GY/ティムコ スーパーグラブシャッド3インチ。グラブ+シャッドテールとか胸熱!レッグワームと全然違った!

スポンサードリンク

ゲーリーヤマモトからリリースされたシャッドテールワーム、スーパーグラブシャッド。

レッグワームに続く第2の’釣れ釣れシャッドテール’として君臨出来るのか!?

その使用感をシェアします。

ゲーリーヤマモト スーパーグラブシャッド3in

 

ゲーリーヤマモト/ティムコからリリースされた、スーパーグラブシャッド 3inch

スーパーグラブのテールをシャッドテール化したワーム、という事で、釣れる要素×釣れる要素のヤバいヤツ。

スーパーグラブ、っていうのはいわゆる「4インチグラブ」よりちょっとだけ大きいサイズのグラブの事で、ティムコから復刻盤が販売されています)

 

ゲーリーヤマモトの小型シャッドテールという事で、生粋のレッグワーム大好きメンとしては、気になりすぎるヤツ!

逆になんで今まで無かったのか!?というシロモノですよねぇ。

という訳でリアクションバイト~w

雰囲気を確かめてみました。

 

レッグワームとの違い

 

3インチという事なので、レッグワームの2.9インチと比べてみました!(まじまじと眺めてみたw)

レッグワームと何が違うのよ?ってとこなんですが..ボリューム感が全然違います。

’スーパーグラブ’のボディなので、当たり前ですが二回りくらいバルキーで、存在感がありました。

これだけ違うと、アピール力や飛距離が結構違ってくる!と思います。

 

あれ、レッグワームってこんな細かったっけ!?ってな具合です。

 

テール部分

 

テールの形状もかなり違います。

レッグワームの、いわゆる「フリーズアクション」と呼ばれる、動き過ぎないテールに比べ、スーパーグラブシャッドのそれはきびきびとよく動きます。

フックサイズ

 

フックサイズは、1/0をセットしてみました。

結構バルキーなので、1/0ぐらいが丁度いいと思います。

イモとして再利用出来る!

当然ながら、イモとして再利用出来るのも強みの一つ。

レッグワームは、ギルとかにテールかじられちゃうとその後は残念な事になってしまいますが、スーパーグラブシャッドなら、有効活用出来ちゃいますね!

これは貧民バサーにとって非常に嬉しい!

まとめ

グラブのボディ+シャッドテールという事で、もはや釣れるかどうかの検証が必要ないぐらいの鉄板ワームです。

ダウンショットヨシ、イモ的にノーシンカー転がしもヨシ。ジグヘッドリグなんかも相性良さそう。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です