春の豊英バス釣り。春爆を夢見て行ってきた。2年目の豊英の状況。

スポンサードリンク

豊英ダムに行ってきました。

昨年良い思いをした豊英ダム。

今年もフレッシュなバスが答えてくれるのか。

豊英の現状をシェアします。

2年目の豊英ダム

昨年度、レンタルボートのバス釣りが解禁された豊英ダム。

ルアー慣れしていない?フレッシュなバスが待っているということで、ワクワクしながら訪れた昨年。

昨年度は、期待通り、フレッシュな豊英バスが相手にしてくれました。

春爆や50upも経験して、個人的にはとても良い思い出のある豊英。

今年もそんな豊英ダムに、「春爆」を求め、行ってまいりました。

フィールド状況

ボートについて

解禁当初は2台しかなかった14ftボートが増え、9台に。

アルミボートも1艇導入されていました。

アルミボートには「取材艇」と書いてありましたが、先着で借りれるのか?

また、ボート屋のオヤジさん達も、バサーに慣れてきたのか、昨年度よりもやりとりがスムーズになっていたような気がします。

豊英フリーライダー問題

残念だけど、以前「タダ乗り」が問題になったようで、出船直前に料金を払ったか、再度確認をしました。とても残念なことです。

ルールやマナー以前の問題です…そんな問題があったにも関わらず、継続してバサーにフィールドを提供されているということを良く考えなくてはいけません。

ヘラ師との共存

ヘラ師との共存は、私が感じた面だけではありますが、うまくいっているような印象をうけました。

1日雨が降りしきっていたのでヘラ師の方は少ない日でしたが。

ヘラ師のスタート時刻が30分早いという豊英独特のルール。

ヘラ師の方々を尊重したルールです。ヘラ師の方がいらっしゃらない場合繰り上げになるそうです。きっちりルールを守って楽しんでいました。

豊英ダムのバス釣り文化が、2年目に入り、より成熟されたという印象です。

荷物運搬方法

豊英ダムの荷物運搬方法は、大型のゴンドラスタイルです。

ただしゴンドラからボートまで結構距離があるので、亀山の各ボート店よりも、運搬は大変です。

釣果

釣果はなんとか一本キーパーサイズを絞り出し、終了。

「春爆」とは程遠い釣果になってしまいました。

立ち回り

まずは上流A方面へ。

朝一なのでフィーディングバスを狙って、良スポットをテンポ良く流していきます。

しかし反応は得られず..

 

バックウォーターを偵察しに、最上流部へ。

最上流部で良型がフラフラ泳いでいるのを発見。しかし発見したときには既にボートの真下w

距離が近すぎ、喰わせられず。

個体数も少なく、サイトは諦めます。

本湖へGO

他にめぼしい反応もほぼなく、気を取り直して本湖(ダムサイト)方面へ。

しかしこちらでもバイトすら得られず…

上流Bへ

本湖に見切りをつけ、川筋Bへ。

しかし降り続いた雨の影響で、アマゾンレベルの激濁りカフェオレテイスト。

やはり反応は無く…

上流Aへ戻る

また上流Aへ戻ります。

ここでやっとキーパーサイズをGET.

ブルフラット3.8inのスカッパノン テキサスリグでした。

しかし外掛かり皮一というスレスレ。

 

反応薄く、バイトも浅いという春シブな一日となりました。

どこいった春バス達

その日がイマイチだったのか、今年がイマイチなのか分かりませんが、あまり魚が浮いてませんでした。

去年はもっと「バス成るポイント」がたくさんあったはずなのに…

崖の崩落

去年は無かった、崖の崩落が新たに出来ていました。

写真ではその大きさが伝わりにくいですが、数トンはありそうなバカでかい岩が、岩盤から剥がれ落ちて崩落していました。

改めて、豊英の岩盤側の危険性を再認識しました。

訪れる場合は、本当に気をつけたほうがいいと思います。

石ころ1つ落ちて来て頭に当たっただけで、命の危険がありますよね。

こんな岩が落ちて来たらひとたまりもありません。

まとめ

厳しかった豊英釣行。

15時ごろにキーパーサイズがやっと一本。

励みにはなりましたが、それまで雨に打たれ続けて、反応も少ないまさに「苦行」とも呼べる状況。

 

春爆の幻影を求めて、再チャレンジしたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です