秘密の山梨フィールド 千代田湖。千代田野郎 参戦記

スポンサードリンク

バス釣りブログKAWAZZ STYLE Ryoさん主宰「千代田野郎」大会へ参加してきました。

秋深まる秘境バス釣りフィールド、千代田湖での激戦の様子をお伝えします。

 

カワズスタイル

弊ブログでも何度かご紹介している、カワズスタイルさん。

山梨発のバス釣りブログで、今回訪れた「千代田湖」情報などを精力的に発信されているブロガーさんです。

 

気になるフィールドではあるものの、正直地理的になかなか訪れる事の無い千代田湖。

しかし今回、中の人Ryoさん主催の大会「千代田野郎」最終戦にご招待頂き、ボウズ覚悟で千代田湖に行ってきました!!

千代田湖

 

まず、千代田湖ってどこよ!?(失礼)ってお話。

山梨県甲府市に位置する、農業灌漑用ダム湖です。

甲府といっても盆地ではなく小高い山の上にあり、標高は550mほど。甲府市街地から、つづら折りの峠道を登っていくと現れる「ハイランドレイク」的フィールドです。

観光名所である昇仙峡の麓に位置し、規模感としてはさほど大きくないものの、1日レンタルボートフィッシングを楽しめる程度はあります。

 

ヘラブナのメッカとして有名で、大勢のヘラブナ師の姿も。

 

またバスフィッシングも盛んで、外周ほぼすべて水辺へのアクセスが良い為、ハイシーズンは多くのアングラーで賑わいます。

地元の釣り師達の憩いの場とも呼べるTHE・ホームレイク的な存在。

ボート事情

 

何より驚いたのはレンタルボート料金の安さ。なんと一日1,000円。

私の知るバスフィッシングフィールドで最も安い。余計な心配をしてしまうレベル。

 

決して広くはないフィールドながらボート店は全部で4店。今回お借りしたのは大沼荘さん。

12ftは一般的なヤマハ製のローボートで、普段のスタイルをそのまま楽しむ事が可能。(ラダーの当て木もアリ)さらに14ft、アルミボートが1台ずつ有ります。

 

駐車場から桟橋までゼロ距離で楽々。

 

千代田湖のボート事情について、詳しくはカワズスタイルさんでまとめれられています

 

千代田野郎スタート!!!

 

そんなこんなで千代田野郎スタート!

キーパー25センチ、リミット3本、総重量で競う。というのが基本ルールでありながら、毎回違う「プチルール」が定められるのが千代田野郎のしきたり。

今回は「基本的にワーム禁止。ただしワッキー掛けは許可。」という緩めなワーム禁止令ww

まずは湖全体をチェック!

 

とりあえず、初場所で全く未知数なので一周ぐるっと回ることに。

シャローは無

 

とりあえずシャローをチェック!

ボート屋回り、アシ、ウッドカバーなどをディーパーレンジ等で攻めますが無。

朝一水温は14度台で、シャローにまったく居ない訳では無いですが、極めて少ない事は感じられます。

ディープもチェック。

 

シャローで一発大物狙い、もアリですが、たぶんそのままデコるのでディープもチェック。

魚探掛けをしてみると、ダム湖ながら房総リザーバーのようにドン深ではなく、最大水深でも10m程度。

緩やかな傾斜で深くなっていく、でっかい皿池みたいなイメージという事が分かりました。

(シンプルな形状なので、溜まっている場所が見つけやすいかも?)

狙いは二つ。

とりあえずぐるっと一周して、自分が狙えそうなパターンを整理。

・ボート屋回りのシャローでフィーディングに入ってきたバスを狙う

・本湖のディープエリア

そんな感じ。

6m~7mディープのダウンショット

 

ディープエリアは先輩千代田野郎たちが船団を作っていたので便乗w

すると待望のファーストフィッシュ。

ヒットルアーはレッグワーム2.5インチ ソリッドブラック3.5gダウンショット…のワッキー掛け←ココ大事ww

7~8mディープでした。

 

ベンズメンダ―は男の身だしなみ

ディープあるあるですが、ライブウェルに入れた魚が弱ってしまいました。

エア抜きを施す必要があるのですが、ベンズメンダ―(エア抜き用の針)を持ってない(;o;)

 

そこに救世主、東京チャプターに参戦するガチのトーナメンターグッチ氏が登場.(Twitterでいいつも良くして頂いています)

スマートにエア抜きを施していただきました。また、「バスの元気が出る粉」を少し分けていただきしばしお魚ケア。

 

なんとか持ち直し、おかげ様で元気なバスをウェインすることが出来ました。(グッチ氏、ありがとうございました。)

 

持っていよう、ベンズメンダ―。

正直、私には関係ないと思っていたアイテムですが、必要になってくる事態も十分想定出来たハズ。これは恥ずべき事ですね。

魚を連れ回すことがあるならば、持っておいて損はないアイテムだと強く感じました。(帰って速攻ポチったのは言うまでもありません。)

 

3本リミットメイク!

 

その後もなぜかぽろぽろ釣れ続き、気が付くと千代田ッ子リミットメイク!こんな日めったにないw

レッグワームワッキーすげえwそして千代田湖のディープバスの活力はんぱない。

相模湖ディープより釣れるかも!?

ウェイン

なんだかんだで終わってみると3本リミット880gでまさかの優勝( ゚Д゚)奇跡が起こりましたw

皆さまの釣れ方を共有したのですが、同じく7m~8mレンジのディープでダウンショット、との事。

今日はシャローで釣れた方は一人もおらず。ビッグフィッシュ賞(40UP)もなし。

 

という訳で金太郎あめサイズばかりでしたが、ディープべた粘りはある意味正解?だったのかもしれません。非常に反応が良く、楽しませてくれました。

まとめ

まさかの結果となり、千代田野郎に少しなれたようなそんな千代田湖釣行でした。

Ryoさんいろいろありがとう!

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

kawazzstyleさんのこの日の記事↓

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です