ZODIAS (ゾディアス) 270MH インプレッション。 パワーフィネス的解釈で使用してみた。

スポンサードリンク

高いコストパフォーマンスが魅力のシマノのZODIAS[ゾディアス]。

ラインナップの拡充が行われ、かなり専門性の高い番手まで用意されるようになってきました。

270MHを購入してみましたのでインプレッションをシェアします。

 シマノ ゾディアス 270MH

シマノ ゾディアス 270MH

シマノ ゾディアス 270MH

 

釣行中、ほんの少しの時間しか使用しないんだけど、あれば欲しい、みたいな番手が手軽な金額で試せるのはすごく助かりますね。

そのうちのひとつである、’270MH’をパワーフィネス的な解釈で使用してみました。
 

パワーフィネス

ZODIAS[ゾディアス] 270MH

ZODIAS[ゾディアス] 270MH

 

新しいメソッドとして、PEラインを使ったパワーフィネスを導入してみたい。
しかし巷で紹介されているパワーフィネス向けのロッドはどれも高価です。
 
そこでゾディアスの270MHを使用してみることに。

ラインナップから強めのスピニングロッドを探したところ、270MHという番手があることを知り、少し硬すぎるかな?と思いながらも、安価なのでポチってしまいました。

270MHは’ロング&パワースピン’らしいので、’パワーフィネス用’としては硬すぎる気がしますが、’パワーフィネス用’に強引に解釈してみますw

コストを抑えつつ、カバーから強引に抜き上げれるトルキーさがあればひとまずはOKということで。

’パワーフィネス’の理解がだいぶ足りていないですね…誰か教えてくださいw
 

ライン

サンライン BASS SUPER PE-LINE

サンライン BASS SUPER PE-LINE

  

PE1.5号+リーダーをフロロ12lbで使用しています。

折金一樹氏や伊藤巧氏のパワーフィネスタックルを参考にしてみました。

リーダー

リーダー不要説などありますが、私の場合高比重ワームのノーシンカーリグも、このタックルでやりたい。

ノーシンカーリグの場合、バイトが深いことが多いので、リーダー無しだとやや不安でしたのでフロロのリーダーを入れてみました。

FGノットは超オススメ

リーダーの結束方法は、FGノットで行っています。

FGノットはやってみるとわかりますが、ほんとに超簡単で、なれるとすぐ結ぶことが出来るうえ、結束強度は相当に高いです。

もっと早く知りたかった。

リーダーの結束が面倒くさくてPEラインを敬遠
していましたが、こんなに簡単で強度も出る結束方法があるのならもっと積極的にPEラインを取り入れるべきでした。

強靭なバットパワー

MHという表記通り、非常に固めの竿に仕上がっています。
 
スモラバなどをキャストするには少しやりづらいと思います。

ただ、ボートで近距離からピッチングで落とし込めれば良いので、キャストしづらくても多少は目をつぶれます。

もう少しだけ柔軟性が欲しい

スモラバや、オフセットネコリグなどを植物系のカバーなどに打ち込むときに使用していますが、ほんの少しでいいから柔らかめのブランクスであればより扱いやすくなりそうです。

高比重ワームのノーシンカー遠投は最高

nories フリップドム

nories フリップドム

  

ファットイカや、フリップドムをPEラインで大遠投すると7ftというレングスも相まって恐ろしく飛んでいきます。

50mは楽勝
で飛んでいき、とっても気持ちいいです。

スキッピングは思ったよりやりにくい

高比重ワームのスキッピングが、超やりやすいのではないかと勝手に想像しておりました。
 
バックラッシュする心配が全くないので、ベイトタックルよりも遥かにスキッピングが決まると思っていたのです。

しかしいざやってみると、案外そうでもないことに気づきました。
 
ベイトタックルで高比重ワームをスキッピングさせるとき、サミングをしてルアーと水面との距離感を保ってスキッピングさせていたのですが、それがスピニングリールだとやりにくいのです。

やっぱり高比重ワームのスキッピングについては、ベイトリールで地道に練習するのが良いんですかね。

タックルバランスが課題

シマノ ゾディアス270MH

シマノ ゾディアス270MH

 

パワーフィネスに関してはタックルバランスやラインのlb数などあまり情報がないので、本当に今の号数、lb数でベストバランスか、実践して調整していく必要があります。

とりあえず今のところは、割と快適に釣りができています。

まとめ 

スモラバを使用したとき、スモラバのフックが最も弱い部分になってしまって、バスを釣るたびに曲がってしまうなどまだまだタックルバランスを調整するべき点がありますので、実釣を重ねて最適なバランスを模索していきたいと思います。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

「パワーフィネス用」にリリースされているロッドをまとめました★

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー