津久井湖というフィールドの魅力&高実績ルアーご紹介。

スポンサードリンク

神奈川県屈指のリザーバー、津久井湖。

津久井湖バス釣りの魅力をシェアします。

 

津久井湖湖畔

私ごとで恐縮ですが、東京から神奈川へ引っ越しました。新居は津久井湖から車で15分ほどの場所です。

もともと実家が神奈川なので戻ってきた形になるのですが、実家よりもさらに津久井湖が近くなりました。

ちょっと言い過ぎですが「ほぼ津久井湖湖畔」という感じです。

そこでホームフィールドになるであろう、津久井湖の魅力に迫ります。

津久井湖

ざっと基本スペックからご紹介します。神奈川県相模原市に位置するリザーバーで、相模湖の下流に位置します。

並木敏成氏が幼少期に通ったフィールドとしても有名ですね(^。^)

「タフレイク」…?

またもや「ホームフィールドタフ説唱えたがり」ですが、まあまあタフ?なフィールドで、平均サイズもやや小さめです。

とはいえ、ツリウマさんやスーパーロコ達はしっかりと釣ってくるのですが…

湖畔には全国的に有名な矢口釣具店さんがあったり、津久井観光さんや沼本ボートさんなどバスフィッシングに力を入れたレンタルボート屋さんがあり、NBCチャプター東京の開催地になって居たりとバスフィッシングが非常に盛んなリザーバーです。

H-1グランプリも行われていますね★

アルミボート、12ft、不要艇なども揃いレンタルスタイルのバスフィッシング環境は非常に整っています。

(14ftボートは無いのですが..)

おかっぱり

リザーバーなので、特有の切り立った崖からのドン深、というのが基本的な構成ではありますが、おかっぱりも数カ所で可能です。

ただし、津久井湖には「夏季水位」、「冬季水位」と呼ばれる水位変動があります。

夏季は水位がさがり、冬季はほぼ満水状態となるため、水位の低い「夏季水位」のときのみ足場が露出するポイントが現れます。

その為、おかっぱりは夏季限定となります。

魅力溢れるフィールド

ショアラインがプアでレイダウンなどは少なく、どこまでいっても似たような岩盤が続きます。

目立ったカバーが少ないのです。

 

しかし何もないという訳ではなく、ボート屋まわり、橋脚、放水路、バックウォーター、岬などが狙い目。

(インレットもいくつかありますが、津久井湖のインレットで良い思いをしたことがありません…津久井湖のインレットは偽物です。これマジです。)

 

ただしそれぞれの距離が遠いので、どう立ち回るか、という点が難しい…

それとやはり大多数のエリアで幅を利かす「岩盤」をいかに攻略するかという点が、津久井湖攻略のキモになります。

個人的好実績ルアー

なんら参考になりませんが、個人的な津久井湖好実績ルアーをご紹介しておきます。

nories ボルケーノグリッパー

岩盤攻略用です。ハイシーズンは岩盤に沿ってバズをひたすら流します。

名作なので私が改めてご紹介するまでもないですが、ボルケーノグリッパーは岩盤についている深場のバスを引っ張る力が強いと感じます。

どこからともなく、岩盤バスが突然突き上げてきます♪

O.S.P ブリッツMAX DR

こちらも岩盤攻略用です。

角度が緩やかな岩盤が入っている場所で、岩盤がテーブル状になっているポイントがいくつかあるのです。

そこにゴリゴリ当てて使っています。津久井湖の夏季水位時に、テーブル岩盤の水深がブリッツMAXの潜行深度(3m~4mぐらい)に非常に丁度イイのです。

見えバスいねーな、一段下かな。ってときにこれで反応を得られることが多かったです。

まとめ

以上津久井湖についてでした。

ガチで近所なので、スーパーロコ目指して通いこみたいと思います。

津久井湖スーパーロコに私はなりたい。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です