豊英ダムバス釣り。秋のバックウォーターで投げるべきは「ソフトジャークベイト」だった。

スポンサードリンク

豊英ダムに行ってきました。

バックウォーターで投げるべきは「ソフトジャークベイト」だった?

初秋の豊英ダムを攻略します。

豊英ダムバス釣り!

 

電動カートの無い、準備タイヘン湖!?である豊英ダムへバス釣りに行ってきました!

初秋の気難しい「秋バス」は振り向いてくれるのでしょうか。

コンディション

出船率は60%ぐらい。桟橋が二つあって、A桟橋は満艇、B桟橋はポツポツぐらい。

前回訪問時は減水気味だった豊英ダムですが、水位はある程度復活。

準備が鬼キツイ、減水時の「隠し階段」は減っていました。

写真は前回(7月29日)ガッツリ減水時の「腰破りの隠し階段」ww

これバッテリー担いで登り下りがしんどいのなんのw

釣果

友人が5本、私はデコ

いつものように、友人がボコボコ釣る記事になります。

バックウォーター

まずは朝一バックウォーターへ!

午後に台風接近が伴う降雨予報だったので、雨が降って濁りが入らないうちにサイトフィッシングでGETする作戦。

さっそく友人のオリカネムシに良型がHIT!良い魚です。ウラヤマシス。

続けざまに2本目をチョウチン釣りでGET。

船長交代!

いつものように釣る友人と、釣れない私。見兼ねた友人が操船を譲ってくれました。バックウォーターに魚は濃い感じだったのでバックウォーター2周目突入!

しかし私の魚は居らずw

言い訳しておくと、タイミングが合わないだけです。(本当の事を言うと、操船がヘボくて、ポイントを潰しているようです。)

打つ前に辿り着いてしまうんですねw

狭い上にクリアなバックウォーターでは、魚にかかるボートプレッシャーはかなりのものです。繊細な操船が求められます。

リアルドッスン

 

多分豊英ダムによく行かれる方はご存知だと思うのですが、バックウォーターに「リアルドッスン」があります。

改めて切り立った崖の近くで釣りをする事の怖さを実感します。こんなん落ちてきたらマリオゲームオーバー、あの世行き決定です。なので崖の下がいかに危険であるか、また絶対に釣りをしてはいけない、と言う事を改めて実感させられます。

謎の土の塊

あとよく分からない自然現象なんですが、「土の島」みたいなのがたくさん浮いてました。

上から落ちてきたのか、急な増水で岸が剥がれたのか定かではありませんが、操船の時に非常に邪魔です。これ一体なんなんでしょう。

本湖

 

バックウォーターである程度釣ったので、本湖方面へGO。

カバー、地形変化、岬の先端、などに良い水が絡むS級スポットに絞り打っていきますが無。

見えバスも居らず、一段?下がってしまったような印象です。

バスのなる木?

稚ギルの溜まる生命感溢れる「バスのなる木」もこの日は不発。いつもなら反応あっても良いハズですが、やはり秋のバスは散っているのでしょうか。

フラットエリア

豊英ダムは本湖にフラットエリアがあるのですが、この日はそこにアングラーが集まって居ました。(写真は撮り忘れw)

レギュラーサイズがぽちぽち釣れている様子。

フィーディングフィッシュが入ってきているのではと考え、ライトリグを投入!

しかし無!釣り方が違うんだと思います。

サカマタ!

その後は本湖がイマイチだったので、バックウォーターへ戻ります。

私はいつも通り、虫系や小型のシャッドをノーシンカー でネチネチ投げていました。

すると友人が何やら思い出したようで、取り出したのはデカイシャッド。デプス のサカマタシャッドです。これを「ジャッジャッ!」と派手にジャーキング。まさに「ソフトジャークベイト」的な感じで激しく動かします。

するとアベレージサイズ(35cmぐらい)がHIT!

サカマタ、アベレージサイズも全然喰うんですね。そしてバックウォーターでのデカイソフトジャークベイト、やった事なかったので新たな気づきとなりました。

バックウォーターで何投げる?

無論、小型のシャッドノーシンカーや虫系が、バックウォーターのバスに有効な事は間違いありません。私はティムコのパニックシケイダーや、O.S.PのHPミノーを投げていました。

しかしながら、多くのアングラーが投げている事からスレてしまっていたり、見切られることもあると思います。

そんな時にスパイス的にソフトジャークベイトを「ジャッ!」と通されると「ヌオッ!」て感じで喰うヤツが居るということです。静と動の攻めがバス釣りには有効なメソッドという事を改めて感じました。(デコったヤツが語るw)

まとめ

帰ってからサカマタシャッドを、ポチったのはいうまでもありません。

デコりましたがバス沢山見れました。

ikahime を最後までお読み頂きありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です