豊英ダムバス釣り。秋の虫パターン&ジャークベイト浮き浮きメソッド検証。

スポンサードリンク

豊英ダムへ行ってまいりました。

秋の虫パターン&ジャークベイト浮き浮きパターンを検証します。

 

秋の豊英ダムバス釣り

 

10月下旬、秋の豊英ダムバス釣りです。

コンディション

 

水温は20度前後、水位はMAX満水。天候は晴れ/くもり。

適水温&適度なローライトで、めっちゃ釣れそうな感じ。

釣果

 

ボウズ逃れ(マメ)一本でした。

魚っ気が全く無かったワケじゃないんですが、イマイチリズムに乗れず…

立ち回り

 

いつもの「上流サイトおじさん」からの脱却を図る為、本湖方面からチェック。

ここ数回の釣行で、上流の魚が減ってきている実感も理由の一つ。

浮き浮きメソッド検証

 

ブレイクを魚探でチェックしつつ、ワンテンR+1と、ヴァルナでリザーバージャークベイティングを敢行。

しかし甘くねえw

フォローのソアリン縦割りで

 

フォローで入れたプロフェッサーのソアリンシャッド2.3インチ縦割りDSで、ボウズ逃れGET.

おチビちゃんだけど、一応魚探を見ながらブレイクで釣れました(*’ω’*)

 

…それ以上反応が無いため、課題である「本湖のストラクチャーフィッシング」は終了!

秋の虫パターン検証

前日に、Engine羽生プロの「豊英ダム 秋の虫パターン」動画を見てたので、モロに影響されて秋の虫パターンチャレンジ。

 

羽生プロは、Engineの「ブーン」を割と高速でトゥイッチ&首振り。

そこでラバースカートの効果で、首振りアクションを付けれる青木虫MIDをチョイス。

 

しかしこの日はダメ。

 

「秋の虫パターン」は、ルアーの浮き具合や、エリア選択が割とシビアなんだろうな。

カエルの鳴き声が聞こえてきたら、またやってみよう。この日はカエルの鳴き声しなかったもんな..

上流

 

いちおう上流部もチェック。

ストレートワームをソーメンをすするようにしか食べれない病みバス、減ってきたなあ…

何本か居てアプローチしてみるものの、ソーメンすら喰わないバスでした。

nories ディーパーレンジ1/2ozにチェイス&キスバイト

中流域で、nories ディーパーレンジ1/2ozにレギュラーサイズがチェイス&キスバイト。

良くあるヤツですが、回収間際にルアーの軌道が上を向いたときに追ってくるヤツです。

もうちょっとリトリーブ距離を取っていれば獲れたのかも?悔しい…

NZクローラー試投会

 

あとは仕入れたNZクローラーの試投で終わりましたw

NZ君可愛すぎるんだが。

この日の考察

前日の冷たい雨で水温が降下し、魚が沈んでた?

ジャークベイトや虫に反応する「上を向いているバス」が減っていたのではないでしょうか。

釣れない言い訳をしておくとそんな感じですw

まとめ

厳しかった秋の豊英ダム釣行でした。

ただ、全く魚っ気がなかったワケではなく、ことごくチャンスを逃した感がありました。

少ないチャンスをしっかりとモノに出来る実力が無いと、難しい季節到来です。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

※良い釣りが出来た前回、前々回の秋の豊英釣行はこちら↓

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です