至高のクランクベイト ZOOM WEC Custom Lures E-2 こいつ可愛すぎて枕元に置いて寝たいレベル。

スポンサードリンク

ZOOMのハンドメイドクランク、WEC E-2。

美しすぎるハンドメイドクランクをご紹介いたします。

ZOOM WEC E-2

SPEC

weight 約15g
length 約60mm
type floating
price 4000円ぐらい

 

今回ご紹介いたします、E-2君は、あのワームで有名なZOOM社が作っているクランクベイトです。

【WEC Custom Lures】というのはZOOMの一部門の事で、ZOOM創始者、エド・チェンバースさんが作ったブランド。

利益、採算度外視で「過去の名作をリメイク」する、というエド・チェンバースのこだわりが詰まったブランドです!

 

米国トーナメントでもたびたびウィニングルアーになるなど、実力は折り紙付き。

メルセデスでいうところのAMG的な感じ?違うかw

ハンドメイド

バルサ製の、いわゆる「ハンドメイド」のクランクベイトになります。

インジェクション製品には無い温かみのあるデザインが非常に魅力的です。

極めて丁寧な作りで、個体差が少なく、外れが少ないという事でも有名だそう。

(一個しか持ってないんで比較できませんがw)

オールドのバルサB2がモチーフ

 

モチーフとなっているのは、オールドのバグリー バルサB2。(写真は現行品w)

B2の歴史上、オールドのモノでめっちゃ動きが秀逸な時代があったようで、その辺のB2を模倣しているそうです。

 

すいません…実はバグリーのB2持ってないし、投げたこともないというwましてやオールドなんて見たことすらありません。

なのでB2については何も語れません。

そんな超にわかクランカーの私が、B2をすっとばしてE-2を手に入れてしまったという訳です。

カバークランク

浮力の高いファットボディと、回避性能の高いスクエアリップで、いわゆる「カバークランキング」用のクランクベイトだと思います。

美しすぎるカラーリング

私のE-2のカラーは、’セクシーシャッド’です。皇帝KVD(ケヴィンバンダム)の代名詞的カラーですね(*”ω”*)

そこは名門WEC、単なる’セクシーシャッド’ではなく、ピンクとブルーのラメラメが入っていて厨二心をくすぐります。非常に芸が細かいというか、美しい塗装に仕上がっています。

 

E-2に一目惚れしたときに見たカラーがラメ入りで、非常に魅力的なカラーだったので、E-2買うなら絶対ラメ入りのヤツ!と決めていたんです。

しかし派手になり過ぎず、いい塩梅でバランスが取れた素晴らしいカラーリング。物欲センサーを刺激されまくりであります!

塗膜が厚い!

インプレ的なものはまだ書けないのですが、同型を持っている釣りウマの友人曰く、「塗膜が厚くて耐久性が高く、素晴らしい。」という事でした。

私は塗装について全くの素人ですが、「良い塗装」が施されている感だけはひしひしと伝わってきます。

投げたらいろいろと追記したいと思います。

リップには刻印

 

リップの右側には誇らしげに「E-Ⅱ」の刻印が入っており、そのおおざっぱワイルド感あふれる文体に、ビルダーの息遣いが感じられるようです。

左側はなんて彫ってあるのか読めないっすww

高すぎい

欠点は、やはり価格でしょうか。クランクベイトに3500円~4000円出すなんて、酔狂以外の何者でもありません。

おかっぱりでは決して投げる事は出来ず、ボート専用になる事は避けられません。

こんなセレブなクランクベイト初めて購入しました。

ただ、高いけど見合ったリターンはある製品だとも思います。

 

普段よりも、太糸を使用する事はもちろんのこと、有事の際は回収可能なように、強めなスナップを使うようにしたほうが賢明そうです。

また、おかっぱりではバンタムマクベスなどの同じB2モチーフのインジェクションルアーを投げる、という使い分けになるかと思います。いや、絶対にそうするべきw

売ってない

ほんと店頭販売しているお店が少なくて、量販店では柏のキャスティング(超大型店舗)ぐらいでしか見たことがありません。

まあ、ネット通販なら普通に買えちゃいますが..

けど、そんな流通量の少なさも、ソソるポイントでもあったりします。

まとめ

まだまだハンドメイドクランクベイト道の入り口に立っているだけですが、ずいぶん楽しそうな泥沼を見つけてしまいました。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

スポンサーリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です