釣り車考。釣りに最適な面白フィッシングカー10選。

スポンサードリンク

 釣り車10選

私の個人的な釣り車を紹介しつつ、釣りに行くのに最適な車を考察します。

私の車以外については、すべて妄想で成り立っている記事なので、ご注意ください。

 

つっても、ノア・ボクやNVANなどの「もう知ってるわ!」という車を紹介しても面白くないので、私の独断と偏見で、「面白釣り車」をご紹介します。

 

「釣り車」というビッグワードで検索上位を目指すための記事でもあります。

目標は、釣りはっくさんやくらしーのさんの記事より上位表示したい!まあ無理だけども。

 

という訳でいってみましょう!

ジープラングラーアンリミテッド

 

私の釣り車です。

 

5ドアのアンリミテッドは荷室も広く、がっつり釣り具を積めます。

荷物の多い、関東レンタルボートスタイルも余裕。(写真は、2台分のレンタルボート装備を積んでいます)

3.6L V6ガソリンエンジンで燃費が悪いのが玉に瑕。

スズキ スペーシアギア

 

釣り車2号&嫁ちゃん号。うちのギアちゃんは、マツダ仕様なので、正確にはフレアワゴン タフスタイルという車名。

 

最近のハイト系軽ワゴン、スゴイです。圧倒的室内空間で、大量の釣り具を積載可能。7.5ftぐらいまでのロッドも余裕の室内長。

子育てカーがメインながら、房総アタックもソツなくこなす凄いヤツ。

背高ノッポで幅極小、縦横比率がちょいとおかしな感じですが、アクアラインの強烈な横風も、房総スカイラインのワインディングも意外なほど安定して走ってくれます。

ただし高速はターボ車じゃないとちょいキツイかも。

トヨタ タンドラ

 

出典:https://www.worldvw.net

米国のバスプロがこぞって乗ってるトヨタタンドラ。北米トヨタのピックアップトラックですね。長さ5.8、幅2mと特大サイズ。

カナダ仕様なら新車で500万チョイと、意外と手が届く範囲なんですよね。

馬鹿でかい5.7リッターエンジンを積んでいて、燃料代ヤバいし、高速道路は中型料金が適用。維持費がヤバそうだけども、日本国内だと貨物登録なので自動車税の年額は1万6千円。

燃料代さえ我慢すれば、なんとか維持できそうな気もしてきます。

何か引っ張る予定はないし、ベッドも持て余しそうだけど、その無駄感が素敵すぎます。

トヨタ セコイア

 

出典:https://www.autoblog.com/

 

タンドラと兄弟車と言える存在の、トヨタの北米向け大型SUV、セコイア。たしかキムケン氏の愛車だったような。

3列シート多人数乗車可能という事で、ファミリー向けはこっちですかね。ミニバン的な使い方も出来ると思います。(謎)

ただしタンドラより全般的に車両価格が高価です。

それと、3ナンバーの乗用登録だと、自動車税が年額88000円…3列目潰して貨物登録も可能なようですが。

バスボートも余裕で引っ張れるし、釣り具もガッツリ積める、パワフルな5.7リッターエンジン、という事で、釣り車としては最高ですよね。

スズキ ジムニー

 

 

定期的に、ジムニー欲しい病を発症します。現行のJB64イイですよね。

もしくはやっぱりJA11型、それか2stのSJ30もイイな。おっさんのおもちゃとして最高の一台です。

ただし室内長が短いので、積載できる釣り竿に制限が出てしまうのがネック。

ランクル105

 

出典:FLEX DREAM

一般的に国内仕向のランドクルーザーは、80、100、200というモデルの系譜ですが、オーストラリア向け仕様に「ランクル105」という車両があります。

100系のボディ+ほぼ80系の足回りを載せた車体構成という事で、国内仕様のラグジュアリーな感じの100にはない、リアルな道具感がシブいのなんの。

とはいえ当然ながらタマ数は極端に少なく、買うだけでも一苦労という感じではありますが…これの中古車両をネットで見ていつもニヤニヤしています。

トヨタ ハイエース

 

釣り具を大量に積めて、車中泊も楽勝なハイエースは最強の釣り車ですよね。(小並感)

そこはかとなくただよう「プロの道具感」が魅力。

ラーダ ニーヴァ

 

 

 

出典:http://blog.le-parnass.com/index.php?e=3620

(画像は、ルパルナスさんからお借りしています)

ラーダ ニーヴァという車をご存知でしょうか。

ロシアのSUVで、国民車だそうです。1977年のデビュー以来モデルチェンジを行わず、走るシーラカンスと呼ばれています。

モノコック構造のボディにパートタイム4WDという構成。

めっちゃくちゃかわいいデザインだと思いませんか。国内メーカーも見習ってほしい。

おぎやはぎのおぎが乗っていたらしいです。

ダチア ダスター

 

出典:http://blog.le-parnass.com/index.php?e=2809

ルノー・日産アライアンスのルーマニアの自動車メーカーダチア社から、ダチア・ダスター。

個性的なデザインは好みが分かれるところですが、個人的には割と好き。

それよりも、商用車チックなデザインと、シンプルで無駄なモノが一切ついていないというところに強く惹かれます。

こういう車、日本車にありそうでないんですよね。

ルノー グランカングー

 

出典:http://blog.le-parnass.com/index.php?e=2925

ルノーのカングー&グランカングーも素敵です。

特に、本国でしか販売していない、ボディをストレッチして3列シート化したグランカングーがマジで良い。

1.6リッターディーゼルエンジン+6MT+左ハンドルというマニアックな構成ですが、そこがまたたまりません。

ラーダ ニーヴァ、ダチア ダスター、グランカングーの画像はルパルナスさんからお借りしました

レンジローバー ディフェンダー

 

 

出典:https://www.webcg.net/articles/-/8169

ディフェンダー、夢の釣り車ですね。生産終了に伴って、中古車価格が上がりました。ますます手が届かない存在になりつつあります。

新型の登場が噂されていますが、なんか違う。という感じがスゴイです。

メルセデスのGクラスのような超ウルトラキープコンセプトなモデルチェンジを望んでいる方が多いと思いませんか?中途半端に新しい感じになるのはイマイチ歓迎出来ない。。。

とはいえ、旧型はたぶん加速は遅いだろうな。ラングラーは結構速いので、乗り換えるとしたらそこがネックです。

ポルシェ カイエン(6MT)

 

ポルシェ カイエンに6MTの設定があるのをご存知ですか?

SUVではありますが、「左ハンドル、6速マニュアルのポルシェ」なんであります。

それだけでたまりません。意外と中古相場がこなれているのもポイント。

ただ維持費はやはり高級車クラスなはずなので、ボンビーオーナーだと苦労しそうですが。。

いつかは乗ってみたい一台です。これで釣りに行ったらたまらんでしょう。

まとめ

以上、面白釣り車でした。

(要するに、私の欲しい車リストです。)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です