メイホウ スリットフォームケース3010NSがスモラバの家レベル。

スポンサードリンク

悩ましいスモラバ収納。

メイホウ VERSUS スリットフォームケース 3010nsがスモラバの家かと思うぐらい秀逸なのでご紹介します。

スモラバの収納

スモラバの収納方法ってすごく悩ましいですよね。

普通に仕切り付きのケースにドバッと入れるか。

それともマット付きのケースに刺して収納するか。

だいたいそんな感じで収納されている方が多いみたいです。

スリットフォームケース3010ns

 

発泡ポリエチレン製のマット付きの、スリットフォームケース3010NS。

私はこいつのマットにスモラバを刺して収納しています。

かなりスッキリ収納できます。

メリット

なにより、収納しやすく、取り出しやすい。

また、ケース自体の厚みが少ないので邪魔にならない。

さらに、カッコよく♬収納出来るのも良いですね。

デメリット

ただ、大量には収納出来ないのと、スカートが蓋に挟まる事がデメリットです。

スモラバ以外にも

メタル系ルアー(メタルバイブ、メタルジグなど)の収納にも適しています。

こちらも綺麗に並べて一目でわかります。

余談

それと余談ですが、スモラバはヘッドに自重が記載してあるものとしていないもの、メーカーによってバラバラです。

私のフェイバリットな「エグジグ」は重さが記載してありました。

またひとつエグジグの良い点を発見してしまいました。

重さが書いていないと、パッケージと分離後、重さが分からなくなっちゃうんですよね。

重さが書いてあるジグを出来るだけ購入したいと思います。

まとめ

現時点でわりと気に入っているスモラバ格納方法をご紹介いたしました。

ルアー収納方法の模索は終わりなき戦いです。

最高の収納術を目指し、修業は続きます。

ikahimeを最後までお読み頂きありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です