スタジオコンポジット RC-SC EX PLUS インプレ。ゴリゴリのパワーハンドルは何をもたらすのか。

スポンサードリンク

スタジオコンポジット製のカーボンハンドル、RC-SC EX PLUS STRONG MINDを購入してみました。

ゴリゴリのパワーハンドルは何をもたらしてくれるのでしょうか。

 

スタジオコンポジットRC-SC EX PLUS STRONG MIND MODEL 88mm

 

スタジオコンポジットのカーボンクランクハンドル、RC-SC EX PLUS STRONG MIND MODEL 88mm が着弾しました。

deps プロスタッフ山田祐五氏のシグネチャーモデルです。

・88mmというカスタムハンドルとしては短めなレングス設定

・5㎜厚カーボンプレート。

・中空構造のラウンドスクエアーカーボンノブを特殊ラバーコーティング

 

という事で、琵琶湖のパワーゲームスペシャル、的なハンドルですよね。多分カルコン200とか、’12アンタレスに装着するヤツです。

購入動機

バスライズのカスタムで、個人的にリールカスタム熱が高まっておりまして…そしてこういったパワー系のハンドルが何をもたらしてくれるのか、非常に気になっていた為です。

また、バスライズに合う黒っぽいかっこいいハンドルを探していました。

それと、大事な点ですが、ロングハンドルすぎるとリールに負担がかかると思うので、樹脂ボディでタフとは言えないバスライズでも大丈夫そうな全長のモノ(88㎜)という事でこちらをチョイス。

キット内容

 

ややお高い価格設定という事もあってか、シマノ、アブ&ダイワ、左右共に装着可能なロックナットがフルセット。

 

また、ハンドルノブリムーバーまで付属しています。

私はヘッジホッグスタジオさんのハンドルノブキャップリムーバー があるので、不要ですが、かなり充実している感じ。

装着してみた

 

 

とりあえず、装着してみました。バスライズに(爆

バンタムとかカルコンに付けたい欲望を抑えつつも、バスライズにもなかなか似合うじゃないですか。

異常なまでにタフ。

 

5㎜厚のカーボンプレートは圧倒的な剛性感と見た目の迫力です。(純正との比較。)

かっちり感、安心感がすごい。

極太ノブの巻き心地は?

 

さすがにデカすぎないだろうか?というハンドルノブですが、まあ握ってみると案外悪くない感じです。

力の入れやすさ、という意味では理にかなった形状です。

(ただ、ここまでデカいと手に合う、合わないがあるとは思います。)

取付しやすい仕様で安心

 

このRC-SCシリーズについて、ちょっと心配していた点が、装着に少しコツがいるかも?というところです。

他のRC-SCハンドルの取付レビューを拝見すると、穴が経年劣化防止の為、キツめに設計されており、グリグリとねじ込むように装着する必要がある、という話があったのですが…

しかし実際に届いた製品は仕様変更したのか、ハンドル装着は金属のアタッチメントを介する仕様となっており、非常に簡単に取り付けることが出来ます。

この辺はかなりありがたいですよね。

ハンドル交換してみての所感

という訳で、かなり高額な社外ハンドルを装着してみたのですが、所有欲を満たしてくれる逸品であることは間違いありません。

眺めて、触ってニヤニヤ出来るヤツです。

また、もはやこれでしか得られないといってもよい極太ノブの感触も、力強い握りこみのしやすさという意味ではこれ以上のモノはないと思います。

なるほどパワーゲーム派の方々が、一度使うと手放せなくなるというのはこういう事なのか、と。

正直、ミドルクラスのリールが買えてしまうお値段という事もあり、購入するのにはかなり勇気が要りました。

しかしスタジオコンポジットさんのハンドルは非常に人気があるので、リセールバリューも良く、そういった意味でも気になっている場合は思い切って購入してみるのもアリだと思います。

欠点

この手のハンドルあるある?ですが、売り切れがとにかく多くて、ちょっと困りました。

↑こういう、EVAグリップのベーシックなヤツならちょっとお安いんで、ホントはこっちが良かったのですが、売り切れでした…

まとめ

以上、スタジオコンポジットRC-SC EX PLUS STRONG MIND MODEL 88mmについてでした。

使用感を長期レポートしていきたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

カーボンクランクハンドル RC-SC EX 88

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です