ストライクキング KVD2.5。メリケン王道クランキング。

スポンサードリンク

王道アメリカンクランクベイト、ストライクキング社のKVD2.5を購入してみました。

ラッキークラフトのRTO2.5と比較してみます。

 

KVD2.5

 
サイズ 2.5”
ウェイト 5/8oz
潜航深度 3-5ft

王道クランクベイト、KVD2.5です。説明不要ですが、ケヴィン・ヴァンダムのクランクベイトです。

先日、津久井湖湖畔のヤグチ釣具店で購入しました。ヤグチ釣具店さんは元祖アメルア輸入代理店として有名です。

 

私はアメルアの知識がほぼ無いので、ぜんぜん分からないルアーだらけ、というのが正直なところなんですが…

 

KVDのクランクベイトぐらいは知ってるwという事でKVD2.5を購入してみました。

まあどこでも買えるヤツですが、ヤグチ釣具店で買ったアメルア、ってのがなんかイイと思いませんか?w

 

カラーは、Sexy Shad…ではなく、Sexy Blue Back Herringというカラー。

ほぼセクシーシャッドな気がするのですが、ちょっと落ち着いた感じもありつつなナイスカラーです。

 

1.5はいっぱい持ってるぜ。2.5は意外と持ってないぜ

RTO1.5とか、王道サイズはもう有り余るほど持っているクランクベイトなんですが…

2.5って意外と持ってない。という訳で購入してみました。

 

RTO2.5との比較

 

ラッキークラフトのRTO2.5と比較してみました。

王道のスクエアビルクランクベイトという事で、非常に似通ったモノを感じます。

 

リップ、ボディ各部の形状、全体のシルエットがそっくりですね。

ややKVDの方がエッジが削がれ、丸みを帯びてはいますが。

 

それもそのはず、KVDクランクベイトのデザインソースは、RTOの前身である、RCクランクベイトだからです。

ルアーのパクリオマージュが話題になったことがありましたが、本場メリケンルアー同士でもオマージュやリスペクトが起きているという事ですね。

 

アクション

 

アクションの違いは…

両者は極めて似ており、これがアメリカンスタンダードなスクエアビルクランクベイトなんだろうな、っていう泳ぎです。(雑)

どちらも適度に千鳥るという特性も持っています。

正直自分レベルのアクション解析能力だとほぼ同じである、という風に感じました。

あとはタカヒロ・オオモリファン?ケヴィン・ヴァンタムファン?ってな具合でお好きな方をどうぞ。という感じ。

(ちなみに、KVDは安価なのが嬉しいですね。)

 

やや大味w

 

仔細に細部を観察すると、リップの付け根の塗装がややリップにはみ出ていたり、アメルアらしい風情です。(ちなみに、生産国は中国製です。なのでチャイナ品質?)

フックを交換

 

マイルドな?純正フックをRYUGI ピアストレブル#3に交換。

2.5のサイズ感だと#3がほぼ純正相当のサイズです。

古き良き設計のアメルアに、最新のフックを装着した姿がめっちゃイケてると思うのですがいかがでしょうか(*’▽’)

戦闘力UPさせておきました。

 

まとめ

もうクランクベイトはたくさん持っているのについ買っちゃうヤツw

ぴかぴかのクランクベイト達がタックルボックスで待機しております…

フックサークルで汚さなくては。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です