津久井湖釣行。 良型を求めて。 津久井バスは天才揃い!?

スポンサードリンク

午前中の立ち回り

津久井湖 下流エリア

津久井湖 下流エリア

 

津久井観光から出船し、下流(本湖エリア)を流していくことに。津久井観光前のシャローフラットから、三井大橋のあたりまで流します。

赤十字前、中村ボート前。

そして中沢ワンドへ。

 
ベイトフィッシュはそこら中に居てなかなか良型のバスとリンクしない…
難しいです..

下流エリアを流し、釣れ渋る時間帯へ突入。
このまま続けていても答えは見つかりそうにないため、バックウォーターへ1時間かけて大移動することにしました。

 
 
 

午後の立ち回り

沼本ワンド前

沼本ワンド前

 

バックウォーターに向かう途中、通称’川’エリアには、台風後の、流木や浮きゴミが大量でエレキで進むのに一苦労。
 
沼本ダム、道志橋を超え、バックウォーター(道志川)に到着。

TALEXレンズでサーチ。俺のイーズグリーン。今日もクリアな視界。

台風通過後の濁りも川底がうっすら見える程度にまで回復しつつあり、回遊しているバスがちらほら。
サイトフィッシングで狙い撃ちしますが簡単には口を使わない。
結局攻略できず。

そうこうしているうちに、タイムアップで納竿となりました。 

 

 

 
 

 

 
 
 
 

 

まとめ

 

前回、上流のみでの釣行となりましたので、下流方面のコンディションを確認。

亀山ダムなどの房総リザーバーと比較すると、目に見えるレイダウンや、流れ込み、竹のカバー、マンメイドストラクチャーが、プアな津久井湖。
魚探掛けして地形変化やベイトフィッシュ、その他魚影を頼りにして’バス生るの木’をサーチしましたが絞りきれず…

まだまだ津久井湖のバスの気持ちは解明できません。

明日も津久井湖アタック。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です