喰わせ性能を発揮するとか。

ボレアス アノストレート

 

 

 サイズ 4.5in 
 入り数 10本 
価格 756 円(税込)

 

釣れ続けている琵琶湖発ローカルストレートワーム!アノストレートの基本となる7inchサイズからダウンサイジングモデル!アノストレートの最大の特徴となる扁平形状はしっかり引き継いでおり、ベースとなるネコリグではオリジナルモデルに比べ、ハイピッチなバイブレーションでバスを魅了します。また、ネコリグは使用はもちろんダウンショットでも威力を発揮します。7inchや5.5inchでは少し大きいと感じた時や、小規模フィールド、ハイプレッシャーでは強い味方となってくれるでしょう。

琵琶湖の超人気ガイド、長谷川耕司氏。

そんな長谷川氏がプロデュースする「BOREAS」のアノストレート

「ネコリグ」専用ストレートワームとして開発されたそう。

他のストレートワームよりも自重をもたせた、バルキーな扁平形状が最大の特長。

ちなみに、「あのストレートワーム」がネーミングの由来だそう。

 

ダイワ ネコストレート

DAIWAのネコストレート。

代表的ストレートワームである、Z.B.Cのスワンプクローラーを長期間愛用していた赤羽プロ監修。

ネコリグに対する対応力を高めています。

他社製ストレートワームに比べて、コストパフォーマンスが良いのもポイント。

ゲーリーヤマモト カットテール

 

ゲーリー!カトテ。説明不要ですねw

極限まで塩分濃度を高めた爆釣ゲーリーマテリアル。

生命体比重とも呼ばれ、フォールスピードが小魚やその他ライブベイトと同じ、という説があります。

スピニングタックルなら4in。

一昔前は、4inをノーシンカーワッキーやJHW、ダウンショットなどで使用していました。

ココ最近はベイトフィネスでスナッグレスネコリグにするのがオススメ。その場合、5inが丁度良いです。

まあどんなリグでも釣れてくれます。

ここからゲーリーが続きます。

ゲーリーだけでもかなりの種類のストレートワームがあります。

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

ヤマセン!伝説のヤマセンコー。

私のオススメ使用方法は、ノーシンカー。

センコーの何が釣れるかって、一番はやっぱりフォール!水平姿勢を保ったまま、フォールしていきます。

その「水平フォール」が一番のキモです。

スピニングは3in(4g)、ベイトタックルは5in(10g)が投げやすいです。

スピニングで3inを使用するときはマスバリのワッキー掛け、ベイトタックルで5inを使用するときはオフセットフックの2/0を使用します。

ゲーリーヤマモト 3″FAT YAMASENKO (3″ファットヤマセンコー)

 

短小極太!なヤマセンコーのファットバージョン。

なぜか3inのみにラインナップ。

ゲーリーヤマモト スリム ヤマセンコー (Thin Senko)

 

その名通り、細いセンコーです。

4inと5inにラインナップ。

4inはノーマルとの使い分けは正直難しいですが、タイトでクイック!なアクションに仕上がっているそうです。

5inはかなり細長くなっているので、センコー、の名前は忘れて、普通にストレートワームとして使用するのが良さそうです。

ゲーリーヤマモト 5in プロセンコー[PRO-SENKO]

 

スリム ヤマセンコー5inと似てね?な5inプロセンコー。

違いは、太さ。

プロセンコーは頭を太く、尻尾を細くしたデザイン。

結果、ネイルシンカーを入れやすく、シェイク時にプルプルと尻尾が震えるように。

5インチスリムヤマセンコーをジグヘッドワッキーで、5インチプロセンコーをネコリグやジグヘッド、というのが推奨使用方法。

つまりスリムヤマセンコーよりも、ネコリグに特化したのが、5inプロセンコーという訳です。

ゲーリーヤマモト ピックルワーム

 

ありそうで無かった、くびれ形状が最大の特徴。そしてテールが平べったくなっているので、縦刺しと横刺しで2WAYな使い方が可能。

新たな名作となるか!?

ゲーリーヤマモト フォールシェイカー5インチ

 

 

深江真一氏プロデュースの、ゲーリーのほっそいストレートワーム。ちょっとフリッ○シェイ○っぽい!?かも。

ゲーリーにこんなのあったんだ~、的な感じもありますw

ジグヘッドワッキーで使用すると最も良い動きを出せるように開発されました。

 ゲーリーヤマモト カリフォルニアロール

 

カリフォルニアロール。5″プロセンコーの兄弟的存在。こいつもネコリグに特化したストレートワーム。

プロセンコーのテールの波動では、弱いときに出番。

ロボワームのリーチっぽいテールが、強い波動を生み出してくれます。

ゲーリーヤマモト ウェイブモーション

ちょっとマイナーなゲーリーヤマモト ウェイブモーション。

山岡計文氏プロデュースのストレートワーム。

個人的に結構好きで、135mmという長めで存在感のあるワームなので、霞ヶ浦などのマッディレイクでバスに気づかせたい!ってときに使ったりしています。

長~いボディ、その割りにテールはピンテールっぽくなってて、繊細な水押しによる誘いもやってくれるニクイヤツ。

ゲーリーヤマモト ワッキーワーム

 

ゲーリーヤマモトワッキーワーム。やや固めなマテリアルで、水をクイックに押せることを特徴としています。

繊細なアクションが必要なときや、狭い釣り場でのテクニカルなワッキーメソッドに効果を発揮。

…やはりこれはワッキーリグで使うべきなのか?

ゲーリーヤマモト A-OK

 

これはストレートワームにカテゴライズして良いのか迷いましたが、ストレートワームの派生系ということで掲載しますw

超独創的なA-OK。(たぶんオールオッケー、という意味)

ストレートワームが十時に交差する不思議なシルエットですが、もちろん意味があってこの形。

上下に飛び出した部分にフックセットすることにより、ネコリグやワッキーリグに通常のオフセットフックを使用した、「オフセットワッキー」にすることができます。

飛び出した部分をちょん切ってアクションを変化させたり、ユーザー次第でさまざまな使い方ができる不思議なワームです。

エンジン フォールクローラー5in

 

霞ヶ浦ダンディー♪こと村川勇介氏プロデュースの、エンジン フォールクローラー5in。

ストレートワームなのに、なんだかカクカクした扁平ボディが最大の特徴。水を良く掴み、ブリブリなアクションを実現。

これに1.8gのネイルシンカーを合わせ、ネコリグの基本はコレ。と言っていたダンディが印象的な逸品。

レイドジャパン ウィップクローラー

 

レイドジャパンからは、ウィップクローラー。 レイドファンならコレで決まり。

5.5inと、4.9inという絶妙すぎるラインナップが魅力。

レイドジャパン ファットウィップクローラー

 

まんまドバミミズなファットウィップクローラー。 ここまで太いストレートワームは実は希少です。

ドバミミズ喰いのバスにマッチザベイト。

エバーグリーン ボウワーム

 

エバーグリーンからはボウワーム。ネーミングセンスが最高です。

 

前後逆リブ構造で、水をよく掴み動かします。

ガマカツ フラットストレート

 

がまかつから、’フラットストレート’。

がまかつブランドからのバスルアーといえば、LUXXE(ラグゼ)ブランドが有名ですが、このフラットストレートは’がまかつ’ブランドから発売されています。

市場によくある高比重ワームに対抗すべく?’水と同化(W.I.S.)’する、というコンセプト。

フックをセッティングした状態で水の比重に限りなく近い、自然な動きを実現しています。

サワムラ スイミーバレット

 

サワムラのスイミーバレット。

2.5inch、3inch、3.8inch、4.8inch、5.8inchと豊富なラインナップ。

ぶっちゃけ、どちらかというとマイナーな存在なスイミーバレット。

しかしながら、沢村幸弘氏がJB TOP50において、2.5inを対スモール用として愛用し、お立ち台に上がっています。

私はスモールマウスのフィールドに行った時は、ゲーリーのシルクワームか、ガルプのベビーサーディンを主に使用していますが、スイミーバレットも戦力が高そうなのでとても気になる存在です。

次回の野尻湖アタックの際は仕入れてみよう♪

サワムラ バレット

 

センコーにちょっと似てる、サワムラ バレット。高比重ソルティワーム。

ノリーズ ラッテリー

 

え?ノリーズにストレートワームあったんだ!?的なラッテリー。

かなりマイナーなので、使っている人、あまり見たことありません。

田辺哲男氏、またnoriesがハードベイトによるパワーフィッシングが最も得意とするところなので仕方ない部分ではあると思います。

(田辺さんがネコリグ使っているところ、あまり見たことがありません)

しかしちゃんとnoriesにもストレートワーム、ラッテリーがリリースされています。

noriesファンはコレで決まりですね♪

ノリーズ ラッテリー ナタテール

 

その名の通り、ラッテリーのテールを’ナタ’形状にしたもの。

3.5inとやや小さめサイズのみのラインナップし、タフフィールドでの’喰わせ’に特化。

ベイトフィッシュライクな、ぴりぴりとしたテールアクションが持ち味。

ノリーズ シュリルピン

 

これはストレートワームにカテゴライズしていいか迷いました。

エビとハゼをモチーフにした、シュリルピン。でも形状的にはほぼストレートワームですよね。

センターの絞り込みによって、フレキシブルにクネクネアクション。

昔から存在するワームでしたが、一度生産が中止。その後ネコリグ人気に合わせて復刻されたようです。

たしかに、ハゼっぽい頭の部分が太くなっているので、ネイルシンカーが入れやすい。

ケイテック イージーシェイカー

 

ネコリグでの使用を前提として開発されるワームが多い中、このイージーシェイカーはダウンショットリグでの使い勝手を最大限までに引き上げた、ケイテックの意欲作。

ノンソルトボディによって浮力を確保し、ダウンショットリグ使用時の水平姿勢に拘っています。

深いリブがオフセットフック使用時にフックポイントを隠す役割を果たし、スナッグレス性能を高めています。

ケイテックのワームはコストパフォーマンスに優れた点も評価できるポイント。

ケイテック ソルティコアスティック

 

ケイテックのセンコーっぽいやつw

’水平フォール系高比重スティックベイト’ってコンセプトもセンコーに近いです。

ただし、そこはケイテック、オリジナル性を持たせる為、2重構造を採用しています。

 

針持ちの良いセンコー、みたいな事になっているとすれば、これは是非使ってみたい。

さらにネイルシンカーを入れたときの強度を確保するために、頭の部分は硬い素材を使用している、という拘りっぷり。

恐れ入りました。

バークレイ ミッドクローラー

 

バークレイのミッドクローラー。

あまり著名なワームではないですが、兄貴分のビッククローラーとともに、琵琶湖での釣果が目立ちます。

’強い水押し’をキーワードに開発され、ビッグバスハントに使用されているようです。

まとめ

たかがストレート、されどストレート。

ただの’棒’状のワームながら、各社創意工夫して実釣能力を高めているのが印象的でした。

 

市場に存在するストレートワームを全て網羅しようと思ったのですが、沢山ありすぎて網羅しきれませんでしたw

まだまだ掲載漏れがありますので、ストレートワームまとめならこの記事!って存在になれるよう、順次追加していきたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

出典:画像は全て各社HPから拝借いたしました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です