フラッシュユニオン ユニオンクロー使ってみた。O.S.Pドライブクローとの違いは?

スポンサードリンク

フラッシュユニオン ユニオンクローを使ってみました。

O.S.Pドライブクローと比較をしてみました。

異母兄弟レベルで似ている両者ですが決定的な違いはマテリアルにありました。

フラッシュユニオン ユニオンクロー

 

フラッシュユニオン ユニオンクローのご紹介です。

 

稀代のルアービルダー、藤木淳氏主宰のフラッシュユニオンを代表するクロー系ワーム、ユニオンクロー。

単なるクロー系ワームにあらず。

キンテキリグや、スルーダウンショットリグ、驚異のスライド量を誇るバックスライドなどさまざまな工夫を凝らしたリグで楽しませてくれます。

 

O.S.P ドライブクロー4インチとの比較

 

最大のライバル?であるO.S.Pドライブクロー4インチとの比較です。

 

顔の雰囲気が、似ています。つぶらな瞳。

両者とも存在感のある大きな爪を持っています。

ユニオンクローの方がちょっとだけバルキーな爪になっています。

真ん中の足にボリューム感を持たせたユニオンクロー。つまり、普通にリグったときは、より後方重心になっているので、飛距離は若干出るかも!?

ヒゲ

他、ヒゲの数も違います。ユニオンクローが1対、ドライブクローが2対となっています。…ここはまあ、ささやかな違いw

マテリアル

最大の違いはマテリアル。

ユニオンクローの方がはっきりと硬いことが分かります。1レヴェル硬いです。

ドライブクローは良く釣れるんですが、ハリモチの弱さが最大の欠点ですので、そこに不満を覚えている場合はユニオンクローおすすめです。

アクション

スイミング時

巻いたとき、またフォールなどスイミング時には、どちらも爪をブルブルと震わせてくれるんですが、ドライブクローのほうがよりハイピッチです。

単純に「よりハイピッチの方が良い」、という訳ではありませんが、早めに巻いたときやフォール時の爪のアクションは、ドライブクローの方がよく動くなあ、という印象は受けます。

着底時

着底後の倒れこみはユニオンクローの方がよりゆっくりと倒れこみます。

大き目な爪と硬めのマテリアルによって、抵抗が増しているのだと思われます。

カバー攻略にGOOD

硬めなマテリアルは、ヘビーカバーにぶち込むのにも最適だと感じます。

また、微細なシェイクでは動きにくいですが、大き目にシェイクした際は大き目の爪がブルブルと震えます。

柔らかいマテリアルよりもかえって強い水押しを発揮して、イイ感じ。

 

カバーの中では気づいてもらえる事が大事なので、このアピール力の高さは武器になると思います。

またフックポイントを巧妙に隠せるような形状になっているので、その点でもカバーフィッシングに向いています。

絶妙なサイズ感

3.2インチというサイズ設定も絶妙で、私が良く使うドライブクローと、モコリークローの丁度中間ぐらいのサイズ。

ドライブクロー→ユニオンクロー→モコリークローとサイズ感の調整をすることができますね(‘ω’)ノ

まとめ

どちらが良いという事はなく、それぞれ「こっちを使いたい!」となる特徴を持ち合わせていました。

なんだか普通すぎるクロー系ワーム考察になってしまいました…

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です