スイッシャー(プロップベイト)まとめ。ハマるとライトリグを超える釣果を生み出す。

スポンサードリンク

ハマると強い!

高速で回転するプロップと、ゆっくり引きが可能な、相反するアクションを出せる「スイッシャー(プロップベイト)」系ルアーをまとめました。

スイッシャー(プロップベイト)とは

 

出典:ティムコ

前後またはどちらかに回転するペラを装備したトップウォータールアーの総称。

トップウォーターの一種ではあるが、シンキングタイプのルアーが多く、リトリーブスピードによって表層から表層直下を攻めることが可能なルアーです。

 

ほとんどのルアーが、ボディ本体の動きを極力抑えた’動かないアクション’となっていて、ルアーアクション的には、’I字系’などとも呼ばれることがあります。

 

スローシンキングタイプなら、ゆっくりとしたリトリーブスピードで巻いてこれるのも特徴のひとつ。

ゆっくりとしたリトリーブと、高速回転するペラによって、ゆっくり、かつ速いという相反するアクションを発生可能。

 

これは他のルアーのタイプにない特徴で、ニュートラル状態のバスや、アフタースポーン期の動きが緩慢なバスに対して、バイトを誘発できる’喰わせ’のハードルアーです。

ライトリグを越える釣果をもたらす

場合によってはライトリグをも超える釣果をもたらしてくれる、爆発力を持っているのがスイッシャータイプのルアーの最大の特徴。

私も下で紹介する、’ステルスペッパー’や、’ギークプロップ’での爆発力は何度も経験しました。

 

必ずタックルボックスに一つ入れておいて欲しい、という意味で、間違いのないスイッシャールアーをまとめてみました。

それではLet’sスイッシャー♪

ステルスペッパー110S/FS(スローシンキング/ファストシンキング)

 

 

スローシンキング 110mm, 15g
ファストシンキング 110mm, 19g

スイッシャー界において、不動の地位を獲得しているのが、ティムコ ステルスペッパー。

よく回るペラと、ピタッと動かないボディが最大の特徴。

 

先日の亀山釣行でも、アフタースポーン期のナーバスなバスに対して、異常なまでの高反応を引き出すことが出来ました。

タイミングによってはライトリグをも超過する爆発力を持っているのがスイッシャーです。

 

あまり使わない、という場合にこそ一つタックルボックスに忍ばせておくと、活躍するタイミングがあるはずです。

110mm、90mm、70mm、55mmと多彩なラインナップを誇るステルスペッパーですが、個人的オススメは110mmと70mm。

それぞれベイトタックルと、スピニングタックルでちょうど扱いやすいサイズ感となっています。

ヤバイブランド ギークプロップ

他のスイッシャーは、金属性のペラが特徴となっているものが多い中、この「ヤバイブランド ギークプロップ」は、樹脂製のソフトなペラが最大の特徴。

このプレッシャーを与えにくいソフトなペラで、山上のクリアレイクなどのスレバスのバイトを誘発します。

実際、私の経験として、ギークプロップだけに高反応という、「ギークプロップパターン」を体験済み。

小さく、存在もどちらかというとマイナーなルアーですが、相当な実力を持っているルアーです。

エバーグリーン プロップマジック

 

75mm 8g 1,600円
95mm 15g 1,700円

エバーグリーン プロップマジックは、リアのみペラ搭載の、シングルプロップのスイッシャー。

これによって前方からのバイトが増える、というシークレットになっています。

またボディサイズからするとやや大きめのプロップを搭載し、ダブルスイッシャーに引けをとらない集魚力を発揮。

私の実感としては75mmはMLクラスのロッド、95mmはMクラスのロッドで投げると丁度良い感覚でした。

ハンクル[HMKL]・K-1 MAC シリーズ

50mm 3.0g 1,600円
60mm 4.1g 1,700円
85mm 9.0g 1,800円

ハンクルからは、K-1 MACシリーズ。

ペラを前後で逆回転させ、安定した水平姿勢を実現。

’動くルアー’に反応しない個体をペラの水流でバイトに持ち込みます。

食い気の立っていないニュートラルなバスの反応はピカ一。

50mm、65mm、85mmとラインナップ。

 

ジャッカル[JACKALL]・アイプロップ75S

最大の特徴は、リアフックの位置。

ブレードから離れた位置に配置することで、ブレードがフッキングの妨げとなりにくい。

さらにワンランク上のフックサイズを搭載可能で、パワーファイトに対応します。

またフックとペラの干渉といったトラブルからも開放。

また、’ダウザー俺達’こと秦拓馬プロのチューンモデル、’マルハタカスタム’も。

こちらはスローシンキング化し、より表層付近を狙いやすくしたモデル。

メガバス[Megabass]・X-PLOSE

weight 17.5g
length 103.0mm

プロップの回転の影響を受けず、ボディーがまっすぐ泳ぐのが基本的には良いとされるスイッシャーにおいて、わざとボディを揺らすことにより独自の個性を発揮しているのが、このMegabass X-PLOSE。

タダ巻きでゆらゆらとウォブリングし、弱ったベイトフィッシュ特有のふらつくようなスイムを再現。

唯一無二のプロップベイトとなっています。伊東由樹氏が’自分専用’として使用していたシークレットベイトです!

 

weight 5.25g
length 70.5mm

‘X-PLOSE’じゃデカイ!って場合には、BABY X-PLOSEも。

’トライリーフプロップ’と呼ばれる、3枚羽根のペラが特徴です。

こちらもわずかなボディの「揺らぎ」を発生します。

まとめ

マジで誇張でもなんでもなく、スイッシャーのみに高反応、という日が年に数回有ることは間違いないです。

私もその爆発を経験するまでは、あまり投げない、なんだか色気のない!?ルアーのひとつ、として誤認識していました。

しかしライトリグを余裕で越える爆発力を経験してからは、ルアーローテーションに必ず加えているのが、スイッシャー系のルアーです。

まだお持ちでない場合は、一つタックルボックスに入れておくと必ず良い思いをすることが出来るハズです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です