TALEXレンズ見え方レポート。イーズグリーンでギルネストを見た感じ。

スポンサードリンク

バスフィッシングにおける偏光サングラスの重要性はいろんなところで語りつくされていますね。

そんな偏光サングラスの中で、業界で最もシェア率の高いTALEXレンズのサングラス。

ポピュラーなカラー、イーズグリーンで亀山のギルネストを見てみました。

TALEX 偏光レンズ

 

バス釣り業界において、偏光サングラスといえば!なTALEX[タレックス]

 

HPを見ると、「釣り」分野に非常に力を入れている事が分かります。

「偏光レンズで釣果が変わる」といった心打たれるキャッチコピーや、プロアングラーたちのインタビュー記事が美しい写真とともに掲載され、TALEXレンズへの期待感が高まります。

 

実際TALEXレンズを使用している方も多いのではないでしょうか。

かくいう私も、TALEXの’イーズグリーン’を使っています。

 

実際にTALEXレンズを使ってみると、目の疲れの軽減や、見やすさなどから、HPの主張は決して嘘や誇張じゃないと感じます。

ティムコ サイトマスター

 

TALEXレンズを標準装備した偏光サングラスといえば!

ティムコのサイトマスターがとても有名ですね(^^)

福島健プロや青木大介プロなど名だたるバスプロたちが使用しています。

青木大介氏愛用のキネティックブルー。

私のイーズグリーン

私はサイトマスターではなく、手持ちのフレームにTALEXレンズを装着してもらいました★

理由としては、お気に入りのフレームをかけたい!という思いがあったこと。

そしてフレーム持ち込みでのレンズ装着の料金が分かりやすく、また思ったよりも安価だったという事。

さらに地元に信頼のおけるTALEXプロショップ、「宅配のめがねやさん」があったからです。

宅配のめがね屋さんへGO

 

さっそく、「宅配のめがねやさん」にマイフレームを持ち込み。

2つ持ち込んだのですが、それぞれ4カーブと6カーブのレンズが適合する、とのこと。

 

4カーブは、奥行きがあまりとれないので、レンズにまつげが当たってしまう可能性があり、レンズの劣化にもつながるそう。

なので迷わず6カーブを装着できるほうにしました。

 

料金は、レンズのみ1万2000円で、ミラーコーティングがプラス5000円です。

外側から見て目が見えるのがなんとなくイヤだったのでブルーミラーを仕込んでもらいました。

イーズグリーンの6カーブのレンズと、ブルーミラーを仕込んで1万7000円でした。

 

なお、ミラーコーティングによる見え方の差はほとんど無いですが、ほんの気持ち暗くなる、ということでした。

カラーチョイスの基準は、宅配のめがねやさん男性店員の方(釣りキチ、しかもバス)の推しカラーがイーズグリーンだったのでチョイスしました。

ギルネストを見てみた

カメラのレンズに私のイーズグリーンをかまして、亀山ダムのギルネストを撮影をしてみました。(天気:晴れ/やや曇り)

役に立つのか不明ですが、イーズグリーンもしくは、TALEXレンズを購入予定でカラーチョイスに迷っている方の手助けになると幸いです。

見え方のサンプルとしてどうぞ。

裸眼

水面上の雑光(白く見えているところ)が多くて、水中が良く見えません。

TALEXレンズ(イーズグリーン)

雑光がかなりカットされていますね。

ギルネストを、よりはっきりと視認することが出来ます。

右側が白くなってしまっていますが、おそらくカメラのレンズとサングラスの角度の問題です。

実際はもっと全域にわたって雑光がカットされ、見やすいです。

ほかのギルネスト

ほかのギルネストを見た感じ。こっちはビフォー写真無しです。わかりにくくてすいません。

ただ写真のようにはっきりとギルネストを視認出来るということがお伝えできればと思います。

もう少し近づいたバージョン。写真に写っている茶色いモノはサングラスのフレームです。

イーズグリーンの見え方(主観インプレ)

色の感じ方はひとそれぞれですが、私が感じているイーズグリーンの見え方です。

基本は深緑っぽいグリーンながら、若干優しいイエローが混ざったような見え方をします。

ナチュラルで、もともとの色合いを壊さない自然なカラーです。

合わせて、水面上の雑光がカットされ、コントラストが上がったような感じで見えます。

バスの尻尾の黒いところなど、とても視認しやすいですね。

 

かけたことが無いので、はっきりとしたことは言えないのですが、TALEXのHPの説明によると、’ラスターオレンジ’などの赤系の方がよりコントラストがはっきりとするので、サイトフィッシング時などには有効だそうです。

もちろんイーズグリーンでも十分見えますが、どちらかというとナチュラルな見え方を重視する場合に良いようです。

あとはローライト時にもイーズグリーンはおすすめ、との事ですが、実際にこれはそう思います。

暗すぎないのでローライト時も見やすさが続きますし、オーバーハング下なども見やすいです。

まとめ

TALEXレンズを検討中の方に、何らかの形でお役に立てれば幸いです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です