テッケルフロッグ ホンカー入手。フロッグゲームについてざっくりまとめてみる。

スポンサードリンク

テッケルフロッグ「ホンカー」を入手しました。

硬派なフロッグ、ホンカーをご紹介するとともに、フロッグゲーム入門者に向けて、基本をまとめてみました。

テッケルフロッグ

B.A.S.S.やFLWなど米国トーナメントに参戦されていた経歴の持ち主、前田秀樹氏主宰の、ルアーブランド、“Teckel”:テッケル。

硬派な「フロッグ専門」メーカーです。

 

ラインナップは、ラバータイプの「ワッカー」、ツインブレードタイプの「ホンカー」、ティンセルレッグの「チョーカー」の三種類。

取り扱っている販売店が少なく、なかなか手に入らないでいました。

先日、取り扱い店に訪れる機会があったので、ようやくGET。

 

そんなテッケルさんのHPのフロッグ論は超詳しく、超有益な情報がたくさん。

フロッグの釣りを始めてみたい場合、必見です。

 

ホンカー

私が入手したのは、「ホンカー」

ブレードが付いているタイプです。

このブレードがキラキラ、シャラシャラしてくれてかなりいい感じ。

フロッグの首振りアクションに金属的なサウンド、そしてフラッシング効果をプラスしてくれる、使っていてとても楽しい「ホンカー」。

主にサーチ用として、広範囲のバスを誘うのに向いています。

 

フロッグ

私がバスフィッシングの中で、最も苦手意識が高く、難しいと感じているのが「フロッグ」の釣り。

 

なぜなら、「フロッグ」って、泳がないルアーだからです。

クランクベイトなら巻いてりゃブリブリ泳いでくれるし、スピナーベイトなら巻いてりゃブレードがキラキラ、スカートがふわふわしてくれる。

 

しかし「フロッグ」のアクションは、自分のロッド操作が全て。

自分でルアーに命を吹き込まないとダメな釣り、なんですよね。

 

フロッグゲーム

私はフロッグゲームは全くモノに出来ていません。

フロロラインで投げていたぐらいですw

この時点でもうオハナシにならない、といったレベルw

フロッグゲーム入門

フロッグゲームをモノに出来ていませんが、自分の勉強として、フロッグゲームについてまとめてみます。

もしフロッグゲームをやるならば、どうしたらいいのか。

リール

リールは剛性感のある、メタルフレームのリールが適しています。

さらにメインギヤはブラス製で、タフネス仕様なものがベター。

強いPEラインでゴリ巻きするので高負荷がかかります。

私はabuのビッグシューターコンパクトがあるのでそれを使用することにします。

ライン

 

PEが絶対条件。

濃いヒシモやマットカバーの上を攻めるわけですから、バイトがあったときに一気に引きずり出せるパワーこそ、フロッグゲームに絶対的に、そして唯一必要な要素。

と言うわけで50lb以上のPEライン推奨です。

フロッグといえばキムケン!キムケンといえばスパイダーワイヤー!

キムケンも使っているスパイダーワイヤーあたりが良さそうですね。

ロッド

ロッドは必ずしも専用ロッドでなくても良いですが、ジグやワームに使っている先調子の高弾性ロッドだと折れてしまうこともあるそう。

なので、可能であれば専用ロッド、もしくはフロッグゲームを前提にしたロッドをチョイスするとベター。

代表的なフロッグロッドをまとめてみます。

フロッグロッドまとめ

レジットデザイン WSC65MH / WSC69MH

テッケルフロッグの前田秀樹氏のブログを拝見したところ、氏が開発テストに1シーズン参加されたという、レジットデザインのフロッグロッド、WSC65MH / WSC69MH。

そんなエピソードを聞いたらテッケルフロッグ使うならコレしかないって感じですよね。

フロッグだけじゃなく、重めのスピナベやクランクベイトなどの巻物にもマッチするとか。

各方面でとても評価の高いロッドです。

欲しいゾ…

なによりレジットデザイン、高すぎない価格も大変魅力的です。

deps ブッシュバイパーHGC-70XS/GP

 

出典:deps

deps!キムケン!ブッシュバイパー!なブッシュバイパー。

ガイドが180度オフセットして斜めに配置される、特徴的な「スパイラルガイドシステム」。

 

少し試し投げさせてもらったことがあるのですが、ヘビーロッドなのに柔軟性のある、不思議なロッド。

タラシを長くすれば、12gぐらいのルアーもシュバーン!と投げれます。

 

キムケンが琵琶湖でバスタークをメッチャ気持ちよさそうにキャストしている姿が印象的なこのロッド。

投げてみるとなるほど納得の仕上がりです。

 

比較的軽いルアーも投げれるのに、バットパワーは強靭という相反する要素を高次元に両立している名機です。

ただ、非常に入手困難であるのが玉に瑕。

 

まだまだありますが、とりあえず今回はこの辺で。

..ここまで揃えばフロッグゲームが思う存分楽しめる…はずです。

まとめ

この夏、挑戦してみたいフロッグゲーム。

千葉の野池なんかでやると楽しそう(^ω^)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です