【’18ダイワ新製品】トシィの奥義、SV LIGHT LTD-TN debut! 軽~中量級の新ジャンル誕生か??

スポンサードリンク

ダイワの’18新製品、SV LIGHT LTD-TN。T.Namikiシグネチャーモデルとしてデビューします。

SV(ストレスフリーバーサタイル)と、AIR系の融合、との事ですが、狙いはどんなところに??

どのような位置づけのモデルなのか、整理してみます。

ダイワ SV LIGHT LTD-TN

SPEC

SV LIGHT LTD-TN ギヤ比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 糸巻量(フロロ lb-m) ベアリング数(BB/ローラー) メーカー希望小売価格(円)
6.3R 6.3 148 4 8-40~80 11/1 48,500
6.3L 6.3 148 4 8-40~80 11/1 48,500
8.1R 8.1 153 4 8-40~80 11/1 48,500
8.1L 8.1 153 4 8-40~80 11/1 48,500

SV&AIR系の融合モデル

【SV LIGHT LTD-TN】のメインテーマは、「SVとAIRの融合」

 

SS AIRに代表される、ダイワのベイトフィネス機「AIRシリーズ」は、浅溝軽量スプール「AIRスプール」を搭載。

このスプールは驚異的な軽さを誇りますが、ラインキャパが8lb-50mと、非常に少なめで、強度的にもベイトフィネス専用と言えるモノでした。

 

「AIR系の軽量ルアーへの対応力を残しつつ、もう少し太糸を巻いて、軽~中量級ルアーに対応したい。」

 

そんな要求にこたえるべく、AIR系の良さを生かしながら、「SVスプール」を深溝化して装備したのが、SV LIGHT LTD-TNです。

 

 

「SVスプール」は、2013年ごろに登場した、ダイワバーサタイル機のコア技術、SVコンセプトにおける軽量スプールの事。

軽量リグから重量級ルアーまで幅広く扱えて、バックラッシュが極めて少ない(ストレスフリー)という特徴を持ちます。

上記特徴を持ちながらも、耐久性を犠牲にしていない為、SV LIGHT LTD-TNのコンセプトにぴったりという訳です。

 

 

つまり、バーサタイル機と、ベイトフィネス機の間を埋めるリール、という事ですね!

 

T.Namikiシグネチャー第2弾!

スティーズ リミテッド SV TN(Toshi Namiki バージョン)に次ぐ、並木敏成シグネチャーモデル第2弾としてのリリースとなります。

旧スティーズまたはSS SVベース?

出典:t-namiki.net

熟成が進んだ旧スティーズSVベースでしょうか。

一個前の、TW(Tウィングシステム)がまだ搭載されていないころのスティーズです。

(現行のスティーズは、「’16スティーズSV TW」ですね。)

 

または、AIR系のSS AIRベースのどちらかと思われます。

デザインも、まさに「融合」的な感じで、旧スティーズとSS AIRの顔つきをMIXしたようになっています。

 

以下特徴となります。

深溝化したG1ジュラルミンSVスプール

先述しましたが、スプール径32ミリのG1ジュラルミン素材を用いたSVスプールを深溝化して、搭載しています。

【SV LIGHT LTD-TN】という事で、モデル名に「SV」の名前がついていますね。

 

80mmカーボンハンドル

高価なカーボンハンドルを標準装備。

軽量化に拘りぬいた並木敏成氏ならではの装備。

ギヤ比

ギヤ比は、撃ちと巻きに対応する、8.1、6.3のラインナップ。

新ジャンル!?

シマノの’18新製品、アルデバランMGLのコンセプトに近い存在かもしれませんね。

バーサタイルとベイトフィネスの中間を突くモデルが、’18年に両社から同時発売というのは興味深いところです。

何かこう、新ジャンル的なモノが生み出される可能性もあるかもしれませんね。

「ミドルフィネス」的な。…ないかw

まとめ

新たな潮流、「ベイトフィネスよりちょっと重いヤツを快適に。」というコンセプト。

今後の製品ラインナップの要注目ポイントではないでしょうか。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です